« 敷島公園ばら園情報-3 ライトアップも楽しめます | トップページ | 嶺公園のトンボ »

2008年5月18日 (日)

ヤリタナゴ観察会 (藤岡市)

群馬県にはかつて、ミヤコタナゴ、ゼニタナゴ、タナゴ、アカヒレタビラ、ヤリタナゴの5種類の在来タナゴ類が生息していましたが、ヤリタナゴを除き姿を消してしまいました。

ヤリタナゴは北海道を除く全国各地に分布し、在来タナゴ類の類のなかでは分布域が広く、生息数も多いタナゴです。環境省のレッドリストにも登載されていません。
しかし、群馬県内でヤリタナゴが生息しているのは藤岡市の岡之郷用水付近のみで、群馬県レッドリストでは『絶滅危惧Ⅰ類(県内で絶滅の危機に瀕している種)』に指定されています。
また、藤岡市ではヤリタナゴを天然記念物に指定して保護しており、また地元の人たちを中心にヤリタナゴとその生息環境の保護活動も行われています。

P5186850

今日は、毎年この時期の恒例となっているヤリタナゴ観察会が生息地で開催されたので、行ってきました。
この観察会はヤリタナゴの保護に取り組んでいる「ヤリタナゴを守る会」、「ヤリタナゴ調査会」、「やりたなごの会」の共催で行われています。

P5186946

P5186819

ヤリタナゴは獲ることが市条例で禁止されていますが、この観察会では自分の手で捕まえて観察することができます。

ヤリタナゴ

P5186847

タモロコ

P5186831

ドジョウ

P5186859

ヨシノボリ

P5186853

カワトンボの仲間の幼虫(ヤゴ)

P5186823

アメリカザリガニ

P5186827

藤岡市ではヤリタナゴだけでなく、マツカサガイとホトケドジョウも天然記念物に指定しています。それはヤリタナゴを保護するためには、これらを同時に保護することが必要だからです。

ヤリタナゴはマツカサガイに卵を産み付けます。生まれた仔魚は全長10㎜くらいになるまで貝の中で過ごした後に外に出てきます。一番弱い卵と仔魚の時期を貝という砦の中で守ってもらう戦略です。

マツカサガイ

P5186921

ヤリタナゴの産卵母貝であるマツカサガイは川底が砂や砂礫質で水量が比較的安定した水のきれいな小河川に生息しています。マツカサガイの幼生はホトケドジョウなどのヒレに寄生して成長します。

捕まえた魚たちを水槽に入れて、じっくり観察しました。

P5186898

P5186927 

ヤリタナゴは繁殖期を迎えていますので、オスにはきれいな婚姻色がでています。産卵管が伸びているメスもいました。
(もちろん観察終了後、ヤリタナゴはもとの生息地に戻されます)

P5186880

今回は親子連れを中心に、これまでの最高の100名を越える参加者がありました。身近な自然に対する関心の高さを表しているのでしょう。
タナゴ類は複雑な繁殖生態をもつので保護増殖は他の魚種よりも困難で、地域の人たちの理解と協力が必須です。その意味でも毎年行われているヤリタナゴ観察会は重要だと思います。

ヤリタナゴと仲間たち(藤岡市)

群馬県自然環境情報システム(群馬県)

|

« 敷島公園ばら園情報-3 ライトアップも楽しめます | トップページ | 嶺公園のトンボ »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今日は家族全員で観察会に参加させて頂きました。残念ながら、ヤリタナゴは捕獲できませんでしたが、ザリガニやドジョウを掬ってきました。

子供にとっても「明日、幼稚園で先生に言う!」と言っていたので良い思い出になったと思います。採ってきたザリガニは「ザリ子」「ザリ夫」と全員名前がついて庭で飼う事になりました。

次の機会にはゴム長を用意して、また参加させてもらおうと思います。

投稿: G | 2008年5月18日 (日) 22時12分

>Garage T'sさん

ご家族揃っての参加、お疲れ様でした(^^)
ヤリタナゴは群れで局在していたようで、
結構捕れた人と全く捕れなかったという人の
両極端でした。
来年もこの時期に開催されると思いますので、
是非ご参加下さいませ。

投稿: こにタン | 2008年5月19日 (月) 21時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤリタナゴ観察会 (藤岡市):

« 敷島公園ばら園情報-3 ライトアップも楽しめます | トップページ | 嶺公園のトンボ »