« ミヤマカワトンボ ~初夏の渓流で優雅に舞う~ | トップページ | アミラの店(高崎市石原町) »

2008年5月28日 (水)

桃ノ木川の生き物

私の鳥見フィールドでもある桃ノ木川は前橋市田口町で広瀬川と分かれ、途中で細が沢川、大堰川、赤城白川、竜の口川、藤沢川、寺沢川など赤城南西麓の主な河川をあわせ、駒形町で再び広瀬川と合流する全長17㎞の河川です。

昨日と今日は桃ノ木川でカワウの調査。

P5287658

カワウがいた場所の魚の種類も調べました。
桃ノ木川で見つけたちょっと面白そうな生き物たちを紹介します。

カマツカ
P5287672

砂地を好み、下向きの口で餌を砂と共に吸い込み、その中から餌だけ選んで、残りはエラから吐き出します。群馬県内にはソウゲン、ソウゲンボウ、ミョウゲン、ズカボ、ガギンボ、ダンギソー、スナモグリ、ドンチなどたくさんに地方名があります。
私は食べたことがありませんが、美味しい魚らしいです。

ウキゴリ
P5287696

ハゼ科の魚です。顔つきがゴツイですね(^^)

スナヤツメの幼生  (大きなミミズではありません)
P5287682

いわゆる八目鰻の仲間です。スナヤツメの幼生(アンモシーテス幼生)は目が無く、泥の中のもぐって有機物やケイ藻類などを食べています。
成魚になると消化管が退化してしまい、全く餌をとらず産卵場付近まで移動し、そこで越冬、翌春に産卵して一生を終えます。群馬県動物レッドリストでは【絶滅危惧Ⅰ類】

ヤマメの稚魚
P5287707

こんなきれいなヤマメも採れました。姿形からおそらく天然モノだと思います。

バイカモ
P5287686

上の写真では花がまだ開ききっていませんが、花の形が梅の花に似ている藻であるから「梅花藻」の名があります。
水のきれいな清流で生育することで有名なキンポウゲ科の水草です。
住宅街を流れる桃ノ木川で見られるなんて意外でしょ。桃ノ木川に対する印象を少しだけでも変えて頂ければ幸いです。

コアジサシ
P5277629
南半球から渡ってくる小型の夏鳥。空中から魚を狙ってダイビングします。

カルガモのひな
P5287720

いったい何羽いるんでしょう? 数えたら14羽もいました(^^)
カルガモの産卵数の最高はどれくらいなんだろう??

こんな飛行機雲も見られました。
P5277627

P5277625

|

« ミヤマカワトンボ ~初夏の渓流で優雅に舞う~ | トップページ | アミラの店(高崎市石原町) »

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こにタンさんも桃ノ木川が好きなんですね。
僕も釣の仲間と桃ノ木川に魚を放流する活動をしています。
群馬漁協の許可を得て正式な形で放流していますが生物学的には賛否両論あるんでしょうね。
群馬の魚を育てる会の稚魚放流で2,500匹程のヤマメ稚魚をこの春、桃ノ木川に入れました。
友人のブログですが良かったら見てみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/prdismmk

投稿: うろくず | 2008年5月28日 (水) 23時26分

こにタン
なじら~~~~?
元気にしてるみたいで、よかったこってさぁ。
おら、しょうーーーしぃて。
だども、川の水かなり多くなってるから
怪我だけは気をつけてね

投稿: 姐さん | 2008年5月29日 (木) 20時50分

>うろくずさん

桃ノ木川は身近で面白い川だと思います。
ヤマメの稚魚を放流しているんですね。今回採れたヤマメはとてもきれいだったので、天然ものかと思ったのですが、春に放流した稚魚かも知れないですね(^^;)

投稿: こにタン | 2008年5月29日 (木) 22時03分

>姐さん

なじょうも、なじょうも。
姐さんも忙しそうらねっか。

なんだか笹団子が食べたくなってしまいました(^^)

投稿: こにタン | 2008年5月29日 (木) 22時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃ノ木川の生き物:

« ミヤマカワトンボ ~初夏の渓流で優雅に舞う~ | トップページ | アミラの店(高崎市石原町) »