旅行・地域

2008年7月25日 (金)

今年も ヒュッテ フライングスプーン (山梨県長坂町)

家族旅行の話の続きです。
毎年、夏休みの旅行の宿は北杜市長坂町のヒュッテ フライングスプーンです。
P7223390

ここを訪れるのは今回で6度目。

P7223378 

暖かい雰囲気と美味しい家庭的な料理が魅力の宿です。
P7213270
夏休みに家族で叔父さんの家に泊まりに来たような感じがします。

P7213284

朝は朝食の前にちょっと散歩。

P7223295

P7223389

散歩のあとの朝ご飯は、とっても美味しい(^^)
P7223352
P7223354

ヒュッテ フライングスプーン

フライングスプーンの周りで見かけた虫たち
アシグロツユムシの幼虫
P7213260

オジロアシナガゾウムシ
P7223305
白と黒のパンダカラーと言えば聞こえはよいですが、アゲハの若齢幼虫と同じで鳥の糞に擬態しているんですね(^^;)

見慣れたニホンカワトンボより少々小振りな感じがしますが、アサヒナカワトンボでしょうか?
P7213269
P7223299

翅が水平に開いていませんが、ダイミョウセセリだと思います
P7223323

顔が可愛いマユタテアカネ
P7223335
P7223327

コノシメトンボ
P7223369

ゴマダラカミキリのペア
P7223373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

旧中込学校 & 野辺山宇宙電波観測所

グッドぐんま番外編
家族旅行でふらっと立ち寄った場所から・・・

旧中込学校

P7213198

長野県佐久市にある旧中込学校(国指定重文・史跡)は明治8年(1875年)に建てられた日本最古の洋風学校。
その建築費は下中込村の村人と村内の篤志者による寄付によりまかなわれたそうです。

P7213166

P7213191

当時はまだ珍しかったガラスがすべての窓に使われていたことからギヤマン学校と呼ばれました。

P7213177

国重要文化財・国史跡 旧中込学校 佐久市

野辺山宇宙電波観測所

P7213223

長野県南牧村野辺山にある国立天文台野辺山宇宙電波観測所は世界的な電波天文台。
高原に出現する巨大パラボラアンテナ群はシュールな感じがします。

宇宙電波の観測と聞き、宇宙人と交信している?と思ったのですが、ここではそのような研究は行っていません。(ちょっと残念)
銀河系や他の銀河にあるガズやちりが出す電波を観測して、銀河や星の誕生の謎について研究しているのだそうです。

直径45mの巨大パラボラ
P7213229
波長1㎜から10㎜のミリ波と呼ばれる電波を観測する世界最大の電波望遠鏡です。
P7213230

やっぱりE.T.と交信しているに違いない・・・

国立天文台 野辺山宇宙電波観測所

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

ソフトクリームな旅

我が家の夏の恒例行事、山梨県北杜市方面への一泊二日のささやかな家族旅行に今年も行ってきました。北杜市方面への家族旅行は今回で6回目。決まっているのは宿泊場所だけ、あとは適当に走りながらその時の気分で寄り道の気軽なドライブです。

夏の高原ドライブのお楽しみは何と言ってもソフトクリームですよね!?

まずは下仁田町の国道254線沿いにある道の駅しもにた神津牧場ミルクバーで販売されているジャージー牛乳のミルクソフト
P7213147
神津牧場は明治20年に開かれた日本初の洋式牧場。
このソフトクリームはぐんまで一番有名なオリジナルソフトです。コクがあるのに後味さっぱりで美味しい

昨年も食べた(毎年食べてる)ポッポ牛乳のソフトクリーム
P7213243
JR最高地点の野辺山駅そばにあるヤツレンの直売所にて。
高原の涼しい風の中で食べるソフトは美味いです(^^)

清里といえば清泉寮
清泉寮と言えばソフトクリーム
P7223451
ショップの外に続く長蛇の列ができることもある人気のソフトクリーム。清里に来たら外せませんねぇ
そうそう、清泉寮キープ農場のジャージー牛の原乳は群馬県前橋市のタカハシ乳業で加工されているんです。

今回の旅で食べた3種類のソフトクリームはいずれも濃厚な乳質のジャージー牛乳使用。
どれも美味しかったですが、あえて順番を付けるとすれば、一番は神津牧場ソフトでしょうか。
今度は直売所ではなく神津牧場に行って食べてみたい(^^)

***************************

今年も初日の10時のおやつは佐久市野沢商店街にある「新海」の鯛焼き
P7213152
P7213154
豪快にはみ出した生地と美味しいあんこがたまりません

10時のおやつに大きな鯛焼きを2枚食べちゃったので、昼食は軽くパンでも・・・と、小海町の「高原のパン屋さん」に寄りました。
P7213212

軽く・・・ と思っていたのですが・・・・(^^;)
P7213210

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

いせさき七夕まつり 2008

全ての地域で梅雨が明け、夏本番となった日本列島。
今日は今年の最高気温となった地点も多かったようです。
ぐんまも例外ではなく、前橋で35.8℃、館林で36.0℃、そして七夕まつりが開幕した伊勢崎でも35.5℃と、何れも今年の最高気温を記録しました。

伊勢崎市は古くから養蚕と織物で栄えた街で、「伊勢崎銘仙」の産地として知られています。

中心市街地で開催されてるいせさき七夕まつりは昭和28年から行われ、今年で54回目を迎える伊勢崎の夏の風物詩です。

P7193063

本町通りは色とりどりの七夕飾りで彩られています。

P7193089

真剣な表情で七夕飾りを審査中のミスひまわり
P7193078

P7193075

いせさき七夕まつり 伊勢崎市観光協会

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

前橋七夕まつり

前橋三大祭りの一つ、前橋七夕まつりが中心市街地で7月13日(日)まで開催中。
昭和26年から開催され、今回で58回を迎える前橋七夕まつりは北関東最大級。毎年、県内外から訪れるたくさんの人で賑わいます。

Tanabata

P7112267

中央通り、弁天通りなどのアーケード街を中心に約1,200本の七夕飾りがまちを彩っています。

P7112278

P7112273

今年の祭りは『ゆかた』がキーワード。
浴衣の着付け、「ゆかたで竹飾りの見学ツアー」などのイベントが予定されています。さらにゆかたで七夕まつりに行くとちょっとお得なサービスが受けられるそうです。

  前橋七夕まつりについて詳しくは
                  ↓

         ・前橋市HP
    ・前橋まるごとガイド

弁天通り商店街といえば・・・・
お茶の大七の抹茶ソフト
P7112285
お祭りなど人出の多いときだけの限定。蒸し暑いこの時期は、さっぱりとした抹茶のソフトクリームに限ります(^^)

お茶の大七の抹茶ソフトクリーム(グッドぐんま2007.10.14)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

川場村へ

先日の日曜日、家族で川場村に出かけました。
群馬県北部の利根沼田地域は県下有数のりんごの産地。
沼田インター近くのりんご園では、可愛いりんごの花が咲いていました。

P4275204

川場村と言えば「田園プラザ川場」。略して“田(でん)プラ”。
「関東好きな道の駅」に3年連続で第1位に選ばれた関東地方で一番人気のある道の駅です。
満開の枝垂れ桜が出迎えてくれました。

P4275206

P4275208

田園プラザ内にはお蕎麦屋さん、レストラン、ベーカリー、ハム・ソーセージのお店など、地元食材を使った美味しいものが食べられるお店があります。

今回はベーカリーのパンと、ミート工房の「山賊焼き」を買って、外のテーブルで食べました。

P4275210 P4275212

P4275215

地ビールも美味しいのですが、今回は運転手役なのでパス。

田園プラザ川場

良質な湧水の豊富な川場村には、2軒の酒蔵があります。
次の目的地は、そのうちの一軒、「誉国光」の土田本店。

この日は酒蔵の桜まつり。

P4275226

残念ながらソメイヨシノは、ほとんど散ってしまった後でしたが、大勢の家族連れなどで賑わっていました。

名物の大吟醸ソフトクリーム

P4275232

ほんのり日本酒の香りが漂う大人のソフトクリーム(^^)

日本酒には美容効果もあると言われていますが、誉国光の人気商品の一つに日本酒の化粧水「素肌美人」があります。

P5015676

奥さんの愛用品です。効果の程は・・・ 秘密です。

誉国光HP

グッドぐんま関連記事:誉国光の「素肌美人」

川場村からは「利根沼田望郷ライン」で、みなかみ町月夜野地区へ向かいました。
その途中で見かけた満開のソメイヨシノ

P4275237

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

静岡市へ

静岡市清水区の東海大学海洋学部で開催中の日本水産学会春季大会に行ってきました。

P3272208

口頭発表に先立って行われたミニシンポジウム『次世代型魚類養殖給餌システム開発の現状と展望』で、群馬県水産試験場で行ってきた「自発摂餌システム」の実用化研究について講演しました。
学会のミニシンポで講演するなんて初体験でしたので、緊張しました(^^;)
私の話が聴衆の方々に有益だったかどうかは分かりませんが、私にとっては自発摂餌研究について今後の方向性のヒントが得られ、有意義なものでした。

P3262199

海のない群馬に住んでいますと、海の景色や潮の香りを嗅ぐだけで気分が高揚してしまうのであります。

P3262191

P3262186

P3262179

出張先でもつい桜の様子が気になってしまいます・・・
清水駅の近くで見つけたソメイヨシノ エドヒガンは満開でした。

P3262202

前橋では私が留守の間に開花宣言がありました。31日か4月1日には満開になるでしょう。

さくら開花のお知らせ (前橋地方気象台)

(3月28日追記) 清水駅の近くで見つけた桜は、最初ソメイヨシノと思っておりましたが、写真をよく見直したらエドヒガンのようです。訂正します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

元祖! 勝月堂の『湯の花まんじゅう』(伊香保温泉)

伊香保温泉は上毛かるたに「伊香保温泉日本の名湯」と謳われ、草津とともに群馬を代表する温泉地となっています。
伊香保温泉のシンボル、情緒あふれる石段街。

P3060543

P3060548

湯元には飲泉所もあります。錆びた釘のような味?で、はっきり言ってマズイです(^^;)。でも鉄分補給にはイイかも?

P3060562

温泉みやげといえば茶色で小振りの温泉まんじゅうですが、全国の温泉地で売られている温泉まんじゅうの発祥の地は伊香保温泉だということをご存じでしょうか?

温泉まんじゅう発祥の地である伊香保温泉では温泉まんじゅうのことを「湯の花まんじゅう」と呼んでいますが、湯の花まんじゅうの元祖中の元祖というお店が石段街を上っていき、伊香保神社の下にあります。

湯の花まんじゅう考案店『勝月堂』

P3060571

温泉まんじゅう(湯の花まんじゅう)の誕生については昭和45年に当時の伊香保町役場が発刊した『伊香保誌』の1041ページに次のように記されています。↓

『勝月堂の先代半田勝三は若くして、東京都に風月堂で菓子製造の見習いを終り、伊香保に帰って、伊香保温泉の湯花の色に似ている「湯の花まんじゅう」を創案販売を始めた。実に明治四十三年湯元通り明神坂下の小さな工場であった。最初は湯元より湯を汲んで来てある程度の色を出したが、製造が間にあわず、現在の如く、砂糖を使用するようになったのである。同年、皇太子孫裕仁親王(今上天皇)避暑還啓の折り、今上天皇(明治天皇)。皇太子(大正天皇)が土産としてお買い上げになった。昭和九年、群馬県を中心とした陸軍特別大演習の際、群馬県の銘菓として献上したため、その真価が全国に知れわたり、模倣する者が続出して国内に「湯の花まんじゅう」として広く製造されるようになったのである。』

P3060623

伊香保温泉の“黄金の湯”の色を模した茶色いまんじゅう

P3060636

保存料は使わず、個包装もされていませんので、賞味期限が短い。見た目も素朴な感じがします。

P3060660

温泉まんじゅうとしてはやや厚めのモチモチっとした皮の中には上品な甘さのこし餡。
う~ん、美味しいです(^^)

伊香保に行ったときには是非立ち寄りたいお店です。

伊香保の観光情報(渋川市) 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

弁天ワッセ (前橋弁天通り商店街)

今日は家族で前橋市の中心市街地へ行ってきました。
全国どこの地方都市でも見られるように、前橋の中心商店街も人通りが激減し、昔のような賑やかさはありません。
でも、市街地の商店街には老舗が多く、郊外の大型ショッピングモールにはない面白さがあります。昭和の匂いが漂う商店街はぶらぶらと歩いているだけでも楽しい。

まずは、今年初めての「弁天ワッセ」が開催されている「弁天通り商店街」へ。
「弁天ワッセ」は平成16年9月から毎月3日に開催されている商店街の縁日的イベントです。

P1035250

『弁天通り』の名前の由来となっている「大蓮寺」

P1035264

P1035268

大蓮寺は永正2年(1505年)に創建された浄土宗の寺院。天和2年(1616年)、前橋藩主酒井重忠が城下の繁栄と領民の福徳平穏、利根川の氾濫防災を祈願し弁財天を祀り、慶安3年(1650年)に現在の場所に移りました。

P1035265

P1035259

弁天ワッセでは、ケーキやおやき、ヤーコンの漬け物などを購入。

P1035274

ワッセに出店していた天川原町の雑貨やケーキのオープンハウス「あわてんぼうさぎ」のシフォンケーキとガトーショコラ

P1035312

P1035319

一切れ100円~120円。安っ。でも味はなかなか(^^)

弁天マルシェ(弁天通り商店街)

弁天通りから中央通り

良質な玩具を売っていることで有名な「黒田人形店」では、正月なので独楽を買いました。
小学生の時以来、久しぶりの独楽まわし・・・
上手く出来るかちょっぴり不安でしたが、そこは昔取った杵柄、案外上手にできました。

P1035334

次女からは「お父さん、すご~い!」と拍手をもらいました(^_^)v

ぐんまの名物商人(黒田人形店)

************************

明日は平成20年仕事始め。
年末年始の5連休(通常は6連休ですが私は12/29が出勤だったので1日短い)は、あっという間に終了。
今年の三が日は少し寒かったですが、よく晴れてまずまずの年の初めでした。

自宅から見た今朝の浅間山

P1035246

同じく自宅から見た夕陽

P1035350

ん? ズボンの腰の辺りが少しきつくなったような・・・・
気のせいですよね、気のせい ははは・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

赤城山に雪見ドライブ

昨日の天気予報では、前橋も夜中から雪が降る可能性ありということだったので、子供たちは「雪、積もるといいなぁ」と楽しみにしていました。
しかし、今朝起きてみると冷たい雨がシトシトと降っており、積雪は全くなし。

この雨も11時前にはあがり、青空に。
タイヤも昨日スタッドレスに履き替えたことだし、ちょこっと赤城に雪見ドライブに行くことにしました。

途中の道路には雪はほとんどありませんでしたが、新坂平付近や大沼の周囲の路面は雪で白くなっていました。ノーマルタイヤでは走行不可です。(まぁ、この時期にノーマルタイヤで赤城山を目指す人はいないと思いますが・・・)

まずは、鳥居峠へ。
ここには昭和30年代にケーブルカーの山頂駅がありました。現在でも線路の跡が残っています。

鳥居峠から眺めた覚満淵。(覚満淵の向こうに見えるのは赤城大沼)
覚満淵はすでに冬の眠りについているようでした。

Pc234414

その反対、東側には山々と雲が幻想的な風景を織りなしていました。

Pc234439

Pc234443

赤城大沼湖畔
小鳥ヶ島に渡る赤城神社の神橋の朱色が鮮やかです。

Pc234495

岸辺には雪が積もっており、波打ち際では細かい氷が揺られて澄んだきれいな音を響かせていました。

Pc234467

1月上旬頃、結氷して氷の上に乗れるようになるとワカサギ釣りで賑わう赤城大沼も今はひっそりしています。

Pc234461z

Pc234509

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧