« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月 1日 (水)

岩宿の里のキツネノカミソリ

ユリとヒガンバナを足して2で割ったようなキツネノカミソリはヒガンバナ科の多年草。林の縁や明るい広葉樹の林に生育しています。
ヒガンバナと同様に葉の生育期と花の時期がずれており、花期には葉はありません。

P7293123

カタクリの群生で有名なみどり市笠懸町の稲荷山『岩宿の里』はキツネノカミソリの群生地としても知られています。

P7293170

P7293184_2

P7293130

『狐の剃刀』とは変わった名前ですが、葉の形がカミソリに似ているというのが由来だそうです。でも何故、狐なんでしょうね?
花の色がキツネ色というわけでもないし・・・・
お稲荷様の鳥居の色でしょうか?

P7293126

P7293132

ヤマユリも咲いていました。

P7293137

里山に夏が来たって感じがしますね。

P7293151

P7293175

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月 2日 (木)

日本の夏 トンボの夏 ~アオハダトンボ・ハグロトンボ・オニヤンマ・ミヤマアカネ~

関東甲信から北陸、東北地方もやっと昨日、梅雨明けしましたね。本格的な夏の到来です。

夏の虫と言えば、トンボです。えぇ~?カブトムシじゃねん?という声が聞こえてきそうですが、夏の虫と言えばトンボなんです。ええ、トンボですとも。
で、トンボの話題です。

水産試験場の水路で6月下旬頃にたくさん見られたアオハダトンボは7月上旬にあった激しい夕立の後に、ぷっつりと姿を見せなくなってしまいました。水中産卵のシーンが見たかったのに・・・とガッカリしていたのですが、今日、久しぶりにメスの姿を1頭だけ見ることができました。

P8023693_2

アオハダトンボに代わって、水産試験場内の水路の主役になっているのはハグロトンボです。

ハグロトンボ(オス)

P8013468

ハグロトンボ(メス)

P8013464

ヒラヒラと舞うように飛ぶイメージのハグロトンボですが、オス同士の激しい空中戦では、高度な飛行テクニックを披露してくれます。(スピードがありすぎて私のコンデジでは撮影不可)

P8013285

カップル。前がオスで後がメスです。

P8023604

ハグロトンボの産卵。水面近くの水中植物に産卵します。

P8023510

P8023531

P8023558

トンボ界の帝王オニヤンマ
今朝、養魚池に張ってある鳥除け用の網の中にいました。昆虫なのに防鳥網から出られなくなるなんてさすがはオニヤンマです。

P8023488

救出しようとしたら指に噛みつかれ、少し血が滲んでしまいました。オニヤンマの取り扱いには注意が必要です。マジで。

P8023497

ミヤマアカネ

P8013298

水産試験場周辺にはミヤマアカネがたくさん飛んでいます。まだ黄色い個体が多いですが、中には赤色になってきたものも見かけられるようになりました。もう来週には立秋ですものね。

P8013472

P8023672

赤とんぼ (Wikipedia)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

日本の夏 トンボの夏-Ⅱ ~コシアキトンボ・マユタテアカネ・ショウジョウトンボ・??サナエ~

今回も水産試験場内で見られたトンボの紹介です。

コシアキトンボ

P8033824

白と黒のツートンカラーがオシャレなトンボです。白い部分が空いているように見えるのが“腰空きトンボ”という名前の由来になっています。

P8033789

水面近くを飛び回り、縄張り争いをしている姿を見かけます。黒い部分が水の色と重なってよく見えず、白い飛行物体がシュンと飛んでいるように見えるので一瞬、何?!と思っちゃいます。

マユタテアカネ 

P8033749

子供の頃から虫が好きだった私ですが、ちゃんと勉強したわけではないで同定にはいつも苦労してしまいます。
マユタテアカネという赤とんぼの存在も、この写真を撮って、なんだろう?と調べていて初めて知りました(^^;)

P8033794 メス

顔の模様が特徴的です。可愛いですね。

P8033816

ショウジョウトンボ

P8033855 オス

真っ赤なオスはもちろん美しいのですが、黄金色のメス(未熟個体?)もなかなか美しいです。

P8033745 メス(未熟個体?)

さて、この写真のトンボはサナエトンボには間違いないと思うのですが、私には種が判断できません・・・(汗

P8033722

P8033726

どなたかにご教示頂けると幸いです。よろしくお願いします。

**************************

おまけ
今年はアブラゼミの声を聞かないな~と思っていたら、突然、頭上でアブラゼミの大声が。

P8033845

蒸し暑さを増幅するようなアブラゼミの鳴き声ですが、やはり真夏にこの声は欠かせません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

お魚食堂&刺身居酒屋てんぺい

海のない群馬県でも美味しい魚を食べさせる店はあります。
前橋市荒牧町の『てんぺい』は魚屋さんが経営しているので、美味しい魚がお手頃の値段で食べられると評判の店です。

先日、職場の飲み会が『てんぺい』でありました。

P8033866

メニューはまぐろカマ焼き、刺身、えび塩焼き、里芋あげだし、天ぷら、カルパッチョ、ずわいがにの3.150円コース

カマ焼き

Img_6046

刺身

Img_6059_2

えび塩焼き

Img_6045

カルパッチョ

Img_6055

ずわいがに

Img_6057

カマ焼き、マグロの刺身、ズワイガニが特に美味でした。今度は定食を食べに来てみたいですね。

1

てんぺい
 ■場所 前橋市荒牧町622-3  地図
 ■営業 11:30~13:45
       17:00~22:00

**********************

二次会は中央前橋駅近くのいつものスナックへ
歌声班、討論班など皆さんなかなか盛り上がっていました(^^)

Img_6079

まえばしぃ~~ぶるうすぅぅ~

あぁノド痛ぇ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

田中屋製菓の焼きまんじゅう (前橋市若宮町)

上州名物焼きまんじゅうのお店の紹介です。
伊勢崎の大甘堂、前橋の原嶋屋田中屋本店和田式千福食堂に続く第6弾は、FMぐんま近くの一方通行の路地にある「田中屋製菓」。

P7303200

田中屋製菓のまんじゅうはふっくら柔らか。しっかりと焦げ目は付いていますが、硬い感じはありません。柔らかいまんじゅうが好きな方に特にお薦め。

P7303209

タレは甘めです。次女はタレが美味しぃ~と言って、お持ち帰り容器に残っていたタレをスプーンですくってなめていました(^^)

P7303229

田中屋製菓焼きまんじゅう店
 前橋市若宮町1-7-4
 地図 
 (現在、持ち帰り専門です。)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月 9日 (木)

新海のたい焼き(長野県佐久市)とパイの店敷島屋(南佐久郡小海町)

我が家の夏休み恒例行事、山梨県北杜市方面へのささやかな家族旅行に今年も行ってきました。

いつもは清里高原まで一気に行ってしまうのですが、今回は途中でちょっと寄り道です。

群馬県から国道254号で内山峠を越え、千曲川に架かる野沢橋を渡ってすぐの商店街にある『新海』。この通りは何度も通ったことがあったのですが、美味しいタイ焼きの店があるとは三束雨さんに教えて頂くまで知りませんでした。

P8073935

決して“容姿端麗”とは言えないタイ焼き(^^;)

P8073940

でも周囲にはみ出した生地のバリも美味しいのです。

中にはたっぷりのあんこ

P8073942

美味しいタイ焼きに巡り会うはなかなか難しいのですが、新海のタイ焼きには満足でございました(^^)

新海
 ■場所  佐久市野沢451-6  地図

さて、美味しいタイ焼きの余韻に浸りながら国道141号線を南下。次の目的地はJR小海駅のそばにある『パイの店 敷島屋』
ここも三束雨さんに教えて頂いたお店です。

分かりにくい道を少々迷いながらやっと到着。
う~ん、申し訳ないですが、お店の外観は美味しいパイの店という感じではありません(^^;) 店内に入ってショーケースの美味しそうなパイを見た瞬間にそんな不安は吹き飛びますが。

P8073943

家族それぞれ好きなパイを注文。ケーキのようにみえるものパイです。

P8073945

“まちの駅こうみ”の駐車場で早速かぶりつきました。私が食べたのはカスタードパイ。

P8073947

外側からは白い生クリームが見えますが、一口かじると、カスタードクリームが顔をのぞかせます。
3日がかりで作られたこだわりのパイ生地はサックサクで美味しぃ~。

わざわざ遠くから買いに来るお客さんも少なくないという話しに納得です。
この辺を通りがかったら必ず立ち寄ろうと心に決めました。はい。

敷島屋
 ■場所 南佐久郡小海町大字小海4406-4   地図
 ■営業 10:00~19:00
        月曜定休

P.S.三束雨さま
看板のお色直しはまだでした・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年8月10日 (金)

アユ釣り 神流川  ~転倒注意~

今日は夏休みを頂いて神流川にアユ釣りへ。

朝から快晴で気温はグングン上昇。今日は大漁間違いなしだなぁ~と鼻歌まじりで神流町万場に到着。天野刃物工房でオトリを購入して、神流町役場前に入りました。

Img_6150

「こんにちは。どうですか~?」
“釣れてるよぉ~”という返事を期待して釣っている人に声をかけたら、返ってきたのは「昨日は入れ掛かりだったんだけどね・・・・」
はぁ? 昨日は・・・・ だったんだけどぉ? 今日はだめなの?
そっ、そんな~・・・・・

先行者の言葉にガッカリしましたが、気を取り直し10時30分、釣り開始。

川の状態は絶好。しかし、アタリ無し・・・・

30分経過   アタリ無し・・・・
1時間経過 アタリ無し・・・・

「お父さん、美味しい鮎をいっぱい釣ってきてね!」釣りに向かう私を見送ってくれた長女の言葉が思い出されます。(涙

なんとか1尾目をと、川の中を右往左往しているときに、足を滑らせて転倒し、ヒザを石に打ち付けてしまいました。痛っ・・・・・。
左足を引きずりながら、やっと1尾目が来たのが1時少し前。

ホッと一息ついて、オトリを替え、やや押しの強い平瀬を泳がせると、ポツポツと掛かり始め、釣り終了の2時半までに12尾をゲットしました。サイズは21㎝から17㎝。

Img_6157

着替えようとして、まだ痛むヒザのあたりを見るとウエイダーの上に血が滲んでいます。
おそるおそるウエイダーを脱いで、ヒザを見ると、深さ2㎝近くはありそうな傷がぱっくりと口を開けていました。ひぇぇぇぇ~ 自分の傷口を見て、ちょっと貧血状態・・・・・。

帰宅後、整形外科に行き2針ぬってもらいました。じっとしていれば痛みはあまり無いのですが、ヒザを動かすとズキズキします。階段の上り下りが辛い・・・

P8104151_2

今日はまぁまぁの釣果だったので、私も天然モノを食べることができました。
長女は「美味しい!」を連発しながら、家族の誰よりもきれいに食べていました。
「お父さん、また釣ってきてね!」
よっしゃ、まかせとけっ! イテテテテ・・・・・

皆様も川のなかでの転倒にご注意下さいませ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

ぽっぽ牛乳のソフトクリーム & 三代校舎ふれあいの里

家族旅行の記事の続きです。

国道141号線を南下、海ノ口を通過し、くねくねした山道を越えたとたんに“高原”の風景が広がります。空気が澄んでいると右手に八ヶ岳の雄大な姿が見えるのですが、この日は霞んでいたのが残念。

高原ドライブに欠かせないのはソフトクリームですね(?)
ぽっぽ牛乳ヤツレン)に立ち寄りました。

牛乳ソフトクリーム

P8073955

ソフトクリームは牛乳からできているんだなぁ~と改めて実感させられるような味です。美味しいです。
ヨーグルトソフトクリームというのもあって、そちらも美味しいらしい。

次に寄ったのは北杜市須玉町下津金にある「三代校舎ふれあいの里」
明治、大正、昭和の時代に建てられた小学校を利用した、体験型リゾート施設です。テレ朝の“にっぽん菜発見”(8月5日放映)で紹介されていて、面白そうだったので寄ってみました。

昭和校舎は「おいしい学校」という名前の食の体験施設です。イタリアンや和食のレストラン、パン工房、農産物直売所などがあります。

P8073961

大正校舎の前にあったのは二宮金次郎ではなくて野口英世の像。野口先生は指先にとまったトンボを見つめていました。

P8073968

P8073970

明治8年落成の明治校舎は藤村式と呼ばれる擬洋風建築の建物です。

P8073974

P8073991

現在は「須玉歴史資料館」として利用され、なつかしい昭和の教室が再現されています。
展示してある教材や楽器などは手で触れることができます。

P8073986

P8073984

P8073993

足踏みオルガンは実際に弾くことができます。
長女は初めての足踏みオルガンに、「疲れる~」。

P8073977

三代校舎ふれあいの里は桜の名所だそうです。桜に彩られた校舎はさぞかしきれいでしょうね。機会があれば桜の時期にまた訪れてみたい場所です。

三代校舎ふれあいの里

おいしい学校

大正館

須玉歴史資料館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

ヒュッテ・フライングスプーン

家族旅行の宿は今年も「ヒュッテ・フライングスプーン」。

P8084065

P8084068

暖かな家庭的な雰囲気と美味しい料理が気に入って、毎年お世話になっています。子供たちもここに来るのを楽しみにしています。

普段、都会に住んでいる訳ではないですが、デッキで椅子に座り、ヒグラシの声を聞きながら夕陽を見ているとホッとします。

Img_6098

お楽しみの夕食

Img_6104

どれも皆美味しい。手間ひまかけて柔らかく仕上げられたイワナの甘露煮は頭からぺろり。

Img_6102

Img_6100

Img_6117

夕食後、リビングでトランプやジグソーパズルに興ずる子供たちを残して、私は近くの川へホタルを見に行ってきました。時期が少し遅いかなと思いましたが、ヘイケボタルが10匹くらい飛んでいました。

夜の散歩から帰ってくると、他のお客さんが天体望遠鏡をセットされ、木星の観察中でした。私も木星やWWスターという四重星を見せて頂きました。感激。

翌朝はいつもより少しだけ早めに起きて、朝食前に「三分一湧水」まで散歩に行ってきました。

P8084031

P8074021

P8074025

「三分一湧水」は日本百名水にも指定されています。水争いが激しかった頃、武田信玄が農業用水を3つの村に均等に分配させるため、水中に三角石柱を築き、三方向に流水を分岐させたことからこの名が付いたとされています。1日に約8,500トンの水が水源からこんこんと湧き出しています。

P8084041

P8084044

朝食には焼きたてのパン。

Img_6122

かる~いパンではありません。ズシっと手に重みを感じるしっかりとしたパン。もちろん美味しい。こういうパンを食べると元気が出る感じがします(^^)

朝食後のひとときは庭で虫を探して過ごします。
ルリボシカミキリ発見!

P8084071

美しいカミキリムシですね。惚れ惚れします。ルリボシカミキリは日本固有種。オオムラサキが国蝶なら、ルリボシカミキリは国甲虫でしょうね。

さて、そろそろ出発の時間です。
自家製の野菜をお土産に頂き、フライングスプーンをあとに。
「もっと泊まりたいね~」と子供たちがつぶやきます。

P8084077

ヒュッテ フライングスプーン
  山梨県北杜市長坂町大井ヶ森985-6
    【HP】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

霧ヶ峰高原 & 美ヶ原高原美術館

(家族旅行2007夏・最終話)

さて、宿を出て向かった先は長野県の霧ヶ峰と美ヶ原です。
小淵沢ICから中央道に乗り、諏訪ICから国道20号線、県道40号線を進み、霧ヶ峰高原に到着。

高原の風は爽やかで気持ちイィ~。エアコンの名前になっているのも納得(^^)
駐車場から“忘れ路の丘”まで散歩しました。

P8084091

ノハラアザミ

P8084086

アカバナシモツケ

P8084087

エゾカワラナデシコ

P8084090

霧ヶ峰自然保護センター

霧ヶ峰からビーナスラインで高原ドライブを満喫し(矢島湿原は時間の都合で残念ながらパス)、美ヶ原高原美術館へ。
美ヶ原高原美術館は美ヶ原高原の一角にある野外彫刻美術館。箱根彫刻の森美術館の姉妹館です。

P8084104

屋外展示場はとにかく広いです。パンフレットには「普通に歩いて一周すると1時間30分から2時間程度かかります」と書いてありましたが、我が家は2時間半くらいかかってしまいました。アップダウンもあるので、結構疲れました。標高2,000mの涼しい風が吹いていなかったら、途中でギブアップだったかも。

P8084118

疲れはしましたが、個性豊かな作品の数々と周りの雄大な景色に飽きることはなかったです。

P8084109

P8084127

彫刻とともに草花も楽しめます。

キバナノヤマオダマキ

P8084106

クガイソウ

P8084111_2 

ハクサンフウロ

P8084132

マツムシソウ

P8084129

名前不明(^^;)

P8084108

光の美術館

P8084146

入道雲も作品の一つのようでした。

P8084119

美ヶ原高原美術館

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

暑いけど秋の気配も・・・

前橋はこのところ連日、暑い日が続いています。
最高気温は
 8月10日 37.1℃
 8月11日 37.2℃
 8月12日 34.3℃
 8月13日 34.1℃
そして今日は35.5℃。

今が暑さの盛りというところですが暦の上では立秋も過ぎ、ちらっと秋の気配も感じられることがあります。
例えば・・・
ミヤマアカネが大分赤くなってきました。

P8134202

そして水産試験場ではアユの採卵の準備が始まっています。(採卵の様子は、今月末頃に紹介する予定です。)

P8134197

明日も暑くなりそうです。

P8144324

おまけに涼しい画像。
冷凍ミカン!

P8124178

冷凍ミカンはマルハ(大洋漁業)と鉄道弘済会の共同開発で製造され、昭和30年(1955年)に小田原駅の売店で販売するようになったのが初め。
幼い頃の夏、高崎から長岡へ向かう電車の中で食べた冷凍ミカンは美味しかったなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

ぐんまフラワーパーク

赤城南麓、前橋市柏倉町にある『ぐんまフラワーパーク』
8月12日から15日まで、ナイター営業で5時からは入園料無料!だったので、夕涼みがてら出かけてきました。

P8154372

ぐんまフラワーパークは約18ヘクタールの敷地に、フラトピア大花壇をはじめ、日本庭園やバラ園、イングリッシュガーデン、観賞温室などがあり、四季を通じて美しい花々が楽しめる花のテーマパークです。

群馬フラワーパークといえば春のチューリップが見事ですが、照明に浮かび上がるパークタワーや噴水もなかなかきれいでした。

P8154398

P8154376

ナイター営業は9月22日(土)~24日(月)にも行われます。
夜8時まで営業、午後5時からは入園無料です。

ぐんまフラワーパーク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

アユの♂・♀の見分け方

前橋は今日も38.1℃の猛暑でした。やれやれ・・・
でも、暑さは今日がピークで明日は少し下がりそうです。と言っても明日の最高気温の予想は34℃。充分暑いです(^^;)

P8164463

水産試験場では来週後半からアユの採卵が始まります。
で、今日はアユのオスとメスの見分け方について。

Img_6190

アユは稚魚や未成魚のときは外見から雌雄を見分けることは困難ですが、段々と成熟が進んでくると見分けられるようになります。

そのポイントは尻鰭(しりびれ)です。

これがメスの尻鰭です。鰭の前の部分が長く、後ろに行くに従って急に短くなっており三角形に見えますね。

Img_6173

これはオス。メスに比べて鰭の前と後の長さに差がありません。

Img_6164

産卵期になるとオスは黒っぽくなり、肌はザラザラ、体型も全く違ってくるので、鰭を見なくても手で触っただけで雌雄が分かるようになります。

ところで、トウモロコシの美味しい季節になりましたね~

P8164434

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

人間ドック

毎年の恒例行事、1日人間ドックを受けてきました。受診場所は群馬県立心臓血管センター

P8154336

人間ドックは“わけーし(若い衆)”と呼ばれなくなった頃から毎年受診していますが、これまで幸いにも大きな異常が見つかったことはありません。(数年前から肝臓に脂が少々・・・という指摘はありましたが)

Img_6160

今回も血液検査では中性脂肪、肝機能、コレステロール、血糖値など全て正常の範囲内に何とか収まりました。

胃カメラでは胃壁に少し炎症が見られましたが、治療を要するほどではなさそう。
胃カメラは検査の最中に自分でもモニターを確認することができるのですが、とんでもないモノ(ガンとか潰瘍とか)が見えちゃったらどうしようかといつもドキドキです。

BMI(体重)÷(身長の二乗)は適正値内でしたが、腹囲は85㎝でメタボ注意報。まぁ想定の範囲内ですが。

帰宅後、奥さんに「カメラで胃炎が見つかったけど、仕事と家庭のストレスが原因かも知れないなぁ~」と言ったら、「大食い、早食い、冷たいモノの飲み過ぎでしょ」と一蹴されました・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

『お茶の大七』の抹茶アイス&抹茶ソフトアイス

子供たちの夏休みも終盤。長女は4泊5日のキャンプへ、次女は高崎のおばあちゃんの家に行ってしまい、今日は奥さんと2人だけ。
久しぶりに二人だけで前橋の‘まちなか’に出かけることにしました。

土曜日だというのに相変わらず人通りの少ない前橋のまちなか。中央通りも弁天通りもガラガラです。魅力的なお店がたくさんあるのにねぇ~。

まず立ち寄ったお店は弁天通り商店街の『お茶の大七』。

P8184687

老舗が並ぶ弁天通り、大七さんも80年以上続く老舗のお茶屋さんです。
店舗の奥に喫茶室があります。

今回の狙いは“抹茶ソフトクリーム”です。
しかし、「抹茶ソフトクリーム下さい」と言ったら
「今日は作ってないのよ」とのショックな回答・・・。

冷凍庫で保存できないソフトクリームは人出が少ないときは作っていないのだそうです。
で、抹茶アイスと抹茶ソフトアイスを注文。

抹茶アイス

P8184676

抹茶のアイスクリームにさらに抹茶がトッピング。抹茶の爽やかな風味が美味しい。

抹茶ソフトアイス

P8184683

見た目はソフトクリームですが、冷凍保存のため、ソフトクリームよりも硬いです。でも、美味しい。今度は是非、出来たての抹茶ソフトクリームを味わいたいです。

女将さんと商店街の話をしながら美味しいアイスを頂きました。こういうふれ合いがあるのも‘まちなか’のお店の魅力の一つですね。

お茶の大七
 ■場所 前橋市千代田町3-10-2 地図
 ■営業 10:00~18:00
              水曜定休

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

焼きとうもろこし

いっさき(伊勢崎)の姐さんの焼きとうもろこしが、まっさかうんまげ(とても美味しそう)だったので、私も真似してみました。

とうもろこしを買おうと、JA前橋の農産物直売所に行ったのですが、売っていませんでした。そこで、スーパーで「群馬県産」の表示を確認して購入。

レンジで下茹でしてから、網で焼きました。

P8194854

レンジでチンしたり、茹でても美味しいですが、やはり醤油を付けて焼くと一段と甘みが増し、香ばしさもたまりません。

P8194877

群馬のとうもろこし(スイートコーン)は、平坦地から標高1,200mの高冷地まで、標高差を活かして6月から10月頃まで生産されています。
片品村、国道120号線の“とうもろこし街道”も有名です。

*****************************

ところで、今日は19日。
毎月19日は「家族でいただきますの日」です。
我が家でも、今日は泊まりで出かけていた子供たちが帰ってきて、5日ぶりに家族全員が揃いました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

レストラン ポンチ

土曜日に行った前橋まちなか散歩の続きです。

まちなかをぶらぶらと歩いていたらお腹が空きました。前橋中心市街地には個性的で美味しい老舗の食堂やレストランがたくさんあります。さて、どのお店でランチにしようかと少々悩んだ末に入ったのは弁天通りの北端にある「レストラン ポンチ」。

P8184717

前橋の洋食屋さんと言えば、ここ。大正9年創業の老舗です。

奥さんはオムライス、私はカツカレーを注文。

P8184704

カレーはポンチのメニューの中でも一番人気。
日本の洋食屋さんの正しいカレーライス!という感じの“日本的”なカレーです。(本格的インドカレー派の人からは非難されそうですが)。
懐かしい味の美味しいカレー。
カレーにどぉーんと乗った揚げたてのカツもなかなかボリュームがあります。満足。

奥さんの食べていたオムライスも少し味見させてもらいましたが、甘口のケチャップが美味しい味を出していました。

P8184699

そうそう、ポンチでは毎月第2土曜日はカレーが半額になるそうです。

レストラン ポンチ
 ■場所 前橋市千代田町3-3-18 (弁天通り)
  ■営業 11:00~19:30
             木曜定休

レストラン ポンチ (弁天マルシェ)

************************************

それにしても、毎日暑い日が続きますねぇ~。
前橋は今日も35.6℃の猛暑。

P8205032

暑い日に似合うのはヒマワリです。

P8204978

P8205016

高崎市の「はにわの里公園」や高山村のひまわり畑では見頃を迎えているようです。

P8205017

ヒマワリの花を見つめていると、目が回りそうです(^^;)

P8204994_2

フィボナッチ数(Wikipedia)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月21日 (火)

野口商店のかき氷

前橋市表町にある創業明治38年の老舗製氷店『野口商店』。前橋で、否、群馬県で一番有名な氷屋さんです。

P8194833

毎年、群馬で初めて夏日が記録された日の翌日の朝刊には、きまって野口商店で氷を食べている子供や女子高生の写真と記事が掲載されます。
◎例文【今年初めて夏日を記録した前橋市内。表町にある製氷店「野口商店」では、かき氷に涼を求める客が列を作った云々】

抹茶

P8194840

野いちご

P8194835

年代物の削氷器で作られるきめ細かなふわっとしたかき氷は、とっても美味。
食べ終わる頃にはすっかり汗もひいていました。

野口商店
 ■場所 前橋市表町1-15-6
 地図

野口商店のかき氷をけずる音(前橋の音風景)

***************************

今日の前橋の最高気温は35.7℃。
連日の猛暑で「こんにちは」の代わりに「暑いですね」が挨拶になってしまった・・・

P8215054

明日は午後から雨の予想です。少しは過ごしやすくなりそう(かな?)。

P8215066

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

ふらんす市場の季節限定スイーツ

前橋市日吉町の「ふらんす市場」。
奥さんがこのお店のファンなもんで、洋菓子はここで買うことが多いです。

P8184719

今回は季節限定、夏のスイーツ♪

和三盆ときなこの和パフェ

P8184759

和三盆糖を使った上品な甘さの和のパフェです。
栗が0.5×3個も乗ってます。スプーンで食べていくと底から小豆とわらび餅?が出てきました。色んな美味しさが味わえて満足感ありです。

マンゴープリン

P8184771

マンゴーの王様アルフォンソマンゴーを使ったマンゴープリン。
とっても美味しそうです。(これは奥さんが食べたので詳細不明)

マンゴーのミルフィーユ

P8184791

夏のケーキにはマンゴーがよく似合います。

猛暑でも甘いものが美味しく食べられる健康に感謝・・・?

ふらんす市場
 ■場所 前橋市日吉町1-1-7 地図
 ■営業  9:30~19:30  
         日曜定休

ふらんす市場HP

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

古墳とひまわり畑 はにわの里公園(高崎市)

高崎市の『上毛野はにわの里公園』(井出町・保渡田町)は広さ12.9ヘクタールの歴史公園。園内には、国指定史跡の保渡田古墳群、かみつけの里博物館、土屋文明記念文学館などがあります。

P8235147

保渡田古墳群の八幡塚古墳は墳丘の全長96mの大型の前方後円墳。周囲には二重の堀をめぐらし、墓域の長さは約190mに及びます。発掘調査に基づき1500年前の姿が復元されています。現在、多くの古墳は雑木林の小山になっていますが、造成当時は葺石に覆われ、周囲を埴輪が取り囲み、威風堂々たる姿をしていたのですね。朝日や夕陽に照らされて輝く墳丘は人々に畏敬の念をいだかせたことでしょう。

P8235168

P8235145

後円部内には舟形石棺の実物が展示されています。

P8235151

八幡塚古墳と道を挟んで西隣にヒマワリ畑があります。このヒマワリは地域に人たちと上郊小学校の児童が育てました。

P8235178

ひまわり畑は迷路になっています。

P8235158

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

アユの採卵

8月もそろそろ終わりに近づいてきました。まだまだ残暑がきびしいですが、秋は一歩一歩確実に近づいています。
水産試験場では今日からアユの採卵が始まりました。

秋、産卵期が近づいてきた川のアユは、なわばりを解消し、川を下り始めます。落ち鮎ですね。川を下る行動は降雨による増水で一気に加速します。
下流の産卵場に到着したアユは群れをなして産卵し、1年という短い一生を終えます。

今日、採卵したのは水産試験場で継代飼育してきたアユです。天然遡上の海産アユの産卵期よりも一月以上早く産卵期を迎えます。

アユの採卵の手順を紹介します。

①熟度の鑑別
メス親魚の中からその日に卵を搾れる魚を選び出します。

P8245183

②採卵
メス親魚のお腹を押して、卵をしぼり出します。
この時に、水が混入しないように注意します。受精前の卵に真水は厳禁です。受精率が極端に低下します。

P8245213

③採精
オス親魚から精液を採取します。このときも水が混入しないように注意が必要です。真水に触れた精子は運動を開始してしまい、受精前にエネルギーを使い切ってしまうのです。
淡水魚の採卵に真水厳禁というのは意外かも知れませんが、ニジマスやヤマメの採卵でも同じです。

P8245260

④媒精
卵の入った容器に精液を加え、水鳥の羽で静かに撹拌します。
この時、精子は卵に触れますが、まだ受精していません。

P8245269

⑤受精
水を張ったバケツの中に媒精した卵を入れます。この瞬間に精子が卵の中に入り、受精します。アユの卵はものに触れると、それに張り付く性質があります。シュロのブラシをバケツに入れて卵を付着させます。

P8245247

⑥受精卵
大きさは0.8㎜くらいです。

P8245257

ふ化までの日数は水温に左右されます。水産試験場のふ化管理用水は約15℃なので2週間後くらいにふ化します。
ふ化したばかりのアユの赤ちゃんは小さくて透明なので、馴れないとどこにいるのかよく分からないくらいです。

ふ化の様子はまた紹介する予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

夢ある街のたいやき屋さん (前橋市六供町)

時々、たい焼き食べたくなります。でも、お祭りのテキ屋のたい焼きは滅多に美味しいのに当たらないし・・・・。
と思っていたら、前橋市六供町にありました、たい焼き屋さん。
その名も“夢ある街のたいやき屋さん”

P8154341

夢ある街のたいやき屋さんはチェーン店のようです。
看板はカワイイというか・・・、私好みの路線ではありませんが・・・
(「こっちだって、おまえみたいなオヤジはターゲットじゃねーよ」と言い返されそうですが・・・)

お持ち帰り専門で、たい焼きの種類は、スタンダードな粒あんからカスタード、キーマカレー、お好みたいやき等々。

私は粒あんとお好みたいやきを注文。

粒あん。 笑っています。

P8154359

十勝産小豆を使っているという餡はなかなか美味しい。

P8154362

お好みたいやき

P8154348

中身はキャベツ、揚げ玉、ベーコン、紅ショウガ。味付けはソースとマヨネーズ。
確かにその名のとおり「お好みたいやき」です(^^)

P8154353

意外に美味い。
総菜パンならぬ総菜たい焼きという感じでした。

夢ある街のたいやき屋さん
 ■場所 前橋市六供町 1-6-10 
地図
 ■営業 11:00~19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

西大室のひまわり畑 (前橋市)

前橋市西大室町、県道苗ヶ島飯土井線 (旧・宮城前橋線)沿いのひまわり畑が見頃を迎えています。

P8265398

先週通りかかったときには、まだ全然咲いていなかったのですが、今日は7~8分咲きで、一面黄色い花で埋め尽くされて、きれいでした。

P8265403

ここでは平成9年から麦の収穫後にヒマワリのタネを播き、ひまわり畑を作っています。今年播かれたタネは40㎏!だそうです。

P8265412

P8265417

ひまわり畑と言えば迷路ですが、もちろんこの畑にもあります。長女が挑戦しましたが、なかなか出てこなくて少し心配しました。行かれたら挑戦してみて下さい(^^)

P8265416

P8265396

西大室のひまわり(前橋市)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年8月27日 (月)

「たむらや」の漬け物 (前橋市)

群馬は野菜の産地。県内各地でそれぞれの気候に合わせた野菜が作られています。新鮮な美味しい野菜のあるところに美味しい漬け物もあります。
群馬には美味しい漬け物の産地でもあります。

前橋市千代田町に本店のある「たむらや」は味噌漬けで有名なお店。

P8184694

店内には色々な漬け物が並んでいて、どれを買おうか迷ってしまいます。
今回、購入したのは、山いも、たまご、モッツァレラチーズの3種類のみそ漬け。

P8184726

山いもみそ漬け

P8184823

山いも専用の味噌を使用したというみそ漬け。いもに味噌のうま味が染み込んで美味しい。ごはんが進みます。シャキシャキとした食感もよいです(^^)

たまごみそ漬け

P8215051

ゆで卵のみそ漬けです。味噌と卵って合うんですねぇ~。美味。

そして・・・
モッツァレラチーズのみそ漬け

P8184816

ごはんに乗せて食べてみました。
チーズとごはんって意外と相性がいいんですが(ごはんにスライスチーズ乗せても美味い)、このモッツァレラチーズのみそ漬けも相性バッチリでした。ごはんの熱さでチーズが柔らかくなった頃が美味しいです。
それから、わさび醤油を付けて食べてみたのですが、これも良かったですよ。是非お試しを。

P8184827

翌朝、食パンに乗せてトースト。

P8225088

この他、ピザの具や大きめにカットしてチーズフライでも美味しいそうです。

たむらや

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月28日 (火)

9月1日ワカサギ解禁 ~榛名湖、赤城大沼~

湖に秋の訪れを告げる魚、ワカサギ。

P8285437

ワカサギというと山上湖に張りつめた氷に穴を開けて釣る、寒いところの魚というイメージですが、元々は主に霞ヶ浦や宍道湖のような潮のさす浅い湖に生息していた魚です。

群馬県は全国的にもワカサギ釣りの盛んな地域です。榛名湖、赤城大沼、三名湖、丹生湖、鳴沢湖等々のワカサギ釣り場があり、シーズンには多くの釣り客が訪れます。

群馬県の代表的なワカサギ釣り場である榛名湖と赤城大沼は9月1日が解禁です。
シーズンの幕開けを前に、今シーズンのワカサギの生育状況を調査する試し釣りが行われました。

昨日行われた榛名湖の試し釣りに関しては、今朝の上毛新聞に記事が掲載されていました。それによれば、大きさは約9㎝、1時間あたりの釣果は約120尾だったとか。

赤城大沼の試し釣りは今日、行われました。

P8280206

今日釣れたワカサギ

P8285456

P8285429

数もサイズもなかなかでした(^^)

今年の榛名湖、赤城大沼は大いに期待できそうです。
9月1日の解禁日は土曜日。解禁を待ちわびた多くのワカサギファンで賑わうことでしょう。

*********************

そうそう、今夜は皆既月食でしたね。
前橋は曇っていたので観察は無理だなぁと思っていたのですが、8時45分頃に空を見上げたら皆既食が終わり、半分欠けた月が雲間から顔を出していました。

P8285458

日本で次に皆既月食が見られるのは2010年12月21日だそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

東京で群馬が味わえる店

東京にお住まいの群馬ファンの皆さんに朗報です。
県の観光国際課が『東京で群馬が味わえる店』の情報サイトを作りました。

1

このサイトからはこんな店が検索できます
         ↓
 ・群馬ゆかりの店
 ・群馬県人が集う店
 ・群馬県産食材を使用している店
 ・群馬の地酒が飲める店
 ・群馬の地酒を販売している店

まぁ百聞は一見にしかず。
『東京で群馬が味わえる店』 ←リンクします

東京近郊にお住まいの群馬賢人の方々はもちろん、仕事や観光で群馬に来たことがあって群馬のことを懐かしく思っている人たちに喜んでもらえそうなサイトです。

現在、このサイトに登録されているのは112店ですが、今後も情報収集を続け、登録数を増やしていく予定だそうです。さらに名古屋や大阪などの情報についても同様に発信する予定だとか。楽しみです。

東京で群馬が味わえるお店については、ぐんま観光特使でもある“フーテンの中さん”のブログ『ぐんぐんぐんま~とうとう東京』の記事も参考になりますよ。

群馬県観光国際協会HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

ギンヤンマ

トンボ界の人気№1、ギンヤンマ。体の大きさではオニヤンマにかないませんが、姿形の美しさは天下一品、トンボのなかのトンボと言えましょう。

P8255356

初夏から秋にかけて水辺をパトロールする姿はカッコよくて、思わず見とれてしまいます。その素晴らしい飛翔を写真におさめたいのですが、いつもピンぼけ(^^;)

P8255365

近くで見ても美しい・・・

P8255349

P8255374

ところで、先週あたりからツクツクボウシの声をよく聞くようになりました。子供の頃、ツクツクボウシの声を聞くと「もうすぐ夏休みも終わりだなぁ~」と少し寂しい気持ちになったのを思い出します。

ぐんま昆虫の森では9月8日(土)から10月28日(日)まで『秋の野山の昆虫展』が開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

茄子

おいしい野菜がたくさん作られている群馬県はナスの栽培も盛んです。

平成18年の収穫量は22,000トンで全国第4位。
なかでも伊勢崎市は全国一のなすの生産地です。

P8305480

なすは私の大好きな野菜の一つです。
素揚げにすり下ろした生姜を少々。それに醤油をたらして・・・・
こんな簡単料理でもとっても美味しい(^^)

P8305487

小学生の頃、毎年夏休みになると新潟県長岡市にある母の実家に行っていました。その時食べるのが楽しみだったのが、特産の巾着なすを使ったなす雑炊(なすのおじや)。出来たてのアツアツよりも少し時間が経って冷めた方が美味しかったですね。
一般的な長卵形のなすではあの味は出せません。
また、食べたいなぁ~

祖母ログにも長岡のなすの記事がありました。美味しいなす料理になったことでしょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »