« 早起きは辛いけど・・・ | トップページ | ぐんま昆虫の森 初夏 »

2008年5月31日 (土)

一六タルト(愛媛県松山市)

グッドぐんま・番外編。一六タルトです。

P5287731

タルトと聞くと、クッキー生地のお皿にフルーツが載った洋菓子が頭に浮かびますが、松山名物のタルトはカステラ生地にこしあんを巻き込んだお菓子です。
お土産で頂きました。

P5287747

松山藩主松平定行がカステラの中にジャムの入った南蛮菓子の製法を長崎から伝え、それをもとに考案したのがタルトの始まりとされています。

タルトは松山名物ということで名前は知っていましたが、食べたのは今回が初めて。滑らかなこしあんには柚子が練り込んであり、さっぱりとした味わいで美味しかったです(^^)
次女は「あんこのロールケーキ、また食べた~い」と言っておりました。

P5287737

一六本舗

|

« 早起きは辛いけど・・・ | トップページ | ぐんま昆虫の森 初夏 »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

こにタンさんのところで一六タルトを見られるとは!懐かしいですね~、私も以前行った時お土産に買ってきました。
丸くしたこし餡が3個、串のさしてあって見た目も可愛いぼっちゃんだんごも美味しいですよ~^^

投稿: hana | 2008年6月 1日 (日) 10時41分

餡好きな私はこのタルトも好きです。関東にいる時はごくたまーにお土産で頂いたくらいなのですが、こちらにいるとよく見かけるのです。近所のコープとかで時々売っています。やっぱり近いからかなあ。
カステラと餡といえば、昔シベリアって三角のパン? お菓子? というのがありました。でも最近見かけないですね。同世代のこにタンさんはご存知かな。

投稿: katokyo | 2008年6月 1日 (日) 22時27分

>hanaさん

hanaさんは松山に行ったことがあるんですね。
私はないのですが、趣のある街なんでしょうねぇ。
「坊ちゃん」の舞台なので、やはりそれに因んだおみやげ品もあるんですね(^^)

投稿: こにタン | 2008年6月 1日 (日) 22時29分

>katokyoさん

そうそう、シベリア!
一六タルトを目の前にして、頭に浮かんだのが、“シベリア”でした。
ネットで検索してみると、シベリアは松山のタルトが起源という説があるようで、なるほどと思いました(^^)

投稿: こにタン | 2008年6月 1日 (日) 22時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一六タルト(愛媛県松山市):

« 早起きは辛いけど・・・ | トップページ | ぐんま昆虫の森 初夏 »