« 渓流釣り解禁 | トップページ | ひな祭りは、ちらし寿司 »

2006年3月 2日 (木)

群馬交響楽団創立60周年記念展示&ロビーコンサート

1945年11月に高崎市民オーケストラとして発足した群馬交響楽団(群響)が60周年をImg_0953_2 迎えた。群響については、群馬県民であれば知らない人はいないし、映画「ここに泉あり」 (私が生まれる前の映画なので映画の内容は知らない(^^;))や最近では2003年10月にNHKの「プロジェクトX」でも取り上げられ、群響草創期の苦労話は結構広く知られていると思う。

プロジェクトXの中でも感動シーンとして紹介されていた「移動音楽教室」。昭和22年頃から始まり、現在でも年間約80の小中学校を巡回しているとのこと。私が高崎市立佐野小学校に通っていたころ(まだとっても可愛かった頃)、学校の体育館で群響の演奏を聴いた記憶がある。多分、この移動音楽教室で生まれて初めてオーケストラの生の音にふれたという子供がほとんどだろう。群響がもっと世界的に有名になって、公演で忙しくなったとしても、移動音楽教室だけは続けて欲しいと思う。

Img_0955 Img_0958 現在、群響60周年を記念して、県庁1階県民ホールにおいて、記念展示とロビーコンサートが行われている。私はクラシックとYMOと大塚愛が好きなので、帰りがけに寄ってみた。展示は、群響結成当時から現在までの歴史を伝える写真や演奏会のポスターが時代ごとに並べられていImg_0949_1 る。展示ポスターの中で一番古い昭和23年第17回定期演奏会のものは模造紙に絵の具で書いたようポスターで入場料は会員35円となっていた。また、昭和48年のポスターの下のところには、藤五デパートの広告が入っている。子供頃は、藤五デパートの食堂でスパゲティーやお子様ランチを食べたり屋上の遊具で遊ぶのが楽しみだったな~。

_2_5 _10 記録写真は、草創期のオンボロ部屋での練習風景から移動教室で子供達が楽器運びを手伝っていたり、トラックの荷台の楽団員に手を振っている風景、そして全国的に実力のある楽団と認められて、現在に至るまでの様子がよく分かる。

_3 18:30から始まった今日のロビーコンサートは、群響入団3年目くらいまでの若手音楽家による弦楽五重奏。モーツァルトのセレナード第13番ト長調(アイネ・クライネ・ナハトムジーク)とドヴォルザークの弦楽五重奏曲ト長調。私はモーツァルトのこの曲を聴くと本屋さんに行きたくなってしまうのだが、何故だろう?

記念展示&ロビーコンサート(入場無料)は、3月5日(日)までは県庁1階県民ホールで、3月7日(火)から12日(日)までは高崎市役所ロビーで開催されている(コンサートは10日まで)。アンサンブル演奏の時間等詳しいことは県教育委員会文化課(027-226-4682)か群響事務局(027-322-4316)まで。

(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

|

« 渓流釣り解禁 | トップページ | ひな祭りは、ちらし寿司 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

NHKプロジェクトX 2003年
第127回 10月14日放送
「第九への果てなき道」
~貧乏楽団の逆転劇~

 昭和20年11月、群馬県高崎市の集会所で6人の男たちが頭を突き合せていた。この男たちは、忌まわしい過去を背負っていた。
 戦中、「音楽挺身隊」として戦意高揚を掲げ、軍需工場を巡回。その後、そこで働く多くの市民が空襲で亡くなっていたのである。
 丸山勝廣をリーダーとするこのメンバーは、「日本を音楽で奮い立たせたい」という大きな夢を持っており、その後、18人でオーケストラを結成し、演奏会を開いた。
 しかし、腕がなく客は減り、集めた若き音楽家たちは極貧生活に陥った。それでも、諦めなかった丸山は、「オーケストラを出前しよう」と、起死回生の案をひねり出す。県内の小学校を訪問しては音楽を奏で、一人十円の料金をもらう前代未聞の「移動音楽教室」。メンバーは、重い楽器を抱え、山から山へと旅を続け、年に300回の演奏を行った。
 しかし、貧困は凄まじく、厳しい食糧事情に体調を崩す楽団員も多数、生活に追われるものもおり、楽団は絶体絶命の危機に陥った・・・
 
 昭和31年1月、様々な困難を乗り越えた群馬交響楽団は奇跡のコンサートを開く。「自分たちの第九を披露しよう」と群馬の夜に「歓喜の歌」を響かせた。日本音楽界に今も語り継がれる、群馬交響楽団の伝説のドラマを描く。

投稿: こにタン | 2006年3月 4日 (土) 01時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47496/898842

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬交響楽団創立60周年記念展示&ロビーコンサート:

« 渓流釣り解禁 | トップページ | ひな祭りは、ちらし寿司 »