« 群馬フィッシングショー | トップページ | 洋菓子(ふらんす市場) »

2006年3月 9日 (木)

群馬会館 開館75年記念「昭和辨当」

Img_1078 Photo_45 県庁の向かいに建つ「群馬会館」は、昭和5年(1930年)に昭和天皇の即位を記念して群馬県で初めて造られた公会堂。当時流行したルネッサンス様式の重厚さは「昭和」を感じさせます(旧首相官邸に似た雰囲気があると思いませんか?)。私、建築のことは全く知りませんが、県庁昭和庁舎とともに昭和を代表する建造物と言えるのではないでしょうか。

その群馬会館では、開館75年を記念して講演会や写真展、天文観察会などを企画しています。それに関連して、群馬会館の中にある「群馬會舘食堂」が75年記念スペシャル企画弁当を期間限定販売するというお知らせがありました。9日間のみ販売される弁当の名前は、『昭和辨当』! すばらしい。群馬會舘食堂の昭和辨当。お知らせには「懐かしい洋食のバラエティー豊かなお弁当です。」と書いてあります。これは注文しないわけにはいきません。

注文しました。値段は750円。最近のワンコイン弁当全盛期にしては、少々高めです。しかしながら、なんといっても『昭和辨当』なのですから、少々高めでもしようがないです。昼になり、昭和辨当が配達されてきました。中にはどんな昭和が詰まっているのでしょうか。ワクワクします。

_2_8 昭和辨当は2段重ねになっていて、1段目にはハンバーグ、えびフライ、ウインナー、ナポリタン、卵焼き、ポテトサラダ。2段目は、ご飯+のり、お新香、缶詰のみかん。美味しいのですが、私の『昭和辨当』という名前に対しての期待が大きすぎたせいでしょうか、「さすがは昭和辨当だImg_1077 ~!」って言う感激はありませんでした。同じく昭和辨当を注文した同僚のY野さんは「ご飯が海苔+白ご飯じゃなくて、ケチャップライスだったら良かったのにな~」と言っていました。同意。もう一つ昭和を感じさせる工夫が欲しかったですね~。

群馬會舘食堂では、スペシャルメニューとして3月11日(土)~16日(木)の6日間限定で、『特選洋食小皿料理』(2,625円)というのも企画しています。こちらは、伝統ある料理から選りすぐりの品々を小皿で少しづついろいろ楽しめるメニューだそうです。

(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

|

« 群馬フィッシングショー | トップページ | 洋菓子(ふらんす市場) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47496/975867

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬会館 開館75年記念「昭和辨当」:

« 群馬フィッシングショー | トップページ | 洋菓子(ふらんす市場) »