« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月 1日 (日)

前橋市児童文化センターの桜(前橋市西片貝町)

前橋市西片貝町にある「児童文化センター」の子ども公園は、ゴーカートや自転車で子供達が交通ルールを学べる施設で、“交通公園”という名前で市民に親しまれています。
ここの桜が見頃を迎えていると、ねこじゃらしさんが「花ねこ日記」に書いていたので、行ってみました。

D51

Sakura2

交通公園には十種類以上の桜があって、現在はフナバラヨシノ、コヒガン、エドヒガンが咲き誇っており、ピンクと白の花が園内を賑やかに彩っています。

Sakura

これはフナバラヨシノ(船原吉野)。

Hunabara2

白い大輪の桜でオオシマザクラとエドヒガンの雑種と言われており、1959年に伊豆半島の船原峠黒岩付近の山地で発見されました。

Hunabara1

コヒガンザクラ(小彼岸桜)。

Kohigan1

コヒガンザクラはエドヒガンとマメザクラの雑種で、信州・高遠のコヒガンザクラが有名です。

Kohigan2

こちらはオオシマザクラ。

Ooshima

千葉県~静岡県に分布する野生種で、色々な桜の品種の元になっています。ソメイヨシノもオオシマザクラの血を引き継いでいます。桜餅の葉は、この桜の葉を塩漬けにしたものです。(6月頃、葉を摘みに来ようかな)。

P4015934

ソメイヨシノ、オオシマザクラの見頃はもう少し先になりそうです。今週半ばから週末くらいかな?

前橋市児童文化センター(前橋市HP)

児童文化センターHP

おまけ
夕方、次女と愛犬モコくんの散歩。道ばたの菜の花を摘みながら、近所の桜並木の様子を見てきました。
こちらのソメイヨシノも今度の週末は見頃でしょう。

P4015969

P4015962

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

桜が見頃です ~前橋・敷島公園、渋川・金蔵寺~

3月28日に開花宣言のあった前橋の桜(ソメイヨシノ)ですが、敷島公園では見頃を迎え、新年度の始まりにピッタリの風景が見られます。一両日中には気象台の満開宣言も出されると思います。

P4025973

P4025975

P4025984

先日紹介した渋川市金井、「金蔵寺」の枝垂れ桜もそろそろ見頃です。
今日は生憎の曇り空でしたので、写真がきれいに撮れませんでしたが、天気がよければ素晴らしい景色だと思います。やはり桜は青空をバックに眺めたいですね。

P4026002 P4026028

P4026022

群馬県内さくら情報(群馬県観光国際協会HP)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

敷島公園さくら情報

このところ、さくらの話題ばかりで恐縮ですが。

前橋・敷島公園の桜は枝垂れ桜が満開、ソメイヨシノも見頃を迎えています。すぐ隣にある私の職場の桜もイイ感じで咲いていますが、今日は気温があまり上がらず、昼過ぎには雨が降りだしてしまいました。

P4036056

P4036050

P4036043

夕方には雨は上がり、ちょっと日も射しました。

Img_5476

P4036076

でも、気温が低いため、夜桜見物の人はチラホラ程度。寂しい感じでした。

P4036095

P4036097

P4036113

ところで、私の一番好きな桜はソメイヨシノです。なんて言うと、桜ツウの人たちからは“桜の本当の美しさの分からない素人め”などとバカにされそうですが、ソメイヨシノの花びらの何とも言えない色。そして群生するソメイヨシノが一斉に花を咲かせ、あたりが霞のように花に覆われ、異次元空間に迷い込んだように感じる妖しい美しさ。ソメイヨシノには“魔力”があると私は思うのです。
ソメイヨシノがクローンだろうが、戦意高揚に利用されたとか、そんなことは関係ありません。美しいものは美しい・・・・。
山桜をこよなく愛し、この世のものとは思えない美しさと絶賛した「本居宣長」は
敷島の大和心を人とはば朝日に匂ふ山桜花
という超有名な歌を詠んでいますが、私が桜で詠むとすれば
敷島の大和心を人とはば朝日に匂ふ染井吉野

失礼しました <(_ _)>

ソメイヨシノ (Wikipedia)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月に祈りを

22時50分現在 前橋地方上空にはきれいな満月が出ています。

P4036146

明日が晴れてお花見日和になりますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

さくら情報 ~敷島公園&前橋公園~

今日も桜の話ですが・・・・・(^^;)

【敷島公園】
職場が敷島公園のすぐ隣なので、毎日、昼休みには桜を見を見ながら散歩です。
今日の昼過ぎまでは、気温が少し低かったものの、まずまずのお花見日和となり、敷島公園には子ども連れでお花見をする人たちで結構な賑わいでした。

P4046217

P4046162

P4046168

P4046186

P4046235

ところが、今日も午後から雲が急に増えて、雨降りに・・・・
桜は見頃になっているのに残念なことに、なかなか安定した晴れのよい日になりませんね。

敷島公園(前橋市HP)

【前橋公園】
今日の18時頃、前橋公園の桜も見に行ってきました。

P4046250

P4046256

P4046260

花の状況は敷島公園よりも若干遅れている感じでしたが、見頃にはなっています。でも、雨のあとで、気温も低いので、お花見のお客さんの出足は鈍いようでした。

P4046278

P4046262

P4046275

天気予報によれば明日の前橋地方は、久しぶりに朝から晴れの一日になるようです。

前橋公園(前橋市HP)

おまけ
職場で見つけたスミレ2種。名前は調べていません(^^;)

P4046226

P4046231

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

けむりや(渋川市)

渋川市の四つ角から西の方へゆるい坂道を少し登ると、道の右側に「けむりや」というちょっと変わった名前のお店があります。
「けむりや」は、江戸末期から続く、老舗の蕎麦とうどんのお店です。
元々はうどんも食べられる煙草屋さんだったので「けむりや」という屋号になったとか。

P4025998

お宝調査団員参号さんによれば、この店のカレーうどんが美味しいそうなんですが、私は蕎麦を食べてみることにしました。
で、おおもりそばと注文。

P4025992

そばはコシが強く、食べ応えのある手打ちの二八そばです。
暖簾を守り続けている老舗だけあります。

P4025993

「けむりや」はうどんも美味しいようなので、今度はうどんを食べてみたいです。

けむりや
 ■場所 渋川市渋川2274(川原町)
 ■営業 11:00~20:00
      火曜定休

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【今日の敷島公園】
今日は朝から青空でしたが、気温はあまり上がらず昼頃からは風も強くなりました。
今年のソメイヨシノの開花は昨年と同じ3月28日でした。昨年は4月4日に満開が宣言されましたが、今年は今日も満開の発表はありませんでした。
見頃が長く楽しめると思えばイイのでしょうね。(ちょっと、寒いけど)

P4056306

P4056309

P4056345

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

ながめ公園の桜(みどり市大間々町)

昨日、近くまで来たついでに、みどり市大間々町にある「ながめ公園」に寄ってみました。
「ながめ公園」は、渡良瀬川高津戸峡を見下ろす位置にあり、その眺望がよいということでこの名が付けられました。

P4066353

公園の一角にある「ながめ余興場」昭和12年に建てられ、直径約6.3mの廻り舞台や花道、二階席もある本格的な造りの芝居小屋です。市の重要文化財に指定されており、建物内部の見学も出来ます。

P4066350

P4066370

公園内の桜は、4月15日(日)までライトアップされています。

P4066360

P4066375

P4066364

ながめ公園(群馬県HP)

ながめ余興場(みどり市HP)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しんまち桜まつり(高崎市新町)

高崎市新町にある陸上自衛隊新町駐屯地では今日と明日の2日間、「しんまち桜まつり」が開催され、地元特産品の販売や音楽会、自衛隊の装備品展示などが行われています。

今日は、穏やかで絶好のお花見日和。たくさんの来場者で賑わっていましたが、広い敷地の駐屯地ですから駐車場に困ることもありません。自衛隊員の方のキビキビとした誘導でスムーズに駐車できました。

P4076399

P4076398

P4076390 チョコバナナ部隊も奮戦中!

眺めているとクラクラしそうな満開の桜でした。時折吹く風に花びらがハラハラと散る様子もたまりません。

P4076409

P4076406

もう一つのお楽しみの装備品展示。普段は身近に目にすることのないヘリコプターや戦車、火器を見ることができます。
目を輝かせている私の横で、そんなものにまるで興味のない娘は「もう、帰ろうよ~」。
後ろ髪を引かれる思いで駐屯地をあとにしました・・・・。

P4076415

P4076417

P4076428

オレも見たいニャー

P4076408

しんまち桜まつり
 ■日   時   平成19年4月7日(土)、8(日)
          午前10時から午後5時まで
 ■会  場  自衛隊新町駐屯地
 ■イベント  特産品等の即売、子ども太鼓演奏、桜まつり音楽会
        「新町駐屯地創立56周年記念行事」も同時開催。

新町駐屯地  (第12旅団公式サイト

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

さくらサンデー(前橋市周辺)

記録的な暖冬による休眠打破の遅れや3月の冷え込みなどの影響で日本の桜前線は混乱しました。
前橋でも昨年と同日の3月28日にやっと開花したと思ったら、その後の花冷えで満開になるのが遅れ、気象台の標本木で満開が観測されたのは昨年より3日遅く、昨日でした。(平年は4月8日)。
開花から満開までの期間をみると最近の過去5年間では最も日数がかかっています。

                  開花   →  満開
  平成19年 3月28日→4月 7日
      18年 3月28日→4月 4日
          17年  4月 6日→4月 8日
     16年 3月26日→3月31日
     15年 3月31日→4月 8日
     14年 3月20日→3月28日

ただ、県央地域では結果的に週末と花のピークが重なり、まぁ良かったのかという感じですね。

P4086569

P4086589

今日は休日勤務でしたので、昼休みにはいつものとおり、敷島公園へ。
敷島公園も満開の桜を楽しむお客さんで大賑わいでした。

P4086578

P4086584

霞がかかったように見える満開の桜。そして花びらが風で舞う様子はこの世のものとは思えぬ美しさでした。

P4086558

P4086567 

さて、これからは満開の桜を求めて県内を少しずつ北上していくことにしましょう。

おまけ
こちらは敷島公園バラ園駐車場に隣接する「敷島亭」の焼きそば。
やや薄めの味付けなので、私はソースを少々追加、コショウたっぷりがけでいただきました。

P3235427

P3235441

(現在、結構強い雷雨です。桜は大丈夫かな~)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

さくら巡り ~渋川市、榛東村、前橋・大胡、富士見村~

このところ、桜の記事ばかりです。
ちょっとしつこいぞ、と言われながらも、まだまだ桜の話題は続きます・・・・(^^;)

昨日の日曜出勤の振替で今日はお休み。さて、どこの桜を見に行きましょうか。
敷島公園のソメイヨシノは、散り始め。もちろん、ハラハラと風に舞う桜花も素晴らしいのですが、前橋中心部よりも標高の少し高い場所にある桜を見に行くことにしました。

【佐久発電所】
渋川市北橘町真壁にある桜の名所「佐久発電所」。
昭和3年にできた、当時は東洋一の発電規模を誇った水力発電所です。
導水管に沿って200本のソメイヨシノが植えられており、地上からの高さ81.4mのサージタンクと直径約5mの導水管が満開の桜に彩られる様は見事でした。

Saku_1

Saku

Saku_2

Saku_3

佐久発電所の桜(渋川市HP)

佐久発電所のサージタンク(グッドぐんま)

【相馬原演習場】
佐久発電所を後にして、目指すは榛東村新井にある「陸上自衛隊・相馬原演習場」の桜並木です。

Souma

相馬原演習場にある桜並木は4月5日から10日まで(9時~16時)、自由に散策することができます。
開花状況は見頃手前、ちょっと早めでした。開放期間を延長して欲しいな~。

Souma_2

Souma_3

Souma_1

第12旅団公式サイト

【大胡ぐりーんふらわー牧場】
相馬原演習場からいったん帰宅。始業式で昼前に下校した次女とともに、次の目的地「大胡ぐりーんふらわー牧場」(前橋市滝窪町)へ。
ここのシンボルはオランダ風車。桜は、ちょうど見頃を迎えたところでした。

Oogo

Oogo_2

Oogo_1

隣接する農産物直売所「さんぽ道」で買った草餅を食べながらお花見。

Kusamochi

風車のある広場から谷をはさんだ東側にはローラーすべり台やアスレチック遊具、ポニーや山羊、羊など動物と触れ合えるスペースもあり子供たちも大喜びの場所です。

Oogo_3

ツバメが巣作りを始めていました。

P4096716

大胡ぐりーんふらわー牧場(前橋市HP)

農事組合法人・さんぽ道

【珊瑚寺】
大胡ぐりーんふらわー牧場から国道353号を西へ。今日最後のお花見ポイントは富士見村石井の「珊瑚寺」。
珊瑚寺は大同2年(807年)に勝道上人により創建されたものと伝えられる天台宗の寺院です。
今は桜が見頃ですが、これからツツジ、スイレンなどが咲く“花の寺”として地元では知られています。

P4096721

P4096722

P4096739

もう少し経って、心字池に花びらが散る景色も見たいです。

珊瑚寺 (東国花の寺

富士見村歴史散歩(富士見村公式HP)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

今日の敷島公園    ~花の色は移りにけりな~

4月初めに見頃を迎えた敷島公園のソメイヨシノ。遠目にはまだまだ花盛りに見えますが、枝によっては葉が伸びてきました。あと何日もしないうちに、満開の桜は『夢』だったのか?なんて思うようになりそうです。まさに『儚い』という言葉がふさわしい花ですね。

P4106772

P4106804

風に舞い散る桜の花を見ていると「諸行無常」という言葉も心に浮かんできます。

P4106787

P4106795

花の色は 移りにけりな いたづらに
我が身世にふる ながめせし間に (小野小町)

はかなさを ほかにもいはじ 桜花
さきては散りぬ あはれ世の中 (藤原実定)

P4106771

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

行者にんにく

ギョウジャニンニク(行者にんにく)は、ユリ科の多年草。主に葉茎の部分を食用にします。

P4086433

行者にんにくの名前の由来は修験道の行者がこれを食べて厳しい修行を耐えたからとか、その逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないので食べることを禁止されたからとも言われています。北海道では古来からアイヌ民族が食用や薬用に利用してきたことからアイヌネギという名前で呼ばれています。
群馬県内では片品地域で「尾瀬蒜(おぜびる)」と呼び、地域の特産品として栽培されています。また、行者ニンニクを使った尾瀬蒜餃子も人気商品になっています。

先日、桐生市にある美味しい魚料理が食べられる釣り堀「清滝」に行った折、行者にんにくの天ぷらを頂きました。

P4066382

初めて食べてみましたが、ニンニクの芽やニラのような香りと味で美味しかったです。
ニラ玉の様にして食べても美味しいでしょうね。

尾瀬びるの話 (JA片品村

「清滝」には水芭蕉も咲いていました。

P4066377

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

アユ

4月から5月にかけて、群馬県内の川ではアユ稚魚の放流が行われています。
前橋市敷島町にある水産試験場の飼育池にも体重5gほどのアユの稚魚たちが元気よく泳いでいます。

P4126847

群がってエサを食べるアユ稚魚

P4086473

アユの寿命は1年です。秋に川の中流から下流部の砂に産み付けられた卵からふ化した6㎜ほどの仔魚は川を下り、冬の間、エサの豊富な海の波打ち際で成長します。
春、5㎝くらいにまで育った稚アユは川を遡り、エサとなるケイ藻類の豊富な川の中流域の定着します。それ以降のアユの生活は皆さんもよくご存じのとおりです。

日本を代表する花が「桜」なら、川魚は「鮎」です。
姿形の美しさ、味の良さ、釣りの面白さ、変化に富んだ生活史。アユの魅力は一言では言い表せません。

しかし、十数年前から川で釣れるアユの数がめっきり少なくなってしまいました。直接的な大きな原因は、カワウによる食害と冷水病という病気です。
水産試験場でもこの2つの大きな不漁原因を解決するために、調査・研究に取り組んでいるところです。

P3275713 カワウ

P4126850 冷水病検査のために鰓の一部を採取しているところ

私のいるグループでは、冷水病に強く、なわばり意識が強いという性質をもつアユの系統を交配によって作ろうとしています。
でも、そういうことは、よく考えてみれば対症療法であって根本治療ではありません。もちろん対症療法も今は必要ですが、根本的な解決に必要なのは川と海の環境を回復させることだと思います。

【おまけ】
水産試験場内で見つけたスミレ

P4126862

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

水産試験場で見かけた鳥たち

昼休みに敷島公園へ行かない日は、水産試験場内でバードウォッチング。
前橋の水産試験場は敷島公園に隣接していて、場内にも木が多いので鳥も沢山います。天気のよい日には色々なさえずりの声が聞こえていきます。

コサギ。水辺でよく見かける小型の白鷺です。魚を食べるので、ある意味我々の敵なんですが、飼育池に侵入しなければ、かわいいものです。(飼育池の周りは防鳥網で囲ってありますが)。

P4086446

カケス。翼の青い部分がなかなかオシャレです。窓越しに撮ったので、ちょっとぼやけてますが(^^;)

P4086520

ツグミ。草むらを歩いているのをよく見かけます。

P4086526

ビンズイ

P4086541

P4086556

コゲラ。キツツキの仲間です。場内ではこの他にもアオゲラも見かけます。(残念ながら写真はまだ撮れていません)

P4086590

オナガ。その名のとおり長い尾が特徴です。姿はきれいなのですが、ゲーイ、ゲーイという鳴き声はお世辞にも美しいとは言えません。あの声はカラス科だから?

P4086591

ヒヨドリ。桜の花の蜜を吸っているのをよく目にしました。公園でもよく見かけますね。

P4126878

ムクドリ。お馴染みの鳥ですね。大群でねぐらを作り、糞や鳴き声で嫌われ者のムクドリですが、数羽でいるときは可愛いです。

P4126883

キジバト。デデポッポーという鳴き声が可愛い山鳩。羽の模様が美しいですよね。

P4086598

カルガモ。これは敷島公園の池で撮影しました。飼育池は網で囲ってあるので、場内でカモの姿を見ることは、ほとんどありません。

P4126915

この他にも、セグロセキレイ、キセキレイなども見られます。それから、カワセミもたまには姿を現すらしいのですが、残念ながら私はまだ今年になってから見かけていません。是非カメラにおさめたいのですが・・・

【おまけ】
桜にばかり目がいっていて今まで気づかなかったのですが、足元を見たらイヌナズナとタンポポの黄色がきれいでした。

P4126896

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

満開! 赤城南面千本桜 (前橋市)

前橋市苗ヶ島町の超有名さくらスポット「赤城南面千本桜」。(財)日本さくらの会が選定した“日本のさくら名所百選”にも数えられています。桜並木の長さは約2㎞もあります。

P4147048

赤城南面千本桜は、今、満開です。

P4147029

P4147042

P4147031

赤城南麓のこの地は、戦時中、燃料供給のために多くの木が伐採され、山林が荒廃していました。荒れ果てた山に緑を復活させるため、地域の人々が昭和31年から3年がかりで赤城山に向かって伸びる道路の両脇にソメイヨシノ約1,400本を植えました。
地域の人たちが大切に育てた桜が、群馬を代表する桜の名所になったのです。

P4147051

P4147043

平成13年度から千本桜に隣接して「みやぎ千本桜の森」が整備中で、山桜、河津桜、淡墨桜など12種類300本の桜が植えられています。まだ若木ですが、この桜が育つと新たな桜の名所となること間違いなしです。(今から楽しみ♪)

赤城南面千本桜(前橋市HP)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

満開! 箱島発電所の桜 (東吾妻町箱島)

東吾妻町箱島にある箱島発電所の桜(ソメイヨシノ)が満開です。

P4147100

ここも渋川の桜の名所、佐久発電所と同じく導水管と発電所周辺に桜が植えられています。佐久発電所ほど有名ではないので、花見客はそれほど多くなく、ゆっくり桜を楽しむことができます。

P4147062

P4147073

P4147063

P4147108

今日は風が強く、見頃を過ぎた前橋では文字通り桜吹雪状態でした。箱島の桜はまだそれほどではありませんが、風にあおられて花びらが舞っていました。青空に舞う花びらの美しさに感動。

P4147067

満開の桜と、風に舞う花びらの美しさに感動していたら、お母さんと一緒にお花見に来ていた幼稚園の年長児くらいの女の子が山に向かって
「ヤッホー! 世界で一番ママが好きーっ!」と叫んでいました。
このストレートパンチは効きました。なんて感動的なんでしょう。泣いちゃいました、私。

Hakojima

P4147124 小学校

箱島発電所(東京電力)

養殖生産者直営の釣り堀&美味しい料理処「あづま養魚場」の紅枝垂れ桜はあと数日で見頃を迎えそうでした。

Azuma_1

Azuma

あづま養魚場HP

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

満開! 沼田公園 御殿桜&ソメイヨシノ

沼田市西倉内町の「沼田公園」は天下の名城と謳われた沼田城の城跡にある公園で、県北部を代表する桜の名所になっています。

P4157220

P4157224

園内の250本のソメイヨシノは満開となっています。今日は沼田公園桜まつりのメインイベントが開催され、多くの花見客で賑わっていました。

P4157226

P4157223

多くの桜の中でひときわ目を引くのは、沼田城の天守閣が五層の雄姿を誇っていた頃に植えられたという、沼田城の形見ともいうべき名木「御殿桜」。
樹齢400年以上、根元周囲4.7m、高さ17m。西櫓台の石垣上にある大きなエドヒガンザクラです。

P4157218

P4157204

今日のお花見の友は、みそパンで有名な沼田市フリアンの“桜あんパン”。桜風味のあんが美味しいあんパンでございました(^^)

P4157231

沼田公園でお花見の後は、川場村の「田園プラザかわば」へ。
ミート工房の「山賊焼き」と川場ビールで、しあわせ~♪

P4157237

(帰路の運転はもちろん奥さん。飲酒運転は絶対に止めましょう)

P4157257

沼田公園(沼田市HP)

沼田の桜(沼田市HP)

フリアンパン洋菓子店

田園プラザかわば

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

ペヤングからしマヨネーズやきそば

数多のカップ焼そばファンの心をガッチリとつかんで離さない「ペヤングソースやきそば」。そのメーカーである「まるか食品」は群馬県伊勢崎市にあります。

私もペヤングソースやきそばのファンです。先日、久しぶりに「ペヤングソースやきそば超大盛り」でも食べたいな~と思い、コンビニのカップ麺コーナーを覗くと、ペヤングソースやきそば超大盛りの横に見慣れないパッケージのペヤングが。

Img_5448

手にとってみると、「ペヤングからしマヨネーズやきそば」と書いてあります。新製品でしょうか?(1年前にこのブログに書いた「大盛り広東風やきそば」はありませんでした)。
超大盛りの予定を変更して「ペヤングからしマヨネーズやきそば」を購入。

麺の量は130g。大盛りサイズですが、パッケージに“大盛り”の文字はありません。
中に入っているのは、かやく、ソース、ふりかけ、そして、からしマヨネーズの4袋。
からしマヨネーズはケンコーマヨネーズ製。思いっきり“KENKO”って書いてあります。

Img_5451

さて、味の方はなかなか美味しいです。しかし、オリジナルのペヤングソースやきそばのファンとしては、もう一つ“ペヤング”ということを主張する味であって欲しいところです。(具体的にどんな味がいいのか?って訊かれても答えに困りますが・・・)。
やはり、オリジナルの「ペヤングソースやきそば」がカップ焼そばのなかで一番美味しい!ということを実感いたしました。

Img_5453

ぐんまの開発者たち・ペヤングソースやきそば(上毛新聞)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年4月17日 (火)

雨降り

今日の前橋は昨日の午後から引き続き、雨模様の寒い一日でした。
天気予報によれば、明日も真冬並みの寒さ(予想最高気温8℃)で、午後からは雨降りになりそうです。夏日になったり冬日になったり、春の天気は変化が激しいですね。
皆様、風邪など召しませぬよう。

P4177290

P4177293

こちらはキバナカタクリ。
カタクリと同じくユリ科エリスロニウム属の植物ですが、北米が原産です。

P4177284

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

おしくらまんじゅう(渋川市)

渋川市に美味しい酒まんじゅうのお店があるとの情報を得て、行ってきました「おしくらまんじゅう」。
場所は渋川駅に近い新町五叉路から西に少し行った道路の右側です(寄居町)。

P4147149

「酒まん」、「炭酸」、「みそまん」の3種類を購入。
(下の写真の左が“みそ”、真ん中が“酒”、右が“炭酸”)

P4147172

酒まん。
こし餡のようですが、小豆の皮も少し残っています。なめらかになるまでよくつぶしたつぶし餡という感じです。
酒まんじゅう独特の良い香りとやや厚めの生地も美味しい酒まんじゅうです。

P4147176

炭酸
炭酸まんじゅう特有のやや黄色みを帯びた生地でつぶし餡を包んでいます。餡と生地のバランスの良いおまんじゅうです。

P4147183

みそまん。
炭酸まんじゅうの生地で甘塩っぱい味噌(みそパンの味噌に似た味)を包んでいます。これも美味しい。あんこはちょっと苦手という人には特におすすめ。

P4147165

ところで、おしくらまんじゅうの包み紙や栞に描かれている絵は渋川市生まれの横手由男画伯の描いたおしくらまんじゅうの絵画によく似ています。何か関連があるのかな?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

イチョウとクレソンとソウギョとキンクロハジロ

前橋市内では今シーズンは史上初の積雪ゼロでしたが、今朝、赤城山を見ると、上の方は雪化粧でした。ここ数日、真冬のような寒さでしたからね~。
しかし、桜の散り終わった水産試験場内にあるイチョウはうっすらと黄緑色になってきました。

P4197364

親指の爪ほどのちっちゃな葉ですが、一丁前にイチョウの葉の形です (当たり前ですが)。

P4197373

水路にはクレソンが繁茂しています。水の清らかな渓流の植物という印象ですが、そんなことはありません。川や沼の泥が堆積した部分に生えています。

P4197321

小さな可愛い白い花をつけています。

P4197329

クレソンの咲く水路の住人の一匹。ソウギョ(草魚)。

P4197383

アジア大陸原産のコイ科の魚です。大型になる魚で、このソウギョも1mくらいです。明治期から10回以上も我が国への移植が試みられましたが、自然繁殖し定着したのは利根川水系だけでした。その理由はこの魚の卵が粘着性を持たない浮遊性だから。産み落とされたソウギョの卵は川を下りながら発生が進み、ふ化します。ふ化前に海に出てしまうと死んでしまいます。海に流される前にふ化するためには、利根川のような下流分がゆったりと流れている大河が必要なのです。(日本の川にすむ魚の卵は粘着性をもつか沈性で、流れに流されないようになっています)

水産試験場に隣接する池にいたキンクロハジロの夫婦。それほど珍しい鳥ではないようですが、普段はカルガモしかいないこの池で見かけるのは珍しいです。一日中、同じ場所に浮かんでいました。
オスはお腹の羽が真っ白です。金色に光る目がちょっと恐い・・・。

P4197355

明日の前橋は久しぶりに春の陽気が戻りそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

さくらの里 (妙義山・下仁田町)

赤城山、榛名山とともに“上毛三山”の一つ「妙義山」。赤城、榛名は、上毛かるたにも「裾野は広し赤城山」と詠まれるとおり、なだらかな広い裾野で、遠くからは優しい姿に見えます。それに対して、妙義山はごつごつとした巨大な岩峰が連なる迫力ある姿で、日本三大奇勝にも数えられています。

その妙義山の南麓に昭和58年に開園した「さくらの里」。広さは47ヘクタール。50種、1万5千本という広さも数も桁違いの桜の名所です。ここでは、荒々しい奇岩と桜の競演が楽しめます。

P4207475

さくらの里のソメイヨシノは4月18日に満開を迎えました。奇岩をバックにした桜の姿はここでしか見られない独特の雰囲気です。一見の価値有りです。

P4207442

P4207445

しかし、今年のソメイヨシノは例年よりも花のつきが悪いということです。

P4207468

伊豆吉野。オオシマザクラに似ています。

P4207454

関山(カンザン)はまだこんな感じ。八重桜が見頃を迎えるのはもう少し先になりそうです。

P4207459

さくらの里は桜の種類が多いので見頃が長いのも特徴です。
ゴールデンウィーク中の5月3日にはさくらの里で“下仁田さくら祭り”が開催されます。

さくらの里    (群馬県林業公社

さくらの里開花状況   (下仁田町)

【おまけ】
えっ? あんなところに人影が!

P4207494

| | コメント (6) | トラックバック (0)

緊急連絡 クマ出没

本日、前橋嶺公園付近でクマの目撃情報がありました。

付近の方はご注意下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

満開! 渋川市総合公園(渋川市明保野)

榛名山麓、渋川市明保野にある「渋川市総合公園」は陸上競技場や野球場、体育館などの運動施設や広場、散策路などが整備された広さ約57haの公園です。
園内の至る所に植栽された桜は3千本。標高600mのこの公園では今ソメイヨシノが満開です。

Shibukawa1

Shibukawa2

P4217503

Shibukawa3

渋川市総合公園から見る赤城山、小野子山、子持山などもなかなかいい眺めです。

Shibukawa4

Shibukawa5

オオヤマザクラ(かな?)も咲いていました。

P4217540

伊香保グリーン牧場のソメイヨシノも満開のようです。伊香保温泉周辺で温泉&お花見なんていかがですか?お食事は水沢うどんで。

P4217536

渋川市総合公園(渋川市)

ところで、日本人は昔から桜を愛して止みませんでした。和歌や俳句にもたくさんの桜が詠まれています。

願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ  (西行)

おしなべて花の盛になりにけり 山のはごとにかかる白雲(西行)

咲満ちて花より外の色もなし(足利義政)

P4076404

芸術作品にに登場する桜は、ソメイヨシノをイメージさせるものが多いと思われませんか?もちろん、ソメイヨシノが世の中に登場したのは江戸末期ですから、西行法師や足利義政は絶対にソメイヨシノを見てはいません。しかし、詠まれている桜はソメイヨシノ的な桜だということです。

ソメイヨシノが出現する以前から芸術家(否、日本人と言い換えてもよいかも知れません)が抱いていた、“より桜らしいイメージ”は、今あるソメイヨシノだったのではないでしょうか?

ソメイヨシノが日本に広まって今の我々の桜のイメージが出来上がったのではなくて、桜のイメージを現実として実物で現してくれたのがソメイヨシノであると私は思うのです。イメージに合致する桜らしい桜、美しい桜の風景を作ろうとした結果、ソメイヨシノが全国に広がっていったとすれば、わずか150年の間に日本の桜の8割がソメイヨシノになったことも理解できます。(まぁ、素人の戯言ですが)

P4217505

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年4月22日 (日)

満開! 前橋市児童文化センターの関山&普賢象

4月1日に行ったときには、フナバラヨシノやコヒガンザクラが満開だった前橋児童文化センター(通称:交通公園)では、今、八重桜の代表選手であるカンザンやフゲンゾウが満開です。
赤いのがカンザン、白いのがフゲンゾウ。4月初めに満開だったその他の桜は、すっかり葉桜です。

P4217546

カンザン(関山)
学名では“セキヤマ”(Prunus lannesiana cv. Sekiyama )なんですが、和名はカンザンです。

P4217552

国内だけでなく欧米でも人気のある品種です。樹勢が強い、生長がよい、花が大きく、もちがよいことなどが人気の理由だそうです。

P4217562

フゲンゾウ(普賢象)
普賢象とは普賢菩薩の乗っている象。葉化した雌しべがこの象の鼻に似ているためこの名がついたといわています。(ちょっと強引じゃねん?って感じがしなくもないですが)。

P4217560

室町時代には、すでに知られていた古い品種です。
もったりとした感じが美味しそう(^^;)
花の重みで枝が垂れ下がっていました。

これはオオシマザクラの葉。桜餅に使う葉です。

P4217547

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

グランボワのかりん糖 (前橋市川原町)

前橋市川原町にある人気のベーカリー「欧風パン・グランボワ」。私の職場からは車で2分はかからない距離にあります。
先日、職場のお姉さんが「グランボワの“もちもち食パンくるみ黒糖”とか“クリームパン”も美味しいけど、かりん糖も美味しいのよ~」。
えっ?かりん糖?グランボワで・・・・????
これは調査に行くしかありません。

で、グランボワに到着。
夕方5時半過ぎでしたので、パンの種類はもうあまりありませんでしたが、可愛い模様が目についたオレンジショコラをトレーに。それからかりん糖を求めてキョロキョロと店内を見回します(挙動不審)。
お、ありました。レジ脇のかごに小さな袋に入った「黒糖かりんとう」。1袋100円。

P4197409

見た目は黒糖のラスク。
味は普通の黒糖かりん糖より濃厚でこくのある感じ。美味しい。これは確かにラスクというより“かりん糖”です。おすすめ。

こちらは、「オレンジショコラ」。
表面がサクッとした食感の生地にチョコチップやオレンジピール、ナッツが入った美味しいパンでした。粉糖で描かれたオレンジの模様も可愛い。

P4197391

P4197395

美味しいパン屋さんが職場のそばにあるって幸せ♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

妙ちくりんのチョコ生ロール

コーヒー大福を筆頭に生クリーム大福で有名な「妙ちくりん」。このブログでも既に何回か紹介していますが、今回は大福ではありません。
その名も「赤玉卵のチョコ生ロール」。やっぱり品名に“生”がつきます。

P4237681

しっとりフワフワのスポンジでチョコ生クリームを包んでいます。
生クリーム大福でのノウハウがあるのでしょうが、妙ちくりんの生クリーム使いは絶妙です。やっぱ美味しいです。お薦め。

P4237685

家族中に好評で一瞬のうちに消えてしまいました。今度は家族に内緒で1本一人でいっちゃいたいです。(命知らずのメタボ野郎)

妙ちくりん関連記事
 生クリーム大福
 スーパーレモン大福

朝生菓子 妙ちくりん
 伊勢崎市連取町3016 地図

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

元気な稚アユたち

今日は鬱陶しい天気でしたので、爽やかな稚アユの画像でも見て頂きましょう。

Img_5559

群馬県水産試験場で継代飼育してきたアユは喧嘩っ早く、友釣りでよく釣れるという性質を持っています。
水産試験場では今、この系統のアユと利根川産アユの掛け合わせを行ったり、水槽実験や河川での放流試験を実施して、友釣りに向いているという性質は残しつつ、病気に強くて川で生き残る率の高いアユを作ろうと努力しています。

Img_5591

しかし、放流だけに頼る増殖には限界があります。
本当の意味でアユを増やすには環境をよくすることが必須です。
とは言っても、群馬県の現状では放流しなければアユがいない川がほとんどで、放流は必要な行為です。

Img_5566

そして、放流の効果を上げるには、正確な河川環境の把握とそれに基づいた放流の時期や放流場所などの決定、さらにアユにストレスを与えない輸送など、色々な注意が必要です。
アユをはじめとして釣りの対象となる魚を増殖しているのは漁業協同組合です。

川でたくさんのアユが釣れるようにするためには、元気な稚アユ作りはもちろんですが、漁協の皆さんの放流技術の向上、そして川の環境改善も大切です。(さらに冷水病をまん延させないような釣り人の努力も必要)

Img_5614

流れ落ちてくる水に向かってジャンプを繰り返す稚アユたち

P4237591

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

ベリー花盛り

昨年も同じ時期に書きましたが、我が家のブルーベリーが釣鐘状のかわいい花を付けて目を楽しませてくれています。
ブルーベリーは他家受粉性で収量を増すためには開花時期が重なる二品種以上植えておくとよいとされていますので、我が家でも違う種類のブルーベリーを植えています。花の色も違います。

P4227569

P4227574

昨年は早く成った実は鳥に大分食べられてしまいましたが、それでも結構収穫できジャムをたくさん作りました。今年も期待できそうです。

イチゴの花も咲いています。品種はとちおとめ。

P4227577

数日前に“やよいひめ”を食べましたが、やっぱり“とちおとめ”より“やよいひめ”の方が見た目も味も良いですね。

P4247726

こちらもベリーには違いないと思いますが、ヘビイチゴ(^^;)

P4267756

職場にたくさん咲いています。名前から、いかにも毒がありそうですが有毒ではありません。で、当然食べてみたことはあるのですが、美味しい、不味いという前に味がありませんでした。(まぁ不味いんですが)

おまけでキンカン(金柑)。別名、姫橘。

P4227583

実を摘んで口に放り込むと、爽やかな味でなかなか美味しいです。長女に食べてみたかと聞くと「うん、でも食べるところが少ないし、あんまり美味しくない・・・」という答え。どうも皮をむいて果肉部分だけ食べたらしい。
もう少し経つと、キンカンにアゲハが飛んできて卵を産み付けるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

稚アユ 旅立ち

また、アユの話です。(^^;)
いつも水槽の中のアユではつまらないので、今回は川の稚アユです。
と言っても、天然遡上アユではなくて、放流ですが。

今日、群馬県西部の小さな川にアユの稚魚を調査のために放流しました。
トラックに積んだ水槽から川に放たれた稚アユたちは、元気よく流れに泳ぎだしていきました。

P4277779

稚アユは養殖場で飼われている間は魚粉を主原料とする配合飼料を与えられていますが、川に上った稚アユの主なエサは石についた珪藻などの藻類で、藻類が少ない場所では小さな虫も食べます。
放流された稚アユは早速、石の藻類を食べ始めたり、水面を飛んでいたユスリカに飛びついたりしていました。この分だと元気に大きく育ってくれそうです。

P4277786

川のそばに咲いていた山吹。鮮やかな色が目をひきます。

P4277768

P4277771

桜ちり春のくれ行く物思ひも忘られぬべき山吹の花  藤原俊成

桜が散り、春が暮れてゆく憂鬱も忘れてしまいそうなほど美しい山吹の花よ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

満開! 白井宿の八重桜 (渋川市白井)

渋川市白井(旧子持村白井)にある白井宿は鎌倉時代から白井城の城下町として栄え、廃城後も六斎市の市場町として、さらに前橋、渋川、沼田、中之条の中間点という交通の要衝であることから三国街道の宿場町的存在として繁栄しました。
通りの中央に流れる白井堰、八つのつるべ井戸、土蔵造りの家、石の道標などが当時の様子をしのばせます。
白井堰の両脇に900mにわたって植えられている八重桜が今、満開です。

P4287991

P4287863

P4287980

ソメイヨシノ至上主義者の私ですが、白井宿の八重桜は見事だな~と思いました。白井堰や町並みともマッチして、とても雰囲気のある風景になっています。

P4287880

P4287968

P4287969

八重桜はソメイヨシノなどよりも花の持ちがよいので、もうしばらく楽しめるでしょう。

P4287974

P4287977

明日4月29日(日)の『白井宿八重ざくら祭り』では、武者行列や六斎市(特産品や手芸品等の販売、おやき、そば、うどんの飲食店等)などが催されます。満開の八重桜で染まった白井宿を練り歩く武者行列は見ごたえがあるでしょうね。

P4287987

P4287979

駐車場は「道の駅こもち」が利用できます。

桜 さく -2007・白井宿-(しぶかわお宝調査団)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

発知のヒガンザクラ (沼田市中発知町)

沼田市中発知町にある桜の名木『発知のヒガンザクラ』。
小高い丘の上に立ち、よく目立ちます。花の時期と苗代作りの時期が一致し、農作業の目安になるため、「苗代桜」と呼ばれています。(以前紹介した渋川の金蔵寺のシダレザクラも同じ理由で「芋種桜」と呼ばれています)
高さ12m、根周8.2m、目通りの幹周5.2m、枝張りは東西25m、南北20mというエドヒガンの大樹で、樹齢は500年。県の天然記念物に指定されています。

P4287922

ここに行ったのは昨日の午前中で、生憎の雨模様。時期も少し遅かったようなのですが、地元に人にうかがったところ、花のつきも今年は例年に比べて悪いとのこと。
それでも、これだけの大樹なので見ごたえがありましたから、コンディションのよいときだったら、圧倒されるような迫力でしょうね。
来年もまた行ってみたいです。

桜の下に観音様が建っています。この観音像は第二次大戦に出征した慶福寺の前住職が五十回忌を迎えても還って来られなかったことを残念に思い、冥福を祈って建てられたものだそうです。

慶福寺はヒガンザクラから西に約100mほど行ったところにあります。
ここのソメイヨシノは満開でした。

P4287911

P4287916

P4287917

発知のヒガンザクラ
沼田市中発知町1,234
地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いせさきアーティストフェスタin路地裏 (伊勢崎市緑町)

『いせさきアーティストフェスタin路地裏』。工芸作家37人が集合し、作品の展示即売を行う催しが伊勢崎市緑町の路地でありました。
“in路地裏”(しかも緑町)という部分に激しく反応した私は家族を無理矢理誘って行ってみました。

ところで、今日は“昭和の日”。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日だそうです。
昭和の日制定と関係があるのかどうか分かりませんが、最近の食品業界では昭和の味復刻版の発売が相次いでいます。(サッポロ一番カップスター、即席ハウスカレー、ガーナチョコ等々)

会場に行く前に昼食をとるために寄った石窯パンのお店パーネデリシアでも、懐かしのレトロフェア開催中。
きな粉をまぶした揚げパンなどをいただきました。

P4297992

P4298004

もちろんカリッと美味しい石窯ピザも

1_8

ソーセージ&スクランブルエッグという私の好物の詰まったパンも美味しゅうございました。

P4297997

車はつながっているものの、人通りの少ない本町通りを「寂しいねぇ~」と言いながら歩き、『いせさきアーティストフェスタin路地裏』の会場に到着。
アーティストフェスタ会場の路地にはたくさんの人が来ていました。

P4298012 P4298047

昭和の日にピッタリの雰囲気の路地裏に並べられた陶器、トンボ玉、フェルト、草木染め等々の作品。量販店で売っているのは“モノ”という感じですが、手作りの一点ものはやはり“作品”という言葉がしっくりきます。

P4298020

P4298021

私が子どもの頃には、買い物に行く場所は中心商店街があたりまえで、買い物に行くことを「マチに行く」と言っていました。
買い物は自家用車で郊外の大型ショッピングセンターへ行くのが普通になった今では「マチに行く」という言葉は全く聞かなくなりました。
こういうイベントを通してマチの面白さを再発見できるとイイですよね。

P4298046

こちらは伊勢崎商工会議所青年部による“伊勢崎もんじゃ”。これも昭和の味です。

P4298023

相川考古館内にある觴華庵(しょうかあん)の茶道会による茶席もありました。お菓子は本町通りにある老舗和菓子店「松露庵」の絹衣。今日は暑い日でしたが、抹茶の爽やかな味でホッと一息。

P4298037

呑龍通りの本部テント近くに村越美容院と書かれた看板のあるハイカラな昭和的な建物がありました。帰宅してから調べてみると、昭和2年に建てられた石膏仕上げの建物で、そのスジでは結構有名みたいです。
まちなかの路地を歩いていると、こんな発見もあるのが楽しい。

P4298051

歩く街の会

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月30日 (月)

水紀行館周辺のソメイヨシノ (みなかみ町湯原)

2月中旬の河津桜開花で始まった今年のさくらシーズン。平野部では八重桜もそろそろ終盤を迎えようとしています。
八重桜の華やかさも良いのですが、やっぱりソメイヨシノが見たい・・・。
未練がましく、ソメイヨシノを求めて、みなかみ町湯原の道の駅「水紀行館」へ行ってみました。

P4287958

川沿いに植えられた枝垂れ桜は満開でしたが、ソメイヨシノはすでに多くが散っていました。
満開だったら山々の残雪と利根川の激流をバックに素晴らしい眺めでしょうね。

P4287935

P4287936

P4287953

来年もまた素晴らしいソメイヨシノや色々な桜の名木にお会いしたいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »