植物

2008年7月20日 (日)

桃ノ木川自然観察会 『アオハダトンボとその行動を観察しよう』

今日は南橘の自然と観察と環境を守る会主催の自然観察会が桃ノ木川上流で開催されました。
この自然観察会には昨年も参加し、それがきっかけで桃ノ木川に興味を持つようになりました。

この時期、桃ノ木川上流の見どころと言えばやはりアオハダトンボバイカモです。
両者とも自然豊かな清流に見られる動植物です。町の中を流れる桃ノ木川で見られるのは面白いですね。

アオハダトンボ ♂
P7203095
P7203137

青藍色にきらめく翅。何度見てもその美しさに感動します。

アオハダトンボ ♀
P7203135
翅にある白い偽縁紋が特徴

今日の観察会のテーマは「アオハダトンボとその行動を観察しよう」ですが、潜水産卵を観察することができました。

ちらほらと花を咲かせ始めたバイカモに産卵。
翅の先だけが水面上に出ています。
P7203110

翅を含めて全身が完全に水中に入っています
P7203106

アオハダトンボはこのように、水中の水草などの茎に卵を産み付けます。ですから、アオハダトンボの繁殖には水草の繁茂した流れが必要。植物のない三面コンクリート水路では水質がいくら良くても繁殖できません。

今日、確認されたアオハダトンボは♂46匹、♀22匹でした。

アオハダトンボによく似たハグロトンボ♂
P7203114
アオハダトンボに比べて体がひとまわり大きいこと、翅の先端部のふくらみがなくスマートであることで見分けます。

ハグロトンボのペア
P7203143
手前がオス、その向こうでメスが産卵しています

ソクズ  別名クサニワトコ
P7203094
スイカズラ科ニワトコ属の多年草
花序の中に見える黄色の盃型のものは蜜がたまっている腺体。
P7203091
小さなアリが集まっていました。

ヘクソカズラ
P7203129
いくら葉や茎が臭いからといっても可哀想な名前です。でも、万葉集にも登場するらしいので、大昔から親しまれていた?植物なんですね。
ヤイトバナやサオトメバナという別名もありますが、ヘクソカズラという名前に取って代わることはないでしょう。変な名前のほうが覚えやすいですから・・・

ガガイモ
P7203131
ガガイモ科の多年生ツル植物
種子はふわふわの綿毛だそうです。でも、その前に刈り取られてしまうことが多く、なかなか見られないそうです。う~ん、見てみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

赤城山 覚満淵と小沼で見かけた花や虫

今日は赤城山の覚満淵と小沼で探鳥会。
でも、この時期って鳥の姿がなかなか見られないんですよねぇ(^^;)
今日の探鳥会で私が目にした鳥は、カワウ、カルガモ、コゲラ、キセキレイ、ヒガラ、ウグイス、ホオジロ、ノスリ、トビでした。
キビタキの姿を見たかったのですが、残念ながら声だけ・・・。

鳥居峠から見下ろした覚満淵
P7132454
赤城大沼のすぐ隣にある小さな湿原。標高1,360m。小尾瀬とも呼ばれています。

小沼
P7132518
約2万7千年前の噴火口に水がたまってできた直径300m程の小さな湖。標高1,460m。

覚満淵と小沼で見かけた花や虫からいくつか紹介します。

カラマツソウ
P7132413
花がカラマツの花に似ているのでこの名があります。涼しげな花です。

コアジサイ
P7132434
P7132435
装飾花はありません。額紫陽花の中心だけって感じです。

ツルアジサイ
P7132483
ツル性のアジサイの仲間。別名ツルデマリ

タツナミソウ
P7132514
立浪草。花がみな同じ方向を向いて波頭が立ち上がったように見えることが名の由来。

クサタチバナ止まるチョウ(種名不明) イカリモンガ
P7132472
P7132477
↑ せきれいさんのご指摘より、翅を立てて止まるチョウそっくりのガ、イカリモンガと判明しました。シジミチョウの仲間だと思ってました。ビックリ
(7/14追記)

種名不明の 2種
キンモンガ
P7132452

ツマトビシロエダシャク
P7132450
鳥居峠で見かけたきれいなガ。蛾のなかにもきれいな種類はたくさんいます。
しかし、「キミはガよりもきれいだ」と言ったらカノジョにフラれること確実ですな。

↑ 上の2種類のガもせきれいさんからキンモンガとツマトビシロエダシャクと教えて頂きました。せきれいさん、ありがとうございました(^^)/
(7/14追記)

キマダラヒカゲクロヒカゲ(一番上)
P7132504
名前が暗~いチョウ2種。食草はササ・タケ類。日陰者あつかいしないでね(^^;)

キマダラセセリ
P7132503
別段珍しいチョウではないようですが、私は初めて見ました。

避暑中のアキアカネがたくさん飛んでいました。
P7132463
P7132534
アキアカネはナツアカネとならび、赤とんぼの代表選手。平地で姿を見るようになるのはもう少し先になります。

これはナツアカネ
P7132526
胸部の模様の真ん中の黒色条が途中で切れているように見えます。

ムシヒキアブの一種
シオヤアブ

P7132541
種名は分かりません・・・。 もう少し詳しい昆虫図鑑欲しい・・・

↑シオヤアブらしいです。(7/14追記)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

アオハダトンボとミクリ

水産試験場の水路で美しい姿を見せてくれるアオハダトンボ。群馬県動物レッドリストで【絶滅危惧Ⅱ類】に指定されている貴重なトンボです。

アオハダトンボ オス
P6240924

メスの翅には特徴的な白い偽縁紋があります。
P7019462

この偽縁紋、翅を閉じていると上になった2枚の翅にだけにあるように見えますが、4枚の翅の全てにあります。
翅を広げて飛んでいる画像ではよく分かります。

P7041582
P7041583
P7041584
P7041585

P7041596
P7041597
P7041598

このアオハダトンボがよく止まっている長い葉の植物も貴重であることがせきれいさんのご指摘で判明しました。

P7019451

この植物はミクリという池沼や川の浅いところに生える抽水性植物。
環境省のレッドデータでは【準絶滅危惧種】に、群馬県レッドリストでは【絶滅危惧Ⅰ類】に指定されています。

ミクリを漢字で書くと「実栗」。果実がクリのいがのように見えることから、この名があります。
P7019463

かつては全国各地に分布していましたが、河川改修等によって生育地の環境が損なわれ、自生地が減少してしまいました。

アオハダトンボもミクリも身近にありすぎて、以前は貴重な動植物だと思っていませんでした。自然豊かなぐんまでは意外と身近なところに貴重な生き物がいるのかも知れませんね(^^)

***************************
おまけ

カノコガ
P7019431
昼間に飛ぶ、可愛い蛾です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

ハルジオンとヒメジョオン

ハルジオン(春紫菀)とヒメジョオン(姫女菀)はどちらも北米原産の帰化植物。身の回りで普通に見かけますが、両者はとてもよく似ています。

ハルジオン
P7019471

ヒメジョオン
P7019413

両者の見分け方として、「ハルジオンのつぼみは下を向いてうなだれている」というのがありますが、これだけでは見分けがつかない場合もあります。(上の写真のヒメジョオンのつぼみはうなだれて見えます)

簡単で確実な見分け方は、茎を折って、断面を見ることです。
ハルジオンの茎は中心部に空洞が見えますが、ヒメジョオンの茎には空洞がありません。

ハルジオンの茎断面
P7019478

ヒメジョオンの茎断面
P7019437

また、葉の付き方も異なります。
ハルジオンは葉の根元が茎を抱いていますが、ヒメジョオンは茎を抱きません。

ハルジオンの葉の根元
P7019474

ヒメジョオンの葉の根元
P7019417

「春(ハルジオン)は寒いから茎が葉を巻いている」←先日の自然観察会で教わった覚え方です。

冒頭で“身の回りで普通に見られる”と書きましたが、私の職場で見るのはハルジオンばかりです。なんでなんだろ? 棲み分けがあるのか知らん? ちょっと調べてみようと思います。
そうそう、ハルジオンって名前も間違えやすいですよね。「ハルジョオン」ではなくて「ハルジオン」ですので、お間違えなく。

********************************
おまけ

♪き・き・きのこ き・き・きのこ
 ノコノコノコノコあるいたりしない♪
P7011496

♪生きてる 生きてる 生きてる 生きてる
 き~のこは生きてる ポンポラポン♪
P6301468

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

橘山自然観察会

今日の前橋は朝から雨。この雨の中、前橋市北部の橘山で開催された自然観察会(前橋市環境課主催)に参加しました。

生憎のお天気で、参加者は私を含めて僅か3名。講師の先生がお二人でしたので、ほぼマンツーマン状態の贅沢な自然観察会でした(^^)

橘山は前橋市田口町と渋川市北橘町にまたがる標高228mの小山。約20万年前、まだ荒ぶる火の山だった赤城山が大噴火を起こし、山頂部が吹き飛んだときに発生した岩屑雪崩が赤城の斜面を利根川まで流れ下り堆積してできた山です。このようにしてできた地形を「流れ山」と呼びますが、この周辺には橘山の他にも十二山など、いくつかの流れ山地形が見られます。

「橘山」という名前は、日本武尊が東征の際にこの山で休息し、海神の怒りを鎮めるため身代わりとなった后の弟橘姫を偲ばれたという伝説に由来します。

橘山の植生の特徴はアラカシ、シラカシ、シロダモなどの照葉樹が多いこと。橘山のアラカシ林はこの地域の原植生群落です。

面白い虫こぶ(虫えい)がありました。
P6299344

エゴノキにできるエゴノネコアシです
P6299330
エゴノネコアシアブラムシの寄生によりできた虫こぶです。エゴノネコアシアブラムシは虫こぶから出た後はイネ科のアシボソに寄生し、それを繰り返します。

遠目にはキイチゴのように見えるこの赤い実はコウゾの実です。
P6299337
コウゾは和紙の原料としてよく知られた落葉低木。その実はねっとりとして甘く、トロピカルフルーツのような味わいでした(^^)

橘山にはエドヒガンやカズミザクラがたくさんあると教えていただいたので、来年の桜シーズンには是非訪れてみようと思います(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

ネジバナ

ほぼ全国の日当たりの良い野原で目にするネジバナは、ラン科ネジバナ属の多年草。
名前のとおり、花は花茎の周りに螺旋状に並んで咲きます。
今、職場の敷地内やその周りの草地や芝生でたくさん咲いています。

P6259153

小さくても確かに蘭の花に似ています。
P6259147

アサガオの釣りはツルは左まきと決まっていますが、ネジバナの花の捩れの向きは決まっていません。左向きも右向きもあります。
P6259142

花の向きはどうやって決まるのでしょう? 遺伝的? 環境要因? それとも偶然?
P6269239

****************************
おまけ

アジアイトトンボ
水田や池、湿地などで見られる小型のイトトンボです。そよ風でも流されてしまうような弱々しい飛び方なので、餌が捕まえられるのだろうかと心配してしまいます(^^;)

オス
P6269305

メス
P6269278

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

新坂平・白樺牧場のレンゲツツジ (赤城山)

赤城山の新坂平・白樺牧場では群馬県の花、レンゲツツジが見頃を迎えています。

P6150729

P6150723

新坂平・白樺牧場周辺に自生するレンゲツツジは約10万株。

P6150732

P6150710

緑とオレンジのコントラストが美しい(^^)

P6150726

牧場なので牛もいます。
P6150716
高原の草原で多く見られるレンゲツツジですが、その群落形成と放牧とは切っても切れない縁があります。

レンゲツツジには毒があり牛が食べないのでレンゲツツジは残り、レンゲツツジの競争相手となる他の樹種は牛に食べられて生長することができません。結果として牧草地にはレンゲツツジの群落が形成されていきます。牛はレンゲツツジ群落の管理人なんですね。
放牧をやめると、木が茂るようになり、レンゲツツジは衰退してしまいます。

P6150737 

県内には赤城山の他にも国の天然記念物に指定されている湯の丸高原(嬬恋村)をはじめとして武尊牧場(片品村)、野反湖(六合村)などにレンゲツツジの群落地があり、これから見頃を迎えます。

ツツジ開花情報 群馬県観光国際協会

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

初夏の風景

昨日は早朝からカワウの調査。
渡良瀬川の上流みどり市花輪地区から烏川の上流高崎市倉渕町そして烏川下流の高崎市下佐野町まで駆け回ってきました。

P5166544

カワウが河原の石の上などで羽を広げている姿はお馴染みですね。

P5166641

カモなどの羽は脂で水を弾き濡れにくく浮力があるのですが、カワウは水に潜りやすいように脂分が少なく浮力のあまりない羽を持っています。
このため、潜水した後のカワウの体はびしょ濡れになります。体が濡れていると体温を奪われてしまうので、水に入った後は翼を広げて羽を乾かす必要があります。
カワウを観察していると、水に入ってる時間よりも岸や石の上にいる時間の方が長いように見えます。

アシ原ではオオヨシキリが盛んにさえずっています。

P5166555

空を見上げればトビ
口に何かをくわえているようでした。

P5166593

ぐんまの初夏といえば麦畑

P5166576

本州一の麦の産地、群馬県らしい風景です。

足元にはユウゲショウ

P5166605

夕化粧という艶っぽい名前ですが、実はアメリカ大陸原産の帰化植物。
植物には外来のものが多いことに改めて驚かされます。明治期以前の野原の風景は今とは全く違っていたんでしょうねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

今年の初トンボ(前橋・嶺公園)

今日も午後から嶺公園へ。
今日の前橋の最高気温は26.7℃と7月上旬並みの“暑さ”でした。
しかし、赤城南麓にある嶺公園は市街地よりも標高が少し高いので、日差しは強かったものの、風は爽やかでした。

P5045859

嶺公園へは家族で出かけたのですが、遊具がある広場に子供と奥さんを残し、私はしばし単独行動(^^;) いつもの鳥見コースを廻りました。
と言っても、林の中は葉が茂って鳥は見づらいので、今回のターゲットは虫です。(一応は双眼鏡も持ってましたが)

いきなり聞こえてきたのは特定外来生物のカオジロガビチョウの声。赤城山周辺に多く生息し、嶺公園でもよく見られる鳥です。
5月1日には、高崎市倉渕町の烏川でも姿を見ました。

菖蒲園で出会ったニホンカワトンボ

P5045842

今年の初トンボです(^^)
昨年、日本蜻蛉学会がカワトンボ属の分類を整理し、新しい標準和名を付けたそうです。
新しい和名
 ニホンカワトンボ ← オオカワトンボ(従来のヒガシカワトンボとオオカワトンボ)
 アサヒナカワトンボ ← カワトンボ(従来のニシカワトンボ)

ニホンカワトンボを見つけた近くでは、シオカラトンボのペアもいました。
メス(むぎわらとんぼ)が水面で卵を産み、その上をオスがホバリングして警戒していました。

タンポポにいた小さなクモ

P5045888

名前は分かりません。ハナグモかアズチグモの仲間でしょうか?

長~い触角のこの虫は、何でしょう?

P5045878

触角が重いのか、よたよたしながら飛んでいました。

(5月5日追記)
触角が長いこの虫の名前が判明しました。
クロハネシロヒゲナガガ
直球ど真ん中な名前ですね。
私が生き物系の師と仰いでいるせきれいさんのブログで紹介されていました。

  クロハネシロヒゲナガガ
 クロハネシロヒゲナガガ(2)

キンラン

P5045875

P5045869

キンランは山や丘陵の林の中に生える地上性のラン。菌根への依存性が高いため人工栽培はきわめて難しいとされています。

林の中で見慣れない植物を見つけました。(決して「珍しい」という意味ではありません。私が見たことがないというだけ)。
ホウチャクソウ(宝鐸草)らしい。

P5045881

宝鐸とは寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた飾りです。

ところで、今日は「みどりの日」でしたね。
新里のサクラソウ自生地、嶺公園とみどりの日らしい一日を過ごせたような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新里のサクラソウ(桐生市)

江戸時代から盛んに品種改良の行われてきたサクラソウには多くの園芸品種がありますが、野生のサクラソウは明るく湿った草地を好み、低地の河川敷や山麓の疎林下など、人里に近いところに多く自生します。このような場所は、開発の影響を受けやすく、また盗掘などで自生地は次々に姿を消していきました。

桐生市新里町には今では貴重になったサクラソウの自生地があります。

国道353号線沿い、市の天然記念物に指定されている板橋地区の自生地

P5045773

小さな自生地ですが、草に混じってサクラソウが可憐な花を咲かせていました。

P5045774

ここにはサクラソウを誰でも間近で見られるようにバリアフリーの「サクラソウふれあい公園」が整備されています。

P5045765

P5045783 

自生地内は立ち入り禁止ですのでサクラソウの美しいお顔のアップはこちらの公園で

P5045761

P5045779

サクラソウふれあい公園から向かった先は、同じく新里町の赤城山舟原地区にある「新里のサクラソウ群落」
この自生地は群馬県の天然記念物に指定されています。

駐車場に車を停めて雑木林を歩いていくと、サクラソウの自生地が現れます。

P5045831

P5045791

P5045785

野原一面を覆い尽くすサクラソウの大群落を期待して行くと、少々ガッカリするかも知れません。
でも、ここは公園のチューリップ花壇ではなく、野生のサクラソウの自生地。周囲の環境やそれを保護している地元の方々のご苦労なども考えながら観賞したいです。

P5045812

自生地内は当然の如く【立ち入り禁止】ですので、アップで撮るには望遠のカメラが必要です。

P5045800

P5045813

もし仮に、県天然記念物として保護されているこのサクラソウ群落が以前よりも衰退しているのだとしたら、自生地を守ることは、それほど難しいことだということを表しているのではないでしょうか。
身近な自然環境は大切にしたいですね。

P5045817

P5045802

自生地内に咲いていたニリンソウ

P5045796

雑木林で見つけたジュウニヒトエ

P5045805

“十二単”とは優雅な名前でございますねぇ

新里のサクラソウ自生地(桐生市)

サクラソウ(環境省“インターネット自然研究所”)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧