ホタル2008

2008年6月20日 (金)

初夏の夜遊び?

今頃の時期、風がなくて少し蒸し暑い夜は夜遊びに行きたくなります。
初夏の夜遊びと言えば・・・
ゲンジボタルです(^^)

今夜は次女を連れて2ヵ所見てきました。

最初行ったのは前橋市K町。今シーズン3度目ですが、今夜は10匹ほどしか確認できませんでした。もうここのホタルは終わりかも・・・。

次に向かったのは富士見村。
小雨が降っていた為か、昨年同時期に比べて見られたホタルの数は少なかったですが、まァまァ楽しめました。

P6200813

今年は早朝からの仕事が多くて、なかなか夜遊びに行けないのが残念。(昨日、今日も3時起きでした・・・ 眠い・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

今夜もホタル

今夜もホタルを見に行ってきました。
この場所は我が家から一番近いホタル観賞ポイントなんですが、ホタル観賞よりも“肝試し向き?”という感じの所。今夜この場所でホタルを見ていたのは私一人でした。(正直言って、ちょっと怖かったですが・・・)

20080613

「ほたる」という言葉は日本書紀も登場する古い言葉。日本人が遠い昔から神秘的な光を放つホタルに特別な思いを抱いてたということなのでしょう。
ホタルの語源について貝原益軒は「火垂る」、小野蘭山は「星垂る」であろうと述べています。
「火垂る」か「星垂る」か? 何れにしてもロマンチックな表現ですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

ホタル乱舞 (前橋市北部)

前橋市で“ホタルの里”と言えば真っ先に名前があがるのが「田口町ホタルの里」。ここは前橋のというより、群馬県内でも指折りのゲンジボタルの名所となっています。
田口町ホタルの里は見られるホタルの数が多いのですが、有名な分、混雑するのが難点。
(「田口町ホタルの里」はバリアフリー遊歩道が整備され足場がよいので、車イスの方や小さな子供連れでも安心です。これは素晴らしいことです)

私が昨夜行ったのは、前橋市北部のゲンジボタル発生地。田口町からそれほど離れていない場所です。
丘と田んぼの間に湧水の小さな小さな流れがあり、地元町内会の人たちが草の刈り払いや清掃などを行いホタルを守っています。

現地に到着したのは8時頃。まだ、ホタルは草陰で光っており、飛んでいませんでしたが、しばらくすると、幻想的な光の乱舞が始まりました。

1

周囲の田んぼではやかましいくらいのカエルの大合唱。
そして高く舞うゲンジボタルの光・・・・。
Hotaru0611
イイですねぇ 日本の初夏(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

蛍火舞う

一昨日、昨日と夜はホタル観賞に出かけました。
一昨日の記事にも書きましたが、この場所は人が少なくゆったりと優雅な蛍火の舞いを見ることができます。
20080608hotaru
人工の光とは全く違う、命そのものとも言える光は見る者を虜にします。

ここのすぐそばにある魅力的な小川。この小川でもホタルを見ることができます。
P6080332

餌となるカワニナがすめる水質、コンクリートで固められていない岸辺、付近に人工照明がないことなどがホタルの繁殖に必要。簡単なようで難しい条件だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)