旅行・地域

2006年2月27日 (月)

シンプル鍋焼きうどん(神流町浦沢屋)

今日は仕事で神流町の神流川へ行った。まだ、渓流釣りが解禁になっていないので(解禁は3月1日)、川に人の姿は見えない。川の岸よりの水たまりみたいになった流れのほとんどないところに、カエルの卵があった。Photo_30 この辺りにはカジカガエルが多くいて、アユ釣りのときなど、いい声で鳴いて、獲物の少ない私の心を慰めてくれる(私はプロフィールでも書いていますが、カエルは苦手です。実は恐いのです。しかし、カジカガエルは鳴き声が美しいので姿が見えないことという前提付きで好きです)

この卵もカジカガエルのものかと思ったのですが、カジカの産卵期はもっと後ですよね。ひょっとしてナガレタゴガエルではないかと思い、調べたところ、神流川上流域にはナガレタゴガエルが生息していることが分かりました。しかし、この卵がナガレタゴガエルかどうかは、私には分かりません。どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。

Photo_31 昼食は、万場の『浦沢屋』で「鍋焼きうどん」。浦沢屋は昭和6年創業の老舗。ここの鍋焼きうどんは万場の隠れた名物料理です。なんて書いている私、実はここのお店、初めてなんです。神流町へは夏場に来ることが多かったので、鍋焼きうどんを食べる機会がありませんでした。「上原食堂」や「まるいそば」へは、何度か入っているのですが。

この『浦沢屋』は、「ぐんぐんぐんま」のフーテンの中さんも知らないだろうと思いつつ、念のためバックナンバーをチェックしたら、ありました。さすがです。と言うか、なんでこんな所まで知ってるんでしょうか?

店内は、食堂というより、ちょっと知り合いの家に寄ってみましたという感じ。5つあるテーブルは、「こたつ」です。決して小綺麗な店とは言えないのですが、何だか落ち着きます。看板メニューの「鍋焼きうどん」(550円)と、隣のこたつの人が食べていたのがおいしいそうに見えたので「おにぎり」(150円)を注文。

Photo_32 普通、鍋焼きうどんというとシイタケやかまぼこ、ネギ、卵、エビ天なんかが乗っかっているのですが、この鍋焼きは、見える具は、卵のみです。卵をかき混ぜつつ探したら、お肉2片とネギが出てきました。何というシンプルさでしょう。潔いという感じさえいたします。味ですが、おいしいですね~。麺はいかにも手打ち!って感じで太くてコシがあります。また、具のお肉(豚バラ肉)は、よく味がしみこんでいておいしい。この肉で、ご飯が食べたいな~って思いました。

後から隣のこたつに座った地元のご婦人2人は鍋焼きうどんを注文せずに、「オムライス」を注文していました。オムライスもおいしいのでしょうか?今度食べてみよう。

(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

(追記) 3月3日、コンサルタント会社の生物の専門家(S藤氏)から、私が神流川で見たカエルの卵は「ナガレタゴガエル」ではなくて「ヤマアカガエル」だろうという意見を頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

上野村 神流川&上野ダム

群馬県南西部の山里、上野村。昭和60年8月12日に起こった史上最悪の航空機事故の墜落現場「御巣鷹の尾根」はこの村にある。

上野村は世帯数669、総人口1,496人の小さな村。面積は182k㎡で、90%以上が森林。そして清流「神流川」の源流。村内の神流川の漁場を管理しているのが「上野村漁業協同組合(松本組合長)」。上野村漁協は平成13年から全国で初めて渓流魚のキャッチ&リリース(C&R)を「遊漁規則」に明記し、正式な制度として取り入れた漁協だ。全国の釣り場でC&R区間というのは多いが、そのほとんどは漁協や地元団体からの「お願い」。低俗な釣り師がその区間で魚籠に魚を収めてもどうすることもできなかった。しかし、遊漁規則に定めることにより。C&R区間でヤマメを魚籠に収めれば、「犯罪行為」として漁協はその極悪釣り師を告訴できるようになった。上野村漁協のC&R遊漁規則化は日本の内水面漁場管理の歴史に残る大きな出来事であったと言ってよい。

Img_1316 で、先日、上野村に行ってきました。神流川は水がきれいでイワナやヤマメなどの渓流魚やアユの釣り場として有名です。特にアユの味は私が釣った川の中では岐阜県の馬瀬川のアユと甲乙付けがたく、全国的にもトップクラスの味だろうと思っています。昨年の漁期終了間際には尺クラスのアユが獲れたと組合長から聞いています。

Img_1322 神流川の最上流部には世界最大規模の揚水発電施設が作られています。長野県の南相木ダム(上ダム)と上野村の「上野ダム」(下ダム)をつないで、揚水発電を行います。上野ダムは平成7年に着工し、平成17年に完成しました。堤高120m、堤長350m。揚水発電を行っているので、1日の水位変動が30mくらいあり、釣り場としての利用は残念ながらできません。Img_1339

Img_1333_1 (ダム湖)

Img_1337 (ダムから望む上野村の山々)

上野村漁協では、これまでダム工事のために入漁禁止としていたダム直下流の1.5㎞区間を今年からC&Rとは違った新しい釣り場としてオープンさせる予定です。その区間には、品質の良い大型ヤマメを放流し、魚の持ち帰りは25センチオーバーを5尾まで。釣法は毛針、フライのみということです。入漁料金は1日3,000円。漁協の新たな取り組みに注目です。Img_1321

Img_1328 (新釣り場区間の様子)

SST'Sフィールドスケッチはこちら

(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

上野村 ふれあい館&焼き肉センター

Img_1302 Img_1299 上野村楢原にある「上野村ふれあい館」。この施設は、村が観光案内、情報発信、文化の紹介、物産の販売等を通して、都市と山村の住民が「憩う空間」として建設した。運営管理は上野村漁協が村から委託されている。だから、釣り情報や遊漁券もここで入手できる。また、上野村の特産品、「十石みそ」、「いのぶた」の肉や加工品、「木工品」などが販売されている、上野村の観光拠点。Img_1297 Img_1307

Img_1296

店内には上野村の特産品。

Img_1306

可愛い木工品もある。

Img_1301 ふれあい館に併設される「こかげ」はクラフトマンショップ。上野村木工家協会所属の工房の作品が展示即売されている。

Img_1345 Img_1344 ふれあい館よりも少し神流町よりの乙父(おっち)にあるJA上野村の焼き肉センター。いのぶたの焼き肉やいのぶたカレーが楽しめる。                     

Img_1343 この日は、いのぶたの焼き肉を食べた。肉は軟らかくておいしい。特に脂身が旨い。上野村観光の際にはランチは焼き肉がお勧め。

上野村の伝統行事として有名な乙父の「おひながゆ」は4月3日。

上野村に関する情報はこちら

(写真をクリックすると別ウイドウで大きく表示されます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

東吾妻町箱島

吾妻郡東吾妻町(ひがしあがつままち)は、今年の3月27日に、「吾妻町」と隣の「東村」が合併して誕生した新しい町。人口は約1万7千人です。私は4月1日に転勤になり、前橋から東吾妻町箱島(旧東村箱島)の職場に移りました。これからは、この地域の話題を紹介することが多くなると思います。今回は私の職場の周辺の様子をお伝えします。Img_1746 Img_1745

前橋では先日、桜が満開となり、今日の強風で少し散っていたようですが、箱島では現在、梅の花が満開です。

         東京電力Img_1779箱島発電所の導水管路の両側に桜が植えられ、旧東村の桜の名所となっています。開花までは、まだ少し時間がかかりそうです。                      Img_1777 

                                   

                                   

Img_1773 職場のすぐそばを流れている川です。6月中旬頃にはゲンジボタルの乱舞が見られます。時期になったらその様子も紹介したいと思います。

(写真をクリックすると大きく表示されます)

東吾妻町のHPはこちら

職場のそばにある「あづま養魚場」のHPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

カジカの卵

Img_1808 Img_1810 今日は、東吾妻町の川へカジカの卵を探しに行きました。カジカは渓流にすむ淡水魚。川底を泳ぎ、石に隠れていることが多いので、あまり人目にはつきません。釣りの対象ともなっておらず、体も大きくないので(10~15センチくらい)、同じ渓流にすむ魚のヤマメやイワナに比べて地味な存在です。群馬県動物レッドデータリストでは「準絶滅危惧」に指定されています。

Img_1816 カジカの産卵期は2~3月頃です。もう時期が遅いかなと思いながら川底の石をひっくり返して卵を探しました。(カジカは浮石の下側に卵を産み付け、雄が保護する)。なかなか見つけることができなかったのですが、ヤマメ釣りをしていた地元の人が2~3日前に見つけたという場所に移動したところ、何個かの卵塊を見つけることができました。その地元の釣り人も言っていましたが、今年はカジカの産卵がやや遅れ気味のようです。

Img_1819 よく見ると卵の中に黒い2つの目玉が見えます。「発眼卵」の状態です。ふ化間近です。

カジカは昔、川の上・中流のどこにでもいた魚。川を取り巻く環境が回復して、再び身近な魚になると良いですね。

(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

箱島さくら情報

11 前橋に遅れること約10日、吾妻郡東吾妻町箱島のソメイヨシノが満開となりました。Img_1858 Img_1876

Img_1860 桜の名所、箱島発電所の桜はみごとです。昼休みにこの写真を撮りに行ったら高そうな一眼レフを持ったカメラマンが何人か来ていました。

あづま養魚場」のジャンボマス釣り堀脇のしだれ桜は3分咲きです。Img_1868

Img_1867_2 あづま養魚場は、やまめ・いわな・虹鱒の養殖をしていて、釣り堀で釣りや水揚げしたばかりの新鮮な魚料理を楽しむことができます。

Img_1871_2 いわなの選別の様子。魚の大きさをそろえて出荷します。

掲載した写真は全て4月14日 12時30分~45分頃に撮影したものです。クリックすると別ウインドウで大きく表示されます。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

嬬恋村

2_1 Img_2220 嬬恋村に行ってきました。嬬恋村は浅間山、四阿山、白根山の名山に囲まれた高原。キャベツの生産で有名です。人口は約1,900人。

Img_2183 JR万座鹿沢口駅付近のソメイヨシノは咲き始めたところです。

Img_2211 Img_2235 鹿沢ハイランドスキー場の近くでは、午前中の一時、雪が舞いました。でも昼頃には回復し、きれいな青空になりました。

昼食は鹿沢の「やまめ亭」で炉端焼きです。ヤマメ、イワナ、鶏、馬鈴薯、椎茸など川の幸、山の幸を頂きました。ギンヒカリのお造りも食べました。何回食べても美味しいですね、ギンヒカリは。ギンヒカリの身のきめ細かく上品な味わいは、どんな高級魚にも勝るとも劣らないものですね。Img_2237 Img_2223 Img_2229

Img_2226

1_5 Img_2247 Img_2253 田代ではザゼンソウとミズバショウを見ることができました。

Img_2259 ヤマザクラはまだこんな感じです。

嬬恋村役場HPはこちら

(写真をクリックすると大きく表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

はちみつ 花みつばち館

P5130010 「花みつばち館」は沼田市久屋原町の国道120号線沿いにある小野養蜂場直営のはちみつ専門店。店内には色々な種類のはちみつやプロポリス、ローヤルゼリー、はちみつ加工品などが並んでいる。

P5130009 各種のはちみつは試食ができる。試食で比べてみると蜜源の花の種類によって色や味はかなり違う。アカシヤ、レンゲ、トチ、りんごは食べやすくて美味しい。そばは色が黒っぽくて味もちょっとクセがある。純粋はちみつ以外にもゆず、ザクロ、ブルーベリーなどの果汁を加えた加工はちみつも美味しい。プレーンヨーグルトのトッピングに合いそう。種類が多くてどれを買おうか悩んでしまう。

P5130018 結局、りんごはちみつとブルーベリー果汁入りはちみつを購入。

この他にも試食して美味しかったのは、はちみつバター、はちみつマーガリン、黒ゴマハニーなど。はちみつ漬け梅の実も子供に好評だった。

花みつばち館の地図 沼田ICから日光方面に向かうと道路右側

花みつばち館(沼田商工会議所HP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

とんかつトミタ & いちごジャムづくり

【とんかつ】

国道120号線沿いにはとんかつ屋が多い。子供が「この辺は豚がたくさんいるのではないか?」と言っていた。確かに群馬県は養豚が盛んだが(全国4位)、主な生産地は赤城南~西麓なので、この辺に特に豚が多いわけではない。どの店に入ろうかと迷ったが、名前を知っていた「とんかつトミタ」に入った。

P5130014 ぶたの置物が出迎えてくれた。

P5130013 私はとんかつはロースである、と思っているので迷わずロースカツ定食を注文。(メニューや店のリーフレットを見ると店のおすすめはヒレカツ定食みたいだが)。大きさ、味とも普通。

                                                 

                                                

【いちごジャム】

渋川市赤城町樽(旧赤城村樽)には、4つの観光イチゴ園が集まっていてイチゴ団地になっている。そのなかの「須田いちご園」で、ジャム用の小粒のイチゴ(品種不明 1パック150円)を1ケース(4パック)購入した。

P5130002 砂糖とレモンの絞り汁を加えて煮込む。砂糖の量はイチゴの1/2~1/3くらい。

P5130005 P5130015 できあがったら、清潔なビンに詰め、冷蔵庫で保存。

今回はいちご狩りはしなかったが、樽地区のいちご狩りは6月はじめまで。料金は時期によって異なり、今の時期は大人600円(30分食べ放題)。

須田いちご園

☆このブログには私とは無関係なスポンサーサイトの広告が入ります☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

猪ぶうカレー JA上野村焼き肉センター

数日前、神流町と上野村に出張した。この季節の奥多野は新緑が美しい(あっ、別に新緑を見に行った訳ではありません)。途中で上野村漁協に立ち寄り、事務局の人に今シーズンの状況を聞いた。渓流釣りは好調のようで、お客さんもたくさん来ているという。良い釣り場づくりに努力している漁協の川へお客さんが集まるのは当然のことだ。

Img_2647 昼食は猪豚の焼き肉が美味しいJA上野村焼き肉センター。今回は猪豚のカレーを食べた。メニューには「猪ぶうカレー」と書いてある。何故、「猪豚カレー」ではなく「猪ぶうカレー」なのか?店の人に訊かなかったので不明。

Img_2655 カレーの上に揚げたポテトやカボチャ、きのこなどが乗っている。辛さは中辛程度。あまり辛くないので子供でも食べられると思う。猪豚肉がそれほどたくさん入っているわけではないけど、美味しかった。値段もお手頃600円。上野村への出張や出釣(しゅっちょう)のお手軽ランチにおすすめ。

Img_2649 ビビンバの説明に「中華風五目飯」と書いてある。どんなビビンバなのか気になる。

JA上野村焼き肉センターは上野村乙父981。営業時間は11:00~15:00で、火曜定休。

Dscn0132_1 上野村から前橋に帰る途中、上信越自動車道(上り線)の甘楽パーキングエリアに寄った。ショッピングコーナーとトイレの間の柱に化石が入った石がはめ込まれているのに初めて気づいた。アンモナイトのような化石がたくさん見える。特に説明書きのようなものは無かった(気づかなかっただけか?)

上野村漁協HP (出釣前には要チェック)

JA上野村HP (通販のページもある)

(写真をクリックすると大きく表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧