« かわとんぼ3種 | トップページ | アユ釣り大会 (吾妻川) »

2007年6月30日 (土)

アオハダトンボ

今日も昨日に引き続き、アオハダトンボ。

アオハダトンボ 学名Calopteryx japonicaは、水がきれいで水生植物の多い清流に生息するトンボ。本州、四国、九州に分布しますが、生息地は限られています。
群馬県レッドリストでは「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されています。

こちらはオス。

Photo_46

開き加減や光りの当たり方によって黒から藍色に変化する翅。
メタリックに輝く体。美しいです

Photo_48

P6301721

P6301736

P6301743

P6301766

メスはオスに比べるとやや地味な色ですが、翅の白い偽縁紋のアクセントが可愛い。

Photo_55

Photo_56

Photo_57

アオハダトンボの美しさにすっかり魅了されてしまいました。

こんなに美しいトンボが生息している前橋市敷島町。“ぐんまの代官山”とか“ぐんまのトレンドリーダー御用達のまち”とか言われるより『アオハダトンボに会えるまち』って言われる方がイイよな~

おまけ
ベニシジミ。

P6301687

アオハダトンボとは違い、どこにでも普通に見られる小さな可愛い蝶。

|

« かわとんぼ3種 | トップページ | アユ釣り大会 (吾妻川) »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
きれいなスナップですね。
わたくしも数日前、佐倉の川村美術館の庭園で見ましたですよ。
でもこんないい写真は撮れませんでしたが(ーー;)
ハグロトンボと思っていました。
アオハダトンボというのですか?

投稿: nenemu8921 | 2007年6月30日 (土) 23時30分

さんぞくあめさんちから流れてきました。
バイク乗りのTOMBOです。
よろしくお願いします。

すばらしい写真ですね。
羽のメタリックブルー

敷島で見られるとは・・

橋本屋で焼きそば食って見に行ってみようかな?
最近 やる気が失せていたので
とっても刺激になりました。

身近な自然 忘れていました。

投稿: TOMBO | 2007年7月 1日 (日) 13時23分

>nenemu8921さん

アオハダトンボとハグロトンボは良く似ているのですが、アオハダトンボの方が一回り小さく、翅の色と形も違います。アオハダトンボのメスはハグロトンボには無い偽縁紋があるので、一目瞭然です(なんて知ったように書いていますが、私もアオハダトンボの存在を知ったのは、つい先日)。
前日の6/29の記事に両者を載せていますので、ご参考に。

投稿: こにタン | 2007年7月 1日 (日) 20時54分

>TOMBOさん

いらっしゃいませ。
最近、やたらとオサレなお店が目立つ敷島・川原あたりですが、公園の周辺には身近な自然がいっぱいです(^^)
カワセミも見られるんですよ。

投稿: こにタン | 2007年7月 1日 (日) 21時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオハダトンボ:

« かわとんぼ3種 | トップページ | アユ釣り大会 (吾妻川) »