« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月 1日 (月)

フユノハナワラビ(冬の花蕨)

昨日今日と急に肌寒くなった群馬県地方。一昨々日は最高気温が32.1℃だったのがウソのようです。

職場にこんな植物が生えていました。

Pa017565

フユノハナワラビ(冬の花蕨)です。名前がきれいですね。
別名カンワラビ(寒蕨)。全国に分布しているシダ植物で、適度に草が刈り取られ、人があまり踏みつけないような場所に生育します。

Pa017558

プチプチがかわいい(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月 2日 (火)

群馬ミートのジューシーメンチ

群馬ミートは食肉の卸・加工・販売会社。
前橋市東片貝町の青果市場前には、直営の小売店があり、精肉や加工品、総菜などを販売しています。

このお店のメンチカツが美味しいという情報を、最近仕事と子育てに忙殺され、ブログの更新が滞りがちなさとたけさんに聞いて行ってきました。

お目当ての商品は、その名も「ジューシーメンチ」。
あぁ~、なんて美味しそうな名前なんでしょう。お肉屋さんの揚げ物好きな方々は、この商品名だけで敏感に反応してしまうのではないでしょうか。

小判型ではなくて、ころ~んと丸い形をしています。1個100円。

P9297496

中身はたっぷりの挽肉と玉葱。玉葱の上品な甘みがお肉の味を引き立てています。実は私、玉葱があまり好きではないのですが、これは大丈夫でした。
その名の通り柔らかくジューシーで、手作りの感じがする「ジューシーメンチ」。お薦めです。

P9297508

群馬ミート株式会社(iタウンページ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

小さい秋

このところ、どんよりとした曇り空が続いています。こんな天気だとアキアカネもどこかに隠れてしまって、群れ飛ぶ姿を見せてくれません。寂しいです。
週末は秋晴れになって欲しいですね。

今日は水産試験場内で見つけた小さい秋を。

スダジイ

Pa027590

ブナ科の常緑広葉樹です。新潟県以南の日本各地に生育します。

スダジイの堅果(どんぐり)は、アク抜きをしなくても食べることができます。
生でも食べられます。ええ、食べましたが、何か?

Pa027583

堅果は殻斗に覆われており、熟すと殻斗が裂けて顔を出します。

Pa027585

ツバキの実

Pa027631

子供の頃、ツバキの実の端をコンクリートブロックなどに擦りつけて削り、中身を楊子でほじくり出して、笛を作って遊びました。

曼珠沙華(ヒガンバナ)

Pa037641

早く咲いた株は、もう萎れていますが、まだまだ花盛りの株もあります。

見た目はちょっと美味しそうな得体の知れないキノコ・・・

Pa027596 Pa027622

キノコはさすがに味見していません(^^;)

ところで、秋と言えば収穫の秋ですが、今度の土日、10月6日・7日に県庁で秋の恒例イベント『収穫感謝祭』が開催されます。
ぐんまの美味しい秋が堪能できます。

第15回収穫感謝祭

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

アゲハの幼虫

家のキンカンの木でアゲハの終齢幼虫を見つけました。

P9257084

P9257083

蝶は好きだけど芋虫は大嫌いっ!という人は多いと思いますが、よく見るととてもきれいな模様をしています。

P9257082

胸部にある目玉模様は鳥に食われないようにという戦術なんでしょう。でも、このキンカンの木では幼虫はよく目にしますが、蛹は今まで見つけたことがありません。多分、蛹になる前に鳥などに食われてしまっているのではないかと思います。
自然界で生き残って美しい蝶になるのは大変なことなんでしょう。

P9257086

これは少し前に撮影したアゲハの卵と若齢幼虫です。
若齢幼虫は鳥の糞に擬態していると言われています。

P8114159

P8053886

********************************

以前、「ぐんま昆虫の森」に行ったときに、子供と一緒に来ていた私と同年配のお父さんが「おもしれぇ~、今度一人で来てみてぇなぁ~」と呟く声が聞こえました。分かります、分かります、その気持ち。

今度、一人で行ってみよっと。マイ捕虫網持って♪

大人が子供になれる場所
    ぐんま昆虫の森

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

ショートブレッド

ショートブレッドはスコットランドの伝統的な焼き菓子。
クッキーにそっくりです。(と言うか、クッキーとショートブレッドの違いが私には分かりません・・・)

次女が奥さんの全面的な支援体制の下、オーソドックスな円形のショートブレッド作りに挑戦しました。

材料
 ・バター    ・薄力粉
 ・粉砂糖   ・アーモンドパウダー
 ・塩

生地作り。
クリーム状に練ったバターに、粉砂糖、塩を加えて泡立て器で混ぜ合わせています。

P9307519

生地を延ばしてから丸くカットし、タルト型に入れ、端を指先で押さえて型に馴染ませます。

P9307528

オーブンで焼いて、出来上がり!

P9307540

オーブンの温度がちょっと高かったのでしょうか、焼き色が少し強めでした。

P9307548

素朴な味わいとサックとした食感が美味しいお菓子ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

第15回収穫感謝祭(県庁)

三連休の初日、清々しい秋晴れの空が広がっていました。

Pa067664

今日と明日の二日間、県庁を会場に開催されている「収穫感謝祭」に行ってきました。
県庁の玄関ホールには『祝 福田内閣総理大臣』の大きな垂れ幕。

Pa067774

今年で15回目を迎えた収穫感謝祭。県庁中が美味しいぐんまの味でいっぱい(^^)

Pa067679

Pa067682

Pa067683

Pa067691

Pa067699

Pa067754

群馬県養鱒漁業協同組合のヤマメ、イワナの塩焼き。
炭でじっくり焼いているので、とっても美味しい(^^)

Pa067687

Pa067726

子供たちに大人気のひよこの誕生観察コーナー

Pa067700

Pa067769

群馬県警音楽隊のコンサート。八木節ではカラーガードの演技が花を添えました。

Pa067753

県民ホール北側の人形芝居コーナーではみなかみ町下牧の人形芝居「古馬牧(こめまき)の人形浄瑠璃」が上演されていました。
演目は「傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段」
“ととさまの名は十郎兵衛、かかさまはお弓と申します~”

Pa067712

明日7日は尻高人形芝居が上演されます。

地階の県庁生協食堂では、県産農産物をたっぷり使った学校給食メニューが食べられます。
今日は板倉町立西小学校の給食メニューを再現した「れんこんハンバーグ」

Pa067757

 れんこんハンバーグ(県産豚挽肉、県産生したけ、他)
 ごはん(ゴロピカリ
 きんぴら(県産ごぼう、県産にんじん、他)
 みそ汁(片品産だいこん、県産ねぎ、十石みそ)
 季節野菜の白和え(高崎しょうゆ、前橋産水菜・かき、他)
 牛乳(県内産)

家庭で食べる手作り料理のようで、美味しいです。私の子供の通っている小学校もそうですが、最近の学校給食は私の頃に比べてメニューの幅が広がっていますね。
明日7日は高崎市立第一中学校の給食メニューです。

北朝鮮による拉致被害者や家族を支援する「救う会・群馬(群馬ボランティアの会)」による署名・カンパ活動が今年も行われていました。
是非、署名とカンパをお願いします!

Pa067686

第15回収穫感謝祭(県HP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

中之条ビエンナーレ その3 ~旧第三小学校→四万温泉~

先月15日に開幕した「中之条ビエンナーレ2007」は、明日10月8日が最終日。
まだ、行っていない方はお急ぎ下さい。

今日は四万温泉にある旧第三小学校の会場に再度行ってきました。

Pa077957

Pa077914

この小学校は平成17年3月に閉校しましたが、校舎の中には、その当時のポスターや児童が作った模造紙の「盲導犬について」なんて発表資料やらが張ってあり、時間が止まっているようで不思議な感じがします。
そんな中に現代美術が置いてあるので、ますます怪しい感じがして面白い(^^)

Pa077950

Pa077953

現代美術を楽しんだ後は、四万温泉をぶらぶらと散歩。
四万の病に効くということから「四万温泉」と名付けられたとか。上毛かるたでは「世のちり洗う四万温泉」と詠われています。

温泉街の路地は昭和の臭いがぷんぷんでした(^^)

Pa077992

今日、明日は「湯前神社大祭」

Pa077976

四万温泉は飲泉にも適しているので、所々に飲泉所があります。
少し塩味がします。

Pa077969

帰り道に見た山間の棚田は稲が刈り取られ、‘はざかけ’されていました。
美味しいお米になるんでしょうね。

Pa078017

中之条ビエンナーレ公式サイト

四万温泉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

笠懸のヒマワリ畑と大室公園のコスモス

ヒマワリって真夏の花というイメージですが、みどり市笠懸町の吹上地区では10万本のひまわりが咲き誇っています。

Pa067788

Pa067797

ここのひまわりは「地域づくり、むらづくり活動」・「環境美化」の一環として地元の皆さんが遊休農地を利用して毎年育てています。

Pa067834

Pa067815

Pa067842

一面に咲いたひまわりを見ていると、なんだか元気が出てきます(^^)

Pa067784

Pa067809

ひまわりの花畑(みどり市)

帰り道、前橋市西大室町の「大室公園」に寄ってみました。

コスモスが3分咲き。

Pa067847

Pa067844

夕方の柔らかい日差しがコスモスの花を包んでいました。

Pa067857 

Pa067856

Pa067851

長~く伸びる影を見ると秋だなぁ~って感じますね。

Pa067867

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

積善館 (四万温泉)

先日、中之条ビエンナーレのついでに立ち寄った四万温泉。

昭和的雰囲気を漂わせる落合通りの入り口にあるのは、こりゃまた昭和的な「もみじや」という温泉まんじゅうとお土産品のお店。

Pa077995

Pa077996

そして川を挟んで反対側、赤い橋の向こう側にある立派な建物は「積善館」。
元禄時代の創業で300年の歴史を持つ老舗中の老舗温泉旅館です。

千と千尋の神隠しの舞台となった‘油屋’のモデルはここかと思わせる外観。TVや映画のロケにも度々使われているそうです。

Pa077984

日本最古の湯宿建築として江戸時代の姿を今に伝える本館(県重要文化財)や昭和5年に建てられ、大正ロマンの香り漂う「元禄の湯」(国登録文化財・県近代遺産)など、温泉好きならずとも興味をそそられる旅館です。
私は湯船に長くつかるのは好きではなく、冬でもシャワーでOKなんですが、積善館の本館と元禄の湯は体験してみたいなぁと思います。

Pa077989

積善館

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

にった花トピア2007 (太田市)

太田市の新田文化会館西側の休耕田を会場に9月23日から10月20日(土)まで「にった花トピア2007」が開催されています。

Pa108096

Pa108120

色とりどり、形も様々なコスモスが田園風景を彩っています。

Pa108128

Pa108129

Pa108136

Pa108145

Pa108148

Pa108162

Pa108167

会場の広さは9.5ヘクタール。コスモスは400万本。品種によって満開の区画もありますが、全体的には5~6分咲き程度。それでも見ごたえ充分でした。今週末頃が見頃でしょうか。

Pa108122

Pa108178

Pa108154

特産品などを販売しているテント村には「薮塚かかし祭」のグランプリ受賞作品“かかしの森にトトロがやってきた”も展示されています。

Pa108110

ソバの花も咲いていました。

Pa108117

10月18日から20日の3日間は花を自由に摘み取れる「フラワープレゼントデー」です。

Pa108126

にった花トピア2007(太田市)

太田市観光協会

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

白石商店の温泉納豆 (四万温泉)

温泉まんじゅうは、有名な温泉地には必ずあるものですが(ちなみに温泉まんじゅう発祥の地は伊香保温泉ね)、四万温泉名物になっているのは『温泉納豆』。赤い包装には温泉マークが入ってます(^^)

Pa078026

原料の大豆を温泉に浸し、炭火で発酵させています。飲泉に適した四万温泉らしい商品です。

この納豆を造っているのは、創業60年以上、三代続く老舗の納豆屋さん・・・なんですが、お店の看板は『白石電機』。ナショナルのお店?
“温泉納豆”の赤いノボリがなければここで納豆を売っているとは思えません(^^;)

Pa077980

温泉が染み込んだ大豆をつかった納豆。もともと納豆は健康食品ですが、四万の湯が使われていると普通の納豆よりも体に良さそうな感じがしちゃいます。

Pa078038

白石商店  HP
 ■場所 中之条町四万4237 地図
 ■営業 9:00~18:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

ふらんす市場のとろけるプリン

奥さんが「ふらんす市場のとろけるプリン」を買ってきました。

小さな牛乳瓶のようなガラス容器に入っています。こだわりの卵・バニラビーンズ・生クリーム使い、風味も食感も新しくなった自信作だそうです。

Pa118244

名前のとおり、中のプリンは‘とろとろ’です。下の写真は表面の少し硬めの部分なんですが、その下は、もうストローで飲めるような感じ。

Pa118255

一口食べてみると・・・・
う~ん、美味!
確かにこれまでのプリンとは全然違います。
プリンというよりカスタードクリーム? いや、クリームと言うよりカスタード汁?(あまりきれいな表現じゃないですね。失礼しました)
濃厚だけど後味スッキリです。

ふらんす市場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

前橋まつり (2007)

今年で59回目を迎える『前橋まつり』。今日と明日の2日間、中心市街地で開催されています。
普段はちょっと寂しい前橋中心市街地ですが、まつりの期間中は大勢の人でごった返します。

Pa138360

Pa138403

Pa138348

Pa138310

Pa138322

Pa138326

Pa138362

この祭りのプログラムに小学校の鼓笛吹奏楽パレードがあり、市内の全ての小学校が参加します。今年は6年生の長女がこのパレードに出ました。

Pa138391

昨年の前橋まつりの記事にも書きましたが、普段の休日に祭りの時の1/10も人出があればなぁ~と思います。
中心市街地にはこれだけの人を集めるポテンシャルがあるんですから・・・。

Pa138406

前橋まつり (前橋市)

前橋まるごとガイド (前橋観光コンベンション協会)

**********************

小話
「お父さん、古そうなお店があるよ!」
「どこ?」
「ほら、あそこ」

Pa138411

「いや・・・・・、あれは古い店じゃなくて・・・・・・・」

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年10月14日 (日)

お茶の大七の抹茶ソフトクリーム (前橋弁天通り)

8月に訪れたときに食べ損ねた「お茶の大七」の“抹茶ソフトクリーム”。
新鮮さが命のソフトクリームなので商店街に人出があるときしか作らないという幻の?ソフトクリームです。
前橋まつりの時にはあるだろうと、2ヶ月間待って、やっと食べることができました(^^)

Pa138333

さすがは老舗のお茶専門店のソフトクリームです。
しっかりとした抹茶の味と香りの中にほのかな甘さ。大人のソフトクリーム。
美味でございます。

お茶の大七
 ■場所 前橋市千代田町3-10-2 (弁天通り商店街)
 ■営業 10:00~18:00
              水曜定休

*****************************

庭のブルーベリーの紅葉。

Pa138269

Pa138285

秋が深まってきましたね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

ぐんま昆虫の森自然観察会 ~田んぼの昆虫~

昨日は次女と「ぐんま昆虫の森」へ。
「田んぼの昆虫」観察会という自然観察プログラムに参加しました。

Pa148428

参加者は虫好き親子計39名。
まずは稲刈り体験からスタート。

Pa148427

稲刈り鎌の刃はノコギリ状です。よく切れそう~

Pa148418

最初は上手く刈れなかった次女でしたが、何株か刈り取るうちにコツを掴み、ザクザクと調子よく刈り取っていきます。

Pa148425

稲刈りの後、田んぼの昆虫を観察。

コバネイナゴのペア

Pa148436

クビキリギス

Pa148434

変わった名前ですが、噛みつくと離さず、無理に引っ張ると首が抜けてしまうのでこの名が付いたと言われています。
緑色型と褐色型がいます。

画像はありませんが、この他にツチイナゴも見られました。ツチイナゴは成虫越冬する唯一のバッタです。

田んぼで昆虫観察の後は、いなご(コバネイナゴ)の佃煮試食。

Pa148438

大人の参加者は「美味しぃ~」とい言いながら食べていましたが、子供たちはちょっと気持ち悪そうに見てる子が多かったですね。うちの次女も「絶対食べないっ!」と拒否。ちなみに今回食べたのは市販品でした。

続いては、田んぼの周りの水路や池などに住む昆虫の観察。

Pa148441

Pa148451

ギンヤンマの幼虫

Pa148449

小さな池でたくさん捕れました。トンボ幼虫(ヤゴ)は顎を伸ばして獲物を捕らえます。その姿は‘エイリアン’みたいです(^^;)

ギンヤンマのヤゴの捕食

コシマゲンゴロウ

Pa148450

ゲンゴロウの仲間は幼虫も成虫も水中を住みかとしますが、蛹は土に中に作るので、水辺の周りがコンクリートで固められてしまうと繁殖できなくなります。
身近な水生昆虫やメダカなどが減った原因について「農薬の使用などで・・・」と説明されていることが多いですが、現在では田んぼの水路などが生産効率最優先に造り替えられたことが最大の原因だと思います。

ハグロトンボの幼虫

Pa148457

オニヤンマの幼虫

Pa148460

オニヤンマは幼虫も毛むくじゃらなんですね。

コオニヤンマの幼虫

Pa148478

コオニヤンマという名前ですが、ヤンマ科ではなく、サナエトンボの仲間です。

タイコウチ

Pa148472

尻尾のように見える長い管で呼吸をします。

子供と一緒に虫を追いかけているうちに、2時間のプログラムはあっという間に終了しました。

Pa148538

ぐんま昆虫の森

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

ぐんま昆虫の森 ~かやぶき民家→バッタの原っぱ→食草・育成温室~

「ぐんま昆虫の森」のお話の続き・・・・

Pa148454

自然観察会がちょうどお昼に終了。
昆虫の森の北端に位置する「かやぶき民家」で昼食にしました。(ぐんま昆虫の森にはレストランはないので、お弁当必携です)

Pa148505

Pa148497

昼食後、かやぶき民家の庭で輪投げや竹とんぼ、ゴム鉄砲でしばらく遊んでから「バッタの広場」方面を目指してお散歩再開。

ゴンズイ(権萃)

Pa148528

真っ赤な実が弾けて中から黒く光るタネが顔を見せています。
ゴンズイという名前は、材がもろくて役に立たないことから、同様に利用価値のないとされる魚のゴンズイの名をあてたとされています。魚のゴンズイは海にすむ唯一のナマズの仲間で、背鰭と胸鰭に毒のあるトゲがあります。

クサギ(臭木)

Pa148482

クサギは美しい花を咲かせますが、実もきれいな色をしています。草木染めにも利用されます。

ジョロウグモ

Pa148487

「バッタの原っぱ」で主に狙ったのは赤とんぼ。

マユタテアカネ

Pa148536

顔に眉毛のような模様があるのが名前の由来です。でも、眉毛というより、ブタの鼻に見えちゃうんですが・・・(^^;)

コノシメトンボ

Pa148549

Pa148551

翅の先の黒い斑と胸部の模様で区別します。

この他にアキアカネがたくさん見られました。

赤とんぼと遊んだ後は、「生態温室」へ。

Pa148573

ここでは、西表にすむ亜熱帯の色鮮やかな蝶の姿を一年中楽しむことができます。次女のお気に入りの場所。

「生態温室」で舞っている蝶は「食草・育成温室」で育てられています。

Pa148594

「育成温室」の中は時間によって見学することができます。
まるでキャンディーかアクセサリーかと思うほど美しい蛹が並んでいました。

Pa148586

Pa148578

Pa148591

銀色に輝く蛹です。

Pa148583

こんなにキラキラ輝いていると目立ってしまうのではと心配ですが、周りの色が蛹に映って逆に目立たなくなるのだそうです。上の写真でも周りが映り込んでいます。

蝶の蛹と並んで、こんなのも・・・

Pa148579

これも一応、虫ですからねぇ(^^;) 

フィールドステーションで、ぐんま昆虫の森園長矢島稔先生の姿をお見かけしたので、ショップで買ったばかりのご著書にサインを頂きました。感激!!

Pa148610

ぐんま昆虫の森

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

トンボからキノコ?!

『ぐんま昆虫の森』で初めて見た面白いものを紹介します。

雑木林を歩いていると、木の幹に透明なポリ容器が何かを保護するように縛り付けてありました。

何だろうと思って見てみると、中には木に止まったままミイラ化したトンボが一匹。
その腹部からは細いキノコのようなものがニョキニョキと生えています。

Pa148564a

Pa148561

家に帰ってからメールで昆虫の森に問い合わせてみると、これは冬虫夏草菌の一種「ヤンマタケ」というキノコがトンボの体に寄生したものだということでした。
ちなみにこのミイラ化したトンボはカトリヤンマらしいということです。

ヤンマタケという名前がついていますが、ヤンマ科だけに寄生するのもではなく、他のトンボにも寄生します。
ネットで検索してヤンマタケの画像をいくつか見てみましたが、どのトンボも木に止まったまま息絶えていました。
どうして死んだ後、下に落ちないで木に止まったままなんでしょう?

トンボの体からキノコが生える、ちょっと体が痒くなるようなお話でした(^^;)

*************************

【おまけ】
ナガコガネグモ(♀)です

Pa148480

水田や草地でよく見かけるクモです。オスはメスに比べて極端に小型です。メスの巣のすぐそばに小さなクモが巣を張っていることがありますが、あれがオスで、交尾の機会を窺っています。うっかりするとメスに獲物と思われて食われてしまうことがあるそうです(^^;)

ぐんま昆虫の森

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

「うめまつ」の焼きそば (中之条町)

昼頃に中之条の伊勢町付近を通りがかった時に「やきそば」という文字が目に飛び込んできました。そう言えば、中之条在住の知り合いがこの辺りに美味しい焼きそばの店があると言ってたことを思い出し、その「うめまつ」という店に入ってみました。

Pa077910

やはり、この店は地元の人たちから愛されている焼きそばの専門店でした。
盛りの種類は↓
    特大: 600円
     大  : 480円
     中  : 360円
     小  : 240円
で、迷わず「特大」を注文。

下の写真では比較するものがないので、分かりにくいですが、「特大」は迫力あるサイズです。
太くて、しっかりとした麺にウスターソースがからんでいます。紅ショウガたっぷり。

Pa077898

さすが小さな町で昭和39年から焼きそば一本で勝負しているお店。美味しいです。
満足、満腹(^^)

満腹だと言いながら、食後のデザートには「たい焼き」も注文しちゃいました。

Pa077906

うめまつ食堂
 ■場所 中之条町伊勢町955 
地図
 ■営業 11:00~18:00
      月曜定休

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年10月19日 (金)

職場で見つけた‘かわいい花’と‘美味しいかも知れないキノコ’

ブログのネタに困ったときの常套手段“職場で見つけた”シリーズあるいは“足元再発見”シリーズ。

イヌホウズキ

Pa188641

ナス科の一年草。ナスの花に似た白い花は、かわいい感じがしますが、草全体に毒があります。

名前の頭に“イヌ”と付く野草はたくさんありますが、これは“役に立たない”という意味があるのだそうです。
イヌホウズキ=役に立たないホウズキ
ちょっと可哀想な名前です。(まぁヘクソカズラなんて名前よりもマシでしょうか?)

イヌホウズキの実。

Pa188645

ホウズキのように赤くなるのかと思いましたが、熟すと黒くなるのだそうです。

アミタケ?
松の根元に生えていました。

Pa188626

イグチ科のキノコです(多分)。
食べてみようかと思い採ってはみたものの、やはり不安なので試食は見送りました(^^;)

Pa188632

カサの裏は孔がたくさんあって、スポンジみたいです。

****************************

ところで、10月28日「群馬県民の日」
この日の前後で色々なイベントなどが開催されます。
前橋市敷島町の水産試験場でも10月28日(日)に「水産試験場公開」が行われます。
ちょっとのぞいてみて下さいませ(^^)

平成19年度水産試験場公開

昨年の様子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

秋晴れの週末

今日の前橋は朝から“これぞ秋晴れ!”という感じの青空が広がっていました。

あぁ、それなのに、それなのに・・・・
今日は当番で休日出勤です(T_T)

出勤前に自宅から撮影した浅間山。山頂付近は白く見えます。

Pa208656

今年の浅間山の初冠雪は10月17日。平年より11日、昨年より21日も早い冬の第一報でした。

休日勤務当番の主な仕事はアユの飼育管理です。
水産試験場のアユはふ化後約40日が経過しました。
でも、まだまだ体は細く透明で魚らしい姿をしていません。鱗ができてアユらしい姿のなるのはもうしばらく先になります。

Pa208670

お腹の辺りが白く見えるのは、消化管の中の餌が透けて見えているからです。

Pa208668

ソメイヨシノの老木にコゲラがいました。

Pa208748

場内ではコゲラはよく目にします。運がよければアオゲラも見ることができます。

ミヤマアカネがユスリカをムシャムシャと食べていました。

Pa208751

日が沈むと池の上空をたくさんのコウモリが飛び始めます。多分コウモリもユスリカを狙って集まって来るのでしょう。

***************************

先程、空を見上げたらきれいな半月が出ていました。

Pa208800

明日も秋晴れになりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

紅葉狩り ~赤城山~

前橋市内から一番近い紅葉の名所「赤城山」が見頃を迎えています。

Pa218840

Pa218868

秋晴れの今日は紅葉狩りの人たちで混雑するのは確実だったので、家を朝7時に出発しました。
今朝の前橋は最低気温が8.9℃。今季初めて10℃を下回りました。
赤城山新坂平(標高約1,400m)の道路にある気温表示は2℃でした。寒いです。

色付きのピークは数日後かな?という感じでしたが、赤や黄色に色づいた木々が秋晴れの空に映え、とてもきれいでした。

Pa218902

Pa218829

Pa218871

Pa218915

大沼に浮かぶワカサギ釣りのボート

Pa218888

ワカサギのボート釣りは秋の風物詩。大沼が全面結氷する真冬には冬の風物詩の氷上釣りが楽しめます。

Pa218935

こちらは小尾瀬とも呼ばれる覚満淵

Pa218812

草が風に揺れて金色に輝いていました。

ツリバナの実

Tsuribana

ニシキギ科の落葉低木です。名前のとおり花は枝からつり下がって咲きます。
パカッと割れた実から鮮やかなオレンジ色の種子が顔を出します。

ぐんまの山々からは次々に紅葉の便りが届いていますが、紅葉は静かな冬を迎える前の山の秋祭りという感じがします。

紅葉情報 (群馬県観光国際協会)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年10月22日 (月)

大前田の獅子舞 (前橋市大前田町)

前橋市大前田町に300年以上前から伝わる伝統の獅子舞が昨日の日曜日に開催された大前田諏訪神社の秋祭りで奉納されました。(9月に紹介した芙蓉街道のそばです)

Pa219116

Pa219119

江戸時代より受け継がれる獅子舞は一人立ちの三頭の舞で、獅子はそれぞれ「父」「母」「息子」獅子と呼ばれ、付人は「ひょっとこ」と「おかめ」です。

Pa219178

獅子と付人は時に激しく、時にユーモラスに舞い踊ります。

Pa219195

Pa219163

Pa219261

黒漆塗りの獅子頭は「父」と「息子」。

Pa219226

「母」の獅子頭は朱漆塗りです。

Pa219140

寛政11年の大旱魃のときには、獅子舞で雨乞いをしたところ雨が降り出したと伝えられています。また、疫病が流行ったときには、村中の毎戸をまわって悪疫退散を行ったということです。

「五穀豊穣」「天下泰平」「家内安全」等と書かれた短冊で飾られた万燈は獅子舞の終了を合図に観客が短冊を奪い合います。縁起物だそうです。

Pa219266

300年以上も途絶えることなく受け継がれてきた伝統の獅子舞。地域の文化をしっかりと守り伝えている大前田地区の皆さんに拍手。

大前田諏訪神社の獅子舞

赤城南麓交流村(前橋市宮城地区の情報満載)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

十三夜

今夜は十三夜。
十五夜に続き、きれいなお月様を拝むことができました。

1a

長野県の安曇郡では十三夜のことを「小麦の名月」とも呼び、今夜の天気で来年の小麦の作柄を占っていたそうです。
「小麦の名月」。いい名前ですね。

お分かりだとは思いますが、上の写真は『合成』です(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

頑張るぐんまの中小私鉄フェア2007 (上毛電鉄大胡駅)

各地で秋のイベントが目白押しだった先日の日曜日。
上毛電鉄の大胡駅電車庫では「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2007」が開催され、約2,100人の家族連れや鉄道ファンで賑わいました。
このイベントは上毛電鉄の他、上信電鉄、わたらせ渓谷鐵道の三社の共催で、鉄道への理解を深めてもらうとともに、鉄道の利用を増やすことが目的です。

会場となった大胡駅電車庫は昭和3年の上毛電鉄開業当時の様子を今に伝えるレトロな建物で国の登録有形文化財に指定されています。

Pa219006

Pa219074

この日の主役「デハ101」が12時20分頃に大胡駅に到着。
鉄道ファンが盛り上がります。

Pa219024

デハ101は開業当初から走っている関東で一番古い電車で10年前まで現役で活躍していました。

Pa219055

Pa219068

会場では各社の鉄道グッズの販売も行われていました。
私のような凡人には価値の分からぬものも売られていて、ちょっと驚き
       ↓ 使用済みキップ500円

Pa219078

“上電”、“上信”、“わ鐵”の車両を模したミニトレインは子供たちに大人気。
上信のデキ

Pa219083

たまには私鉄ローカル線にのんびりゆられるのもイイかなぁと思った私でした。
群馬県は自動車保有台数「2.35台/世帯」で全国3位、自動車免許取得率全国1位という車社会で、鉄道の乗客数は減少し中小私鉄の経営は苦しい状況ですが、“頑張れぐんまの中小私鉄!”。

Pa219094

頑張るぐんまの中小私鉄フェア2007

鉄道会社のHP
 上毛電気鉄道
 上信電鉄
 わたらせ渓谷鐵道

Wikipedia
  上毛電気鉄道
 上毛電気鉄道上毛線
 上毛電気鉄道100型電車
 上信電鉄
 上信電鉄上信線
 上信電鉄デキ1形電気機関車
 わたらせ渓谷鐵道
 わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線

上毛電鉄・上信電鉄応援サイト「JoJo」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

セーブオンの「まえばしtonton汁うどん」&「TONTONのまち まえばし豚飯」

豚肉の産出額が全国トップクラスの前橋市では昨年から『TONTONのまち前橋』というキャッチフレーズで前橋の美味しい豚肉料理をアピールしています。
以前に紹介した「まえばしtonton汁」もその取り組みから生まれたオリジナル豚汁です。

現在、コンビニの「セーブオン」とタイアップして売り出されているのが「tonton汁うどん」と「TONTONのまち まえばし豚飯」。

tonton汁うどん

Pa208705

tonton汁のうどんバージョンです。
群馬県産豚肉、里芋やインゲン、にんじん等々野菜もたっぷり。
もちろん県産地粉のすいとん(つみっこ)やこんにゃくも入っています。
美味いです!

Pa208712

TONTONのまちまえばし豚飯

Pa218963

県産豚バラ肉とタマネギ、しらたきをを醤油ベースの甘口のたれで煮込んだ具をオン・ザ・ライス。
“牛丼”の牛肉が豚と入れ替わったものと言った方がわかりやすいでしょうか。
豚肉が柔らかで味がよくしみていて、おいし~い。

Pa218989

Pa218985

どちらもお薦め。
セーブオン554店舗で10月9日から約一ヶ月の期間限定販売ですので、お見逃しなく。

セーブオンは渋川のニコニコ亭とタイアップしてソースカツ丼を売り出したこともありました。
こういう地元密着の企画はどんどんやって欲しいです。

TONTONのまち前橋

セーブオン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

丹生湖ワカサギ試し釣り (富岡市)

お知らせするのが少し遅くなってしまいましたが、先週の土曜日10月20日に富岡市の丹生湖でワカサギの試し釣りが行われました。

Pa200230o

丹生湖のワカサギ試し釣りは毎年この時期に市内の親子などが参加して行われます。

9時から11時までの2時間で、150尾以上釣った人もいたようです。
また、全体的に桟橋の方がボートよりも好釣だったとか。

Pa208721

今シーズンも丹生湖のワカサギは期待できそうです。

Pa208734

大きさも食べ頃サイズ(^^)

丹生湖

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

第8回ぐんまの菓子フェスティバル(県庁)

県庁1階県民ホールで今月の31日まで「第8回ぐんまの菓子フェスティバル」が開催されています。

Pa279320

毎回この催しで楽しみにしている工芸菓子にコーナー。
もみじや花、高さ1.5mのタワーケーキなど、力作が並んでいます。

Pa279310

Pa279312

Pa279317

Pa279313

即売コーナーには32店舗が出展。

Pa279324

「清月堂」(草津町)の『花いんげん甘納豆』

Pa279379

大粒の花いんげん豆(紅花いんげん、花豆)を使った甘納豆です。
花いんげんは、その名のとおり、花が大きくてきれいなマメです。江戸時代末期に日本に伝わりましたが、当時は主に観賞用に栽培されていました。
群馬の高原をドライブしていると畑にきれいな赤い花を付けている豆の木をよく目にしますが、あれが花いんげんです。

こちらも同じく清月堂の『花いんげん最中』。

Pa279334

豆の形をした最中の中には花いんげんの蜜漬けが入っています。
あんこと花いんげんが絶妙のハーモニーを奏でます(^^)

Pa279356

秋の夜長、渋めの日本茶と一緒に花いんげんの甘納豆や最中。甘党にとっては至福の一時でございます。

「こまつや」(甘楽町)の『桑の舞』。

Pa279374

桑の葉やクルミを練り込んだクッキーです。
見た目はしっとりとした感じですが、さっくりとした食感と桑の風味が美味しい。日本茶や紅茶に合いそうです。

「松田製菓」(高崎市)のドーナツ

Pa279368

地元“高崎”をテーマにしたお菓子で有名な松田製菓。「裏メニュー」という謳い文句に思わず購入したドーナツです。
表面はサクッとした食感で手作りっぽい感じの美味しいドーナツでした。

この他にも何店かとても惹かれたお店がありました。そちらは、そのうち現地調査に行きたいと思います。

第8回ぐんまの菓子フェスティバル
 ■場所 群馬県庁1階 県民ホール
 ■期間 平成19年10月26日(金)~31日(水)
              10:00~18:00(最終日は17:00まで)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

群馬県民の日 水産試験場公開

今日10月28日は「群馬県民の日」
前橋市敷島町にある水産試験場でも毎年恒例の場公開のイベントを開催しました。

Pa289460

昨日は関東地方に台風20号が接近したため、荒れ模様の天気でしたが、今日はカラリとした秋晴れ、絶好のイベント日和となりました。

Pa289486

おっかなびっくりニジマスの採卵体験コーナー

Pa289392

金魚すくい

Pa289396

上手い子は10尾近く捕ったかな?

魚とふれ合いコーナー

Pa289398

Pa289397

このコーナーでは毎回ウナギが大活躍です。

Pa289467

展示コーナー。今年は“おいしいさかな だいじなさかな”というテーマで水産試験場で開発した美味しいニジマスのギンヒカリやヤリタナゴなどの貴重な魚も展示しました。

ギンヒカリ

Pa289416

アユ仔魚

Pa289423

しごとの紹介

Pa289420

試験場公開で一番人気のつかみどり。
子供よりも熱くなる親御さんもいらっしゃいます(^^;)

Pa289406

例年ですとニジマスを放すのですが、今年はどか~んとヤマメを大盤振る舞いです。

Pa280340

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

群馬県水産試験場

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

光恩寺の十月桜 (邑楽郡千代田町)

邑楽郡千代田町赤岩にある「赤岩山 光恩寺」は関東屈指の真言宗の古刹。
寺伝によれば、雄略天皇が穴穂宮のために、勅して全国に建立せられた九ヶ寺の一つとされ、また推古天皇33年に高麗王より大和朝廷に貢された恵潅僧正が、当地に来往し、光恩寺を開かれたといわれます。

Pa299528

光恩寺の境内には十月桜があり、10月初旬から11月にかけて秋のお花見が楽しめます。

Pa299533

Pa299534

十月桜はコヒガンザクラの園芸品種で,春と秋に花を咲かせます。秋の花は春に比べると小さく、また数も少ないのですが、長く楽しめます。

Pa299574

Pa299557

霞のような満開のソメイヨシノの美しさとは比べようもありませんが、控えめに咲く秋の十月桜も趣があります。

Pa299521

光恩寺には日本初の女医荻野吟子の生家から明治時代に移築された長屋門もあります。

Pa299511

Pa299512

光恩寺(千代田町)

光恩寺の地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

サケ遡上2007 ~利根大堰~

利根川はサケが自然繁殖する南限の川です。
河口から154㎞、群馬県千代田町と埼玉県行田市で利根川を横断している利根大堰では、サケの遡上が見られます。

Pa299614

利根大堰では毎年10月~12月の約3ヶ月間、サケの遡上数をカウントしています。
今年は10月30日現在で381尾の遡上が確認されています。これは過去最高の3,215尾の遡上を記録した昨年を上回るペースです。

利根大堰には3つの魚道がありますが、そのうち埼玉県側の1号魚道では魚道内の魚の様子を観察できるようになっています。

Pa299613 Pa299594

Pa299579

私がここを訪れた日は、台風20号の影響で水が濁っており、サケの観察にはいまひとつの状況でしたが、サケはちらっと姿を見せてくれました。

Pa299584

Pa299589

対岸の群馬県側を見ると、今年も怪しい2人組がいました。ルアー釣りをしているようです。サケを狙っている密漁者だと思われます。

Pa299595

Pa299629

サケは水産資源保護法と群馬・埼玉両県の漁業調整規則で採捕が禁じられています。

Pa299608

Pa299622

利根川でサケを狙っている連中は、サケが掛かってもリリースすれば罪にならないと思っているのでしょうが、それは大きな間違いです。
法律ではサケの採捕行為を禁じているのであって、違法に採捕したサケを持っていなくても犯罪になります。(法令に違反して採捕されたサケを所持しているのも違法です)

サケを捕る目的で、ルアーを投げること自体が違法行為です。

体をボロボロにして命を賭けて河口から154㎞も遡ってきたサケ。
故郷の川へ命を繋ぐために帰ってきたサケたちを狙ってルアーを投げている密漁者。
サケを大事に育てて、放流している子供たちの夢を踏みにじるような行為はやめてもらいたいものです。

利根導水総合管理所

利根大堰サケ遡上データ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »