« 嶺公園 & 藤沢川 | トップページ | 今年の初トンボ(前橋・嶺公園) »

2008年5月 4日 (日)

新里のサクラソウ(桐生市)

江戸時代から盛んに品種改良の行われてきたサクラソウには多くの園芸品種がありますが、野生のサクラソウは明るく湿った草地を好み、低地の河川敷や山麓の疎林下など、人里に近いところに多く自生します。このような場所は、開発の影響を受けやすく、また盗掘などで自生地は次々に姿を消していきました。

桐生市新里町には今では貴重になったサクラソウの自生地があります。

国道353号線沿い、市の天然記念物に指定されている板橋地区の自生地

P5045773

小さな自生地ですが、草に混じってサクラソウが可憐な花を咲かせていました。

P5045774

ここにはサクラソウを誰でも間近で見られるようにバリアフリーの「サクラソウふれあい公園」が整備されています。

P5045765

P5045783 

自生地内は立ち入り禁止ですのでサクラソウの美しいお顔のアップはこちらの公園で

P5045761

P5045779

サクラソウふれあい公園から向かった先は、同じく新里町の赤城山舟原地区にある「新里のサクラソウ群落」
この自生地は群馬県の天然記念物に指定されています。

駐車場に車を停めて雑木林を歩いていくと、サクラソウの自生地が現れます。

P5045831

P5045791

P5045785

野原一面を覆い尽くすサクラソウの大群落を期待して行くと、少々ガッカリするかも知れません。
でも、ここは公園のチューリップ花壇ではなく、野生のサクラソウの自生地。周囲の環境やそれを保護している地元の方々のご苦労なども考えながら観賞したいです。

P5045812

自生地内は当然の如く【立ち入り禁止】ですので、アップで撮るには望遠のカメラが必要です。

P5045800

P5045813

もし仮に、県天然記念物として保護されているこのサクラソウ群落が以前よりも衰退しているのだとしたら、自生地を守ることは、それほど難しいことだということを表しているのではないでしょうか。
身近な自然環境は大切にしたいですね。

P5045817

P5045802

自生地内に咲いていたニリンソウ

P5045796

雑木林で見つけたジュウニヒトエ

P5045805

“十二単”とは優雅な名前でございますねぇ

新里のサクラソウ自生地(桐生市)

サクラソウ(環境省“インターネット自然研究所”)

|

« 嶺公園 & 藤沢川 | トップページ | 今年の初トンボ(前橋・嶺公園) »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

赤城山の方面にある群落には行きませんでしたが、私も足を運んでみました。
ほんとうに小さな公園でしたが、地域の方々のお陰で気持ちよく観賞することができました…。
どこに行っても雑草の手入れやガイドのボランティアを見かけますが、それらに携わる方々に感謝しつつ、観賞を楽しみたいと思います(^_^)

投稿: たちばな | 2008年5月 4日 (日) 22時10分

>たちばなさん

たちばなさんも行かれたんですね。
時間がずれていれば、お会いできたかも知れなかったですね(^^)
サクラソウやカタクリなど植物、在来タナゴ類などの魚や動物、昔は人の近くに暮らしていた生き物たちが人間による環境変化の大きな影響を受けています。
身近な自然を守ることは手つかずの自然を守ることよりも難しいことかも知れません。

投稿: こにタン | 2008年5月 4日 (日) 23時33分

こにタンさん
はじめまして。サクラソウの自生地ぜひぜひ後世に残して欲しいですね。今日実家の庭でもサクラソウ(見た目同じような気がしますが・・・)ニリンソウ、十二単(紫です)が今を盛りに咲いていました。今度ばあちゃんに分けてもらうことにしました。きれいに咲いてくれるといいな・・・

投稿: naa | 2008年5月 6日 (火) 20時17分

>naaさん

いらっしゃいませ
昔は身近な存在だった里山の動植物は大切にしたいものです。(なかなか難しいことですが)
ニリンソウやジュウニヒトエがnaaさんの庭でもきれいに咲くと良いですね(^^)

投稿: こにタン | 2008年5月 6日 (火) 20時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新里のサクラソウ(桐生市):

« 嶺公園 & 藤沢川 | トップページ | 今年の初トンボ(前橋・嶺公園) »