« カマキリ | トップページ | カワヒバリガイ »

2006年2月14日 (火)

桐生市の『清滝』でギンヒカリ料理を楽しんだ

「ぐんぐんぐま ~とうとう東京」でも紹介されていた桐生の清滝でギンヒカリ料理を味わった。清滝は桐生市川内の釣り堀。釣り堀の食堂というと汚い小屋で塩焼きやカップラーメンを食べさせるところってイメージですが、清滝は違う。料亭とまではいかないが、料理処というか、独立して町の中にあっても違和感がない雰囲気。ここの大将の関口さんは顔はちょっと恐いが、非常に気さくな人。料理はきちんと一流の店で修行を積んだ息子さんが包丁をにぎる。「オレは口だけ、料理は息子、ははは・・・」と関口さんは笑う。

Img_0680 ギンヒカリのお造り。前にも書いたが、なめらかな舌触りで、その上プリプリ。じつに美味い。ニジマスというとバカにする人が多いのですが、大型のニジマスはとても美味しいんです。普通のニジマスでも美味しいけどギンヒカリはその上をいきます。色もいいです。

Img_0684  Img_0719_1

こんなフレンチ風の料理も出してくれます。生がちょっと苦手という人にはおすすめです。

Img_0687 ギンヒカリのフライ。えっ、ギンヒカリをフライにしちゃーもったいない。って思ったんですが、これがまたおいしい。サケをフライにするとちょっとぱさついちゃったりしますが、それがない。銀座あたりの洋食屋さんで食べたいなって感じです。

Satotake この他にも、にぎり寿司やギンヒカリのイクラの軍艦巻きなんかもありました。で、最後は清滝名物の釜揚げうどん。ヤマメの天ぷらと一緒に頂きます。ヤマメの天ぷらが柔らかくて美味しい。清滝はヤマメを卵から養殖しているので、身の柔らかい小型のヤマメの料理が出せるんですね。あっ、それから、関口さんは「おれは口だけ」って言ってますけど、うどんは関口Img_0689_1 さんの手打ちだそうです。

ギンヒカリは、まだ生産量が少なくてなかなか食べられませんが、早く出荷量が増えて、食べられる機会が増えるといいなと思います。

2月17日(金) 19:30~、群馬テレビ「ぐんまインフォメーション」で、ギンヒカリが紹介されます。関口さんも登場予定です。

|

« カマキリ | トップページ | カワヒバリガイ »

「食べ物」カテゴリの記事

「魚」カテゴリの記事

コメント

こにたん、こんばんは。清滝でギンヒカリ料理を楽しんだようですが、ずいぶんいろんな料理があるんですね。こんなにいろいろ食べるといくらくらいかかるんですか?値段によっては食べに行きたいと思うのですが・・・。

投稿: さとたけ | 2006年2月16日 (木) 23時30分

さとたけさんこんばんは。例の商品は見つかりましたか?情報待ってます。
清滝はギンヒカリの養殖もしているので、リーズナブルにギンヒカリ料理を食べることができます。基本のコースは2,500円ですが、お客さんの要望で、料理を色々出してくれます。事前に清滝に電話して相談してみて下さい。

投稿: こにタン | 2006年2月18日 (土) 01時22分

 こんにちは。「ぐんぐんぐんま」を書いていたフーテンの中です。
 私は東京に戻ることになり、群馬での暮らしは2年で終わります。この後もたまには群馬に遊びに来るつもりですが、これからは始められたばかりのこのサイトに期待。面白い情報、紹介してください。

投稿: フーテンの中 | 2006年2月19日 (日) 22時19分

フーテンの中さま
コメントありがとうございます。実は私がブログを始めてみようと思ったきっかけは「ぐんぐんぐんま」なんです。
「ぐんぐんぐんま」のバックナンバーはこれからの参考にさせていただきます。
よろしくお願いします。

投稿: こにタン | 2006年2月19日 (日) 22時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47496/713277

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生市の『清滝』でギンヒカリ料理を楽しんだ:

« カマキリ | トップページ | カワヒバリガイ »