« 福豚のトンカツ 「かつ亭」 (前橋市荒牧町) | トップページ | サッポロ一番 BIG アラビヤン焼そばカップ (サンヨー食品) »

2008年7月 2日 (水)

ハルジオンとヒメジョオン

ハルジオン(春紫菀)とヒメジョオン(姫女菀)はどちらも北米原産の帰化植物。身の回りで普通に見かけますが、両者はとてもよく似ています。

ハルジオン
P7019471

ヒメジョオン
P7019413

両者の見分け方として、「ハルジオンのつぼみは下を向いてうなだれている」というのがありますが、これだけでは見分けがつかない場合もあります。(上の写真のヒメジョオンのつぼみはうなだれて見えます)

簡単で確実な見分け方は、茎を折って、断面を見ることです。
ハルジオンの茎は中心部に空洞が見えますが、ヒメジョオンの茎には空洞がありません。

ハルジオンの茎断面
P7019478

ヒメジョオンの茎断面
P7019437

また、葉の付き方も異なります。
ハルジオンは葉の根元が茎を抱いていますが、ヒメジョオンは茎を抱きません。

ハルジオンの葉の根元
P7019474

ヒメジョオンの葉の根元
P7019417

「春(ハルジオン)は寒いから茎が葉を巻いている」←先日の自然観察会で教わった覚え方です。

冒頭で“身の回りで普通に見られる”と書きましたが、私の職場で見るのはハルジオンばかりです。なんでなんだろ? 棲み分けがあるのか知らん? ちょっと調べてみようと思います。
そうそう、ハルジオンって名前も間違えやすいですよね。「ハルジョオン」ではなくて「ハルジオン」ですので、お間違えなく。

********************************
おまけ

♪き・き・きのこ き・き・きのこ
 ノコノコノコノコあるいたりしない♪
P7011496

♪生きてる 生きてる 生きてる 生きてる
 き~のこは生きてる ポンポラポン♪
P6301468

|

« 福豚のトンカツ 「かつ亭」 (前橋市荒牧町) | トップページ | サッポロ一番 BIG アラビヤン焼そばカップ (サンヨー食品) »

植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
ハルジオンとヒメジョオンの違い、分かり易く説明していただきありがとうございます。
こうして見ると、私が先日ヒメジョオンでUPしたものはハルジオンかも~!
どぉ~しよ汗、汗。。。
きのこ、可愛いですね^^
これからぞくぞくカオを出してきますよね。
きのこの新曲ですか???

投稿: hana | 2008年7月 3日 (木) 13時58分

こにタンさん、こんにちは。先日はお世話様でした。

牧野富太郎博士の命名はハルジオン(春紫苑)で、春に咲くシオン(紫苑)という意味でつけられたらしいのですが、ハルジオンは、シオン(シオン属)とは別のムカシヨモギ属ですので、本当でしたら、ハルジオンよりはハルジョオンとしたほうが、ピッタリくるように思えます。図鑑によっては、別名としてハルジョオンとなっている場合もあります。ハルジョオンでも間違いとはいえないようですよ。

ハルジオンの花期はそろそろ終わり、これからはヒメジョオンの花だけになります。

投稿: せきれい | 2008年7月 3日 (木) 16時34分

>hanaさん

ハルジオンとヒメジョオン、茎を折って空洞の有無を確認するのが一番簡単・確実ですので、確かめて見て下さいませ(^^)
♪き・き・きのこ き・き・きのこ♪ は、娘が幼稚園の時に歌っていた「きのこ」という童謡です。
妙に耳に残っているんです(^^;)

投稿: こにタン | 2008年7月 3日 (木) 21時36分

>せきれいさん

こちらこそお世話になりました。
う~ん、“ハルジョオン”を「間違い」と言うのは言い過ぎですかね~
確かに魚でもウグイ(標準和名)をクキ(地方名)と呼んでも間違いとは言いませんが・・・(^^;)
(学校の試験では×でしょうが)
ヒメジョオンは夏の花ですね。

投稿: こにタン | 2008年7月 3日 (木) 21時42分

あー、ノウタケですね! (って本題からずれてしまってすみません)
しかも、こんなに沢山。こんなに固まってあるのは見た事が無いです。うーん、可愛い。(ってヘン?)可愛すぎてオットが卒倒してしまいそうです。それにこの歌ってあまりにもはまりすぎです。朝から大笑いしてしまいました。

ハルジオンとヒメジョオン、いつもどうやって見分けるんだろう?って思っていたのでとても勉強になりました。

投稿: katokyo | 2008年7月 4日 (金) 06時09分

ハルジオンとヒメジョオンは、昔からどう違うのかわからなかったのですが、茎を折ってみるのですか~!
久しぶりに、植物学の講義を受けたような気がしました。牧野富太郎先生の図鑑は学生時代にお世話になりましたので。

投稿: hisa | 2008年7月 5日 (土) 00時02分

>katokyoさん

ノウタケですよね、これ。
まだ幼菌だから可愛いですが、そのうち大きくなってちょっと気味悪くなっちゃうのでしょうか(^^;)
観察続けようかな。まだ、誰かが蹴飛ばしてなければ・・・

投稿: こにタン | 2008年7月 5日 (土) 00時25分

>hisaさん

もう大分、ハルジオンの花は少なくなってしまいましたが、この見分け方、お試し下さい(^^)
実際に折ってみると、ヒメジョオンに比べてハルジオンの茎は柔らかいような気がしました。茎が柔らかいので、それを補強するために中を中空にしているのかなぁ?と想像しているのですが、今度確認してみようと思っています。

投稿: こにタン | 2008年7月 5日 (土) 00時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハルジオンとヒメジョオン:

« 福豚のトンカツ 「かつ亭」 (前橋市荒牧町) | トップページ | サッポロ一番 BIG アラビヤン焼そばカップ (サンヨー食品) »