« 内山節さん(哲学者) | トップページ | 県民の日 水産試験場公開(前橋市敷島町) »

2006年10月27日 (金)

ぐんま考古学ワールド2006 (県庁)

Img_4069 (財)県埋蔵文化財調査事業団(略称:まいぶん)主催の『ぐんま考古学ワールド2006』が県庁を会場に今日から29日(日)まで開催中です。考古学ファンの私としては押さえておかねばならない好企画。

県庁舎1階県民ホール北側では「展示会 ぐんま発掘玉手箱」が行われています。
県内の遺跡から出土した遺物が約500点展示されています。

Img_4051_1 縄文時代のお台所。ここでお母さんが美味しい食事を作っていたのでしょうね。
お父さんがイノシシでも仕留めた日には家族が大喜びでご馳走を食べていたのかな。

Ayu かまどの横にはアユが。

Img_4055 洒落た形の縄文土器。「釣手形土器」といいます。

神事を行う時に使われたランプ、御神灯です。縄文人達はどんなことを神に祈っていたのでしょうか。

Img_4061 Img_4060

Img_4063 ハニワ達。古代群馬上毛野国ではたくさんの古墳が造られていました。大和朝廷にも対抗できるくらいの勢力があった時代もあります。古墳が多ければ当然埴輪もたくさん出土しますが、数だけでなく、考古学上重要な埴輪も群馬から少なからず出土しています。古墳大国ぐんまは埴輪王国でもあります。
埴輪には兵馬俑のようなリアルさ(ある意味血生臭さ)はありませんが、暖かさを感じますね。兵馬俑が動き出したら恐いですが、埴輪が動き出したら楽しそうです。(大魔神は恐いかな)

Img_4057 建造当時を再現した古墳の模型。

今では雑木林の小山になっている古墳ですが、造られた当時は葺石(ふきいし)で覆われ、埴輪が飾られていました。とても美しく神々しい感じがしたでしょうね。

Img_4064 Img_4066

本物の縄文土器や弥生土器などを触ることのできるコーナーもあります。

Img_4067 奈良県の藤原京から出土した「木簡(もっかん)」(複製)。今の榛東村桃井付近から天皇に献上されたアユに付けられていました。当時はもちろん鮮魚ではなく薫製などに加工して都まで運ばれていました。アユは千三百年前のぐんまの名産だったのかな~?

10月28日、29日には県庁地下に眠る前橋城の遺跡を巡る「前橋城探訪ツアー」や勾玉づくり、土器づくりが体験できる「古代体験」、古代食が食べられる「古代食まつり」などが開催されます。
詳しくは→ぐんま考古学ワールド2006を行います

財団法人 群馬県埋蔵文化財事業団HP

|

« 内山節さん(哲学者) | トップページ | 県民の日 水産試験場公開(前橋市敷島町) »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

こにタン
考古学も好きだったんだ~?
なんだか努力家さんで、博学なんでたまげました。

投稿: 姐さん | 2006年10月27日 (金) 22時35分

榛東村ではないけれど北橘村の木曾三社神社の湧水は献上鮎の生簀だったとか・・・
昔の利根川は鮎・・いやいや、いろいろな魚の宝庫だったのですね。
これだけ傷だらけになった利根川が昔の姿が取り戻せるのでしょうかね?
何か無力さを感じてしまいます・・・あ~ぁ

こにタンは色々なことに興味を持っていますね。そして奥も深くなってきた。ただの水産研究者ではもったいない。いよいよ企画部門でもやるべきかな?

投稿: きのこ守 | 2006年10月27日 (金) 22時59分

姐さん

考古学大好きです。
特に古墳時代。
高校の時には高崎から自転車で赤城南面の古墳巡りしてました。
いっさきには『相川考古館』があってイイですね。

投稿: こにタン | 2006年10月27日 (金) 23時52分

きのこ守さん

昔の利根川。今の利根川。
昔の姿を取り戻せるか?
う~ん・・・・・

内山さんも言ってたじゃないですか、
折り合いを付けるって。
待つことだって。

投稿: こにタン | 2006年10月27日 (金) 23時55分

今日は、顔に似合わずライオンキングを見て今帰ってきました。

折り合い・・・?これが出来なかったから利根川がダメになったのだと私は思っていますが・・・。
そして、もう待っていられない!!

投稿: きのこ守 | 2006年10月29日 (日) 00時23分

ご来場ありがとうございました。
明日までの短い展示会です。
機会がありましたら、渋川市北橘町の埋蔵文化財調査センターにもお越し下さい。

投稿: orbit | 2006年10月29日 (日) 00時37分

きのこ守さん

へェ~、ミュージカル好きなんですか?
奥さんとデートですか

折り合いですけど、過去には付いていた折り合いが、今崩れてきたってことだと思います。
だって、昔は、その時点では多くの人は納得してたじゃないですか。琵琶湖産や人工産という『不自然』なアユが釣れていれば釣り人は満足だった訳です。崩れた折り合いを再構築中というのが現状では。
実りの時期は必ず来ますよ。
小さな実を虫に食われないように大切に育てましょうよ。
収穫の準備を整えて待ちましょうよ。

投稿: こにタン | 2006年10月29日 (日) 08時09分

orbitさん

いらっしゃいませ。
前橋城探訪ツアーも面白そうだな~と思っていたのですが、仕事の都合で展示会しか見られませんでした。でもこの考古学ワールド2006、よい企画ですね。勉強になりました。
埋蔵文化財調査センターにも是非行かせて頂きます♪

投稿: こにタン | 2006年10月29日 (日) 08時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47496/3974578

この記事へのトラックバック一覧です: ぐんま考古学ワールド2006 (県庁):

« 内山節さん(哲学者) | トップページ | 県民の日 水産試験場公開(前橋市敷島町) »